« 滋賀県 「和彩 温」(わさい おん) | トップページ | 南禅寺界隈 »

2010年3月 5日 (金)

永観堂

102_030
永観堂周辺

少し前の京都観光になりますが2月21日(日)小春日和に誘われてプチ観光をして
来ました。
京都の冬は他の季節に比べると少しは観光客も少ないのでは・・・と思い出かけました。

岡崎に向う前に清水寺周辺を通りましたが、世界遺産である清水寺周辺は結構
混雑しており、駐車場も満車に近い状態でした。

岡崎公園の地下駐車場も地下1階は満車、仕方なく地下2階に車を停めました。
平安神宮も観光客が多く、年間を通して京都観光へいらして下さる方の多さを
知りました。

※下の 続きを読む をクリックお願い致します。

102_032
永観堂・総門

平安神宮は観光客が多かったのに、このあたりは観光客もまばらでした。
静かにゆっくりと拝観できそうです。

102_106

永観堂といえば紅葉の名所として有名です。
拝観の時にもらうパンフレットやチケットにも紅葉の写真が使われています。
パンフレットとチケットを写真に撮ったのですがピンボケでしたね。スミマセン!

一度だけ紅葉を見に訪れましたが、素晴しく綺麗でした。

102_033
中門

永観堂は浄土宗西山禅林寺派の総本山。
一般的に永観堂と呼ばれていますが、正しくは無量寿院禅林寺(むりょうじゅいん
ぜんりんじ)と言い、本尊は阿弥陀如来です。

102_034

102_036

中門をくぐり抜けると梅の花が咲いていました。
写真は2月21日日に撮ったものなので、今頃は満開に近いかも知れません。

102_039

102_059
内から見た唐門(勅使門)

天皇の使いが出入りする時に使われた門で、手前に見える盛り砂を勅使は踏み
身を清めてから中に進んだそうです。(パンフレットより一部抜粋)

102_060
外から見た唐門(勅使門)

102_057
悲田梅(ひでんばい)

悲田梅と呼ばれる梅の木が一本庭にありました。まだ、蕾も付けていません。
かつては梅林といえるほどであったそうですが現在奇跡的にこの一本のみが残って
います。
「悲田梅」の名の由来は?と疑問を持ちました。その答えはパンフレットに説明され
ていました。
永観律師(ようかんりっし)は、境内の梅の木に実がなるのを待ちかねて貧しい病人
に施したといわれ、いつしか「悲田梅」と呼ばれるようになったと書かれていました。

102_056

102_044

102_043

102_045

永観堂には本尊の「阿弥陀如来像(みかえり阿弥陀)」(重要文化財)、国宝の「山
越阿弥陀如来図」をはじめ、「当麻曼荼羅図」「阿弥陀二十五菩薩来迎図」など重
要文化財の寺宝を多数所蔵しています。

(堂内の文化財は撮影禁止となっているので建物外部のみ撮りました)

102_055
水琴窟

静かに水を注ぐと澄んだ音が聞えてきます。

水琴窟の手前に「木魚蛙」と書かれた案内看板がありました。
境内に棲む蛙の鳴き声がまるで木魚を叩いているかのように聞えるそうですが、
鳴き声を聞いた人はたくさんいますが、姿を見た人は誰一人としていないそうです。
永観堂七不思議のひとつでもあるそうです。

102_053
臥龍廊(がりゅうろう)

山の斜面にそって、巧みに木を組み合わせて作られた廊下です。
芸術的な廊下ですね。

102_046
上から見た臥龍廊

枯葉や枝で見難いですが写真をクリックしていただくと拡大できます。

102_050

陽の当らない廊下はひんやりとしていました。

102_064
放生池

この日はとても暖かく、池を眺めていても春が近いことを感じさせてくれるような風
景でした。

102_069
多宝塔

上部は円形、下部は方形の二重塔です。
多宝塔まで登りませんでしたが、ここからは京都の町が一望できるそうです。

紅葉だけではなく、新緑の頃も美しいでしょうね。

●拝観料:大人600円/小・中・高校生400円

                              ※観光日:2010年2月21日(日)

« 滋賀県 「和彩 温」(わさい おん) | トップページ | 南禅寺界隈 »

京都散策と京都の話」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、ニャンさん。

不思議ですね~!
気温も風も、そして香りも・・この写真や文章に実態は無いのに、
次々写真を見ながら文章を読み終えると、
春のほんのりとした暖かさが伝わってきています。

特に最初の写真が良いですね、
ごく普通の写真だとは思いますが、
私にとっては、これで、ス~ッと入っていけたように感じました。

紅葉の名所、ということですが、
ものすごい人なのでしょうね!(>__<)

開田に居ながらにして、
梅の香りや水琴窟の音・・を感じさせていただきました。

開田高原もだいぶ春めいてきました。
仔馬の情報、
管理人さんとお会いできなくて、
まだ、分かりません。^_^;

ありがとうございました。(*^。^*)


moo様

おはようございます。
今朝の京都は昨日までの暖かさは何処へやら・・
肌寒い雨の朝を迎えています。
京都でこの寒さなら開田高原は冬の寒さなのでしょうね?

春を少しでも感じていただけたようで嬉しいですヽ(´▽`)/
この日は小春日和という言葉がピッタリで
歩いていても気持ちが良かったです ♪
一枚目の写真周辺は日本式?豪邸が多く、とても静かです。

永観堂は紅葉の時期は平日でもすごい人です ^^;

仔馬の情報、気になさらないで下さい ^^
何かで情報が入ったらでいいんですぅ、、、、
お忙しいのにわがまま言ってごめんなさい ヾ(_ _*)ハンセイ・・・

何時も優しいコメントをありがとうございます ^^☆


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/33640146

この記事へのトラックバック一覧です: 永観堂:

« 滋賀県 「和彩 温」(わさい おん) | トップページ | 南禅寺界隈 »

フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ