« 丹波篠山 | トップページ | 京都木屋町・夜桜 »

2010年4月 5日 (月)

播磨の小京都「龍野」

1042_009

前回のブログでアップした丹波篠山へ行く時に通った国道372号線(デカンショ街道)
を姫路までドライブしてみたくなり出かけました。

姫路と言えば世界遺産「姫路城」があまりにも有名ですが、きっと混んでいるでしょうし
姫路城の桜も以前に見物したので今回はパス!
姫路城から更に西へ向い播磨の小京都と呼ばれる「龍野」へ行く事にしました。
龍野に向う途中にも満開の桜が見られ、春爛漫の日帰り旅を楽しんできました。

※下の 続きを読む をクリックお願い致します。

1042_013
揖保川(兵庫県・龍野)

龍野は兵庫県南西部に位置し、市域のほぼ中央部を流れている川が揖保川です。
障害物のない河川地域はこの日は強風が吹いていました。

龍野は、脇坂藩五万三千石の城下町。
市街には武家屋敷や白壁の土蔵が今も残っています。
では、その町並みが残っているエリアに行って見ましょう。

1042_015
うすくち龍野醤油資料館(国登録有形文化財)

まずは、龍野の町をぶらぶら散策です。
うすくち龍野醤油資料館は赤レンガの建物です。
はじめ見た時には旧郵便局かと思いました・・・・^^;

此方の建物は昭和初期まで蔵人が使っていた こうじむろ だそうです。

龍野醤油の歴史は古く約四百年前から始まったそうです。
龍野の街中には全国的に珍しい醤油の自動販売機があると観光パンフレットに書
かれていましたが私達は見つけることができませんでした。残念・・・。

1042_021
浦川と醤油蔵

なかなか風情のあるいい感じの町並みです。

1042_026
1042_025 圓光寺

宮本武蔵と深い関わりのあるお寺さんです。
「宮本武蔵修練の地」という
石碑が建ってられいました。

1042_030

1042_037
龍野マンホール

龍野は童謡の里でもあるんですね。
♪夕焼け小焼けの赤とんぼ♪の「赤とんぼ」の誕生の地です。
だからマンホールも溝ぶたにも赤とんぼがデザインされています。
そういえば市内を走るバスにも赤とんぼがデザインされていました。

1042_033

桜が満開に近くとても綺麗でした。

1042_040
龍野城

1042_041
龍野城

1042_042
龍野城

1042_051
龍野城

お城の桜は満開。
平日だったので人もまばらでゆっくりお花見を楽しむ事ができました。
昨日(4月4日)は「武者行列」のお祭りだったようです。
凄い人だったのでしょうね?

1042_057
龍野城

1042_062
龍野城

1042_063
1042_064 武家屋敷資料館

主屋は天保八年の頃に建築されたものと
推定されているようです。

1042_065
龍野

龍野には歴史を積み重ねてきた建物が残っています。
たまたま、平日だった事もあるのでしょうがとても静かで落ち着きのある町並みでした。

1042_066
龍野

1042_067
龍野公園

県下でも有数の桜の名所だそうです。
此処でも、ゆっくりお花見したいところですが、これから海を目指しドライブするので
公園はパス!でも道沿いの桜も満開で見事でした。

1042_070

途中、菜の花畑を発見。
空気が綺麗なためなのか、鮮やかな黄色が美しかったです。

1042_072
播磨シーサイドロードよりの眺め

龍野から相生(あいおい)へ向いました。
相生は一時期、ど根性大根でも有名になりましたよね。

相生から国道250号線で明石へ向います。
相生からしばらくの間は、瀬戸内の穏やかな春の海を眺めながらのドライブです。
播磨シーサイドロード(七曲)とも呼ばれている道です。
この日は春霞、瀬戸内の島々も霞んで見えます。
桜の花が咲き、潮風を感じながらのドライブは気持ちがよかったです。

今回の日帰り旅、正確な距離は測っていないのでわかりませんが、多分300km
ぐらいだと思います。
少し疲れましたが、満開の桜、城下町の風情、春の海と多彩に楽しめた日帰り旅
でした。

(サイドバーの「2010年 桜」アルバムに龍野の桜を追加しました。)

                            ※日帰り旅日:2010年4月2日(金)

« 丹波篠山 | トップページ | 京都木屋町・夜桜 »

日帰り旅」カテゴリの記事

近畿」カテゴリの記事

風情ある町並み」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、ニャンさん。

「日帰り、すてき!旅」 ですね!

平日とはいえ、これだけの桜なのに、
静かに、のんびり桜が鑑賞できて、素敵です。(*^。^*)
ちょっと穴場的な所みたいですね。

マンホール蓋のデザイン、
赤とんぼ、だったのですね、
一瞬、\マークに見えちゃいました~!^_^;

ちょっと、醤油の匂いがしてきそうな、
古い街並みもいいですね。

「醤油の自動販売機」もおもしろい、
見つけたら、オーッ!! パチリッ!!ですね。

ど根性大根の地、こちら だったんだ~!です。

ありがとうございました。

P.S 高島の朝、寒かったです。
今年、雪は少なかったそうです。
4月3・4日の朝、撮影に5時ころ出かけたのですが、
フロントガラスが凍っていて、参りました。^_^;

moo様

こんにちは。
桜が満開なのに人が少ない。
これは奇跡に近いような・・・(ちょっと大げさですね^^;)
地元の方がのんびりお花見、カメラマンの方がじっくり撮影を楽しんで
おられました。
もしかすると穴場なのかも☆本当に綺麗でした。

うん・・確かにマンホール \ に見えますね ^^

醤油の自動販売機、見つけたかったですぅ、、、、
見つけていたら自動販売機を撮りまくっていたと思います^^;

やはり高島は寒かったんですね。
京都市内より5度ぐらいは低そう・・いえ!それ以上かもしれません。

ありがとうございました。


京都からだと姫路も近いんですね。
龍野は仕入れ先の工場があって以前見学に行った事がありました。とても良い街だという印象でした。

済みません、しばらくPC開かなくて過去ブログにカキコです。

よし坊様

こんにちは。
そうなんです。姫路は意外と近いです。
高速道路を使えば、もっと短時間で行けるのですが
相変わらず一般国道を走っています・・・^^;

よし坊さんは、お仕事でおいでになった事があるんですね。
我が家は初めて龍野に行きましたが
城下町の風情が色濃く残り良い町でした。

ありがとうございました☆

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/34073140

この記事へのトラックバック一覧です: 播磨の小京都「龍野」:

« 丹波篠山 | トップページ | 京都木屋町・夜桜 »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ