« 露天風呂付客室 愛知県・三重県 | トップページ | 「旅33」 音旅ー2・鳥取砂丘と“かろいち” »

2010年6月21日 (月)

「旅33」 音旅-1・ハチ高原

106_002
国道9号線沿いの風景

6月17日(木)から2泊3日の旅行に行ってきました。
今回の「旅33」のサブタイトルに『音旅』と付けたのは、旅行中に聞えてきた様々な音
が深く心に残ったからです・・・・。

5ヶ月ぶりの旅行です。
嬉しくって二人して早起き・・・午前5時30分に自宅を出発です。

京都市内は朝から雲ひとつない晴れの良いお天気、良い旅の始まりです。
旅先は鳥取県、国道9号線をひたすら西へ向います。
京都市内から亀岡市に入る老ノ坂トンネルを抜けると市内の晴れが嘘のように亀岡は
濃霧に包まれていました。
霧の写真を撮りたいと思っていた私ですがこう濃い霧だとどうしようもありません ^^;
その後も八木、園部と霧が続き、観音峠トンネルを抜けても霧が晴れることはありませ
んでした・・・・。

瑞穂を通り抜けた辺りだったでしょうか??
やっと霧が晴れてきました。
路肩の広いスペースに車を停めてもらい写真を撮りました。
それが冒頭の写真です。

※下の 続きを読む をクリックお願い致します。

106_003
国道9号線

今、通ってきた道を振り返れば霧が流れ遠くの山の山頂がポッカリと見えていました。
早朝と言うこともあり国道を走る車の音もなく野鳥の声が響いていました。

106_009
106_010 106_005
道の駅・農匠の里やくの(京都府)

福知山市内を抜け、兵庫県との県境近くに有る道の駅「農匠の里やくの」で朝食です。
朝食は出かける前に作った ちりめん山椒のおにぎり です。
まだ美しく咲いているツツジを眺めながらおにぎりを食べました。

106_008
道の駅・農匠の里やくのよりの風景(京都府)

おにぎりを食べ終え夫が紅茶を飲んでいる間に私はカメラ片手にウロウロ・・・。
遠くに霞む山並みが幻想的でした。

兵庫県に入ってからも国道9号線を西へ向います。
国道は空いており、のどかな田園風景と里山の風景を眺めながらの快適なドライブです。
山の深くなった緑が美しいです。

時間にも余裕があるので “ハチ高原” に寄る事にしました。
国道9号線の関宮という所から県道87号線に入りました。
氷ノ山にあるスキー場を横目に見ながら更に上へと登って行きます。
鬱葱とした森林の道が続き、この道であっているの?と不安になりかけた頃、突然、
目の前が開けロッジやペンション、そして広大なゲレンデが見えました。

106_011
ハチ高原スキー場(兵庫県)

ゲレンデの真下に有る駐車場に車を停めると賑やかな子供達の声。
側を通りかかった小学生ぐらいの子に「遠足できたの?」と声をかけると「遠足じゃなく
って林間学校です。」と返事が返ってきました。

106_013
ハチ高原スキー場(兵庫県)

青い空に澄んだ空気。気持ちがいい~~!

「カッコウ~カッコウ~」何処からかカッコウの清々しい鳴き声が聞えてきました!!
カッコウの鳴き声、好きなんです ^^
此処でカッコウの鳴く声が聞こえるとは思ってもいなかったので嬉しいです。
今回の旅行、長野県開田高原へ行くか鳥取県へ行くか直前まで悩んでいました。
開田高原もまだ、カッコウの鳴き声が聞えるはず?でしたから・・・。

106_012
ハチ高原スキー場(兵庫県)

林間学校の子供達の元気な声とカッコウの声に癒され、清々しい気分です☆

106_019

国道9号線のハチ北口を目指し山を下っていくと森林と棚田が美しい場所に出会いま
した。
鬱葱とした森林に差し込む太陽の光が綺麗です。

106_017_2
棚田 (写真をクリックしていただくと拡大できます。)

赤い屋根の小屋が印象的な棚田の風景です。
こういった風景はいいですよね  ヽ(´▽`)/

この後、鳥取県観光の定番、鳥取砂丘へ向います。

                                               つづく
                              ※旅行日:2010年6月17日(木)

« 露天風呂付客室 愛知県・三重県 | トップページ | 「旅33」 音旅ー2・鳥取砂丘と“かろいち” »

」カテゴリの記事

近畿」カテゴリの記事

コメント

 さて、次の鳥取砂丘の旅では、どんな風景が載るか楽しみにしています。
 今朝ほどから、鳥取ハマナスの群生地の話題も出ています。鳥取砂丘の砂像も目下開催中です。

 懐かしい古里の風景を楽しみにしています。ありがとうございました。

ニャン様
お帰りなさいませ! お帰りをお待ちしておりました。
5か月振りのお出かけとか、健康的な旅を楽しまれたご様子ですね。

ご主人様の体調もばっちり、カメラは退院?したようですね。
目出度し! 目出度しですね。

霧の亀岡から快晴のハチ高原へ。拝見していて、行ったことのない私まで気分がす~っとしてきます。
朝の手作りのちりめん山椒のおにぎりは、さぞ美味しかったでしょうね。
棚田を抜けて鳥取へ。今回もまた良い旅が続きそうですね。

「音旅」 よいネーミングですね~♪
続きを楽しみにしております。

Hiro様

こんにちは。
鳥取県はHiro様の古里でしたね。
6月の旅行はここ4年連続で鳥取県にお邪魔しております。
海と山両方の景色が楽しめ良いところですね。
ハマナスは残念ながら見に行けなったのですが
鳥取砂丘や温泉そして大山を満喫してきました。
そして食べものもとても美味しかったです。

ありがとうございました。

旅空の雲様

こんにちは。ただいま~です ^^
お陰様で夫の体調も随分とよくなり、体力も徐々に戻ってきたようです。
ご心配頂き、ありがとうございます☆

カメラも旅行日、前日に退院、ギリギリ、セーフでした ^^v

亀岡は霧が発生しやすい土地柄では有るのですが、
この日は延々と霧が続きました・・^^;

ハチ高原は始めて訪れた場所でしたが好天に恵まれ
気持ちが良かったです。

「音旅」褒めていただき嬉しいです。
普段の生活の中で中々音だけに集中することはないのですが
今回の旅行はそういった意味においても貴重な体験でした。
うまく音を表現できないとは思いますがお付き合いの程
よろしくお願い致します。

ありがとうございました☆

お帰りなさい!ニャンさん。

「音旅」!?!?に興味津津。。

何となく静寂を感じる、濃霧からスタートのようでしたね。
復帰したカメラの撮り始めが霧、幸先良さそうです。
振り返ると、山の上におぼろな太陽、いい感じです。(*^^)v
そして、初めの音が鳥の鳴き声、ばっちりですね。(^_-)-☆

ハチ高原でも、カッコウでしたか!?
開田高原でも、まだ鳴いていますが、
子供たちの声には、負けそうです。
霧の風景から、スカッとした青空、良い感じです。

森林の中に差しこむ光は、私も好きで、
九蔵峠あたりのカラマツ林でよく撮ります。

棚田を眺めながら、ニャンカフェ開店!といきたいですね。(^_-)-☆

お洒落なネーミングの「音旅」に相応しい、
小鳥やカッコウの鳴き声、そして子供たちの話し声、
清々しい空気とともに、気分爽快!

まだ、お疲れのところ、
ありがとうございました。☆☆☆

moo様

こんにちは。只今~です☆

今回の旅、コメント頂いたとおり何となく静寂を感じる
濃霧からはじまり、早朝の国道で聞いた小鳥の声、
ハチ高原のカッコウの声と子供達の元気な声・・・・。
この頃から「音旅」という言葉が頭の中にありました・・・^^
この後も音にまつわる風景がつづく事になります。

カッコウはやはりまだ、開田高原でも鳴いているのですね ^^v
今年はもう、カッコウの鳴き声が聞けないんじゃないかと
半分以上諦めていたので、嬉しかったです☆

国道の彼方におぼろな太陽、少し暗めの写真だったかな?と
思いましたが褒めていただき、嬉しいです^^☆

森林の中に差し込む光、良いですよね。私も好きです☆
mooさんが撮られる森林の中に差し込む光のお写真、
大好きです ^^
カメラが修理中、何度もであった風景で撮りたいと思っていました^^

本当ですね。棚田を眺めながらニャンカフェ開店すればよかったです、、、^^;

ありがとうございました☆☆☆


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/35387045

この記事へのトラックバック一覧です: 「旅33」 音旅-1・ハチ高原:

« 露天風呂付客室 愛知県・三重県 | トップページ | 「旅33」 音旅ー2・鳥取砂丘と“かろいち” »

フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ