« 琵琶湖ドライブ(余呉湖・マキノピックランド) | トップページ | 永観堂 »

2010年3月 3日 (水)

滋賀県 「和彩 温」(わさい おん)

091229_043

私達夫婦一番のお気に入り日本料理店が滋賀県草津市矢橋にあります。
お店の名前は 「和彩 温」(わさい おん)です。
先日の土曜日に久しぶりに食事に行きました。

102_101

カウンター席:12席、掘りごたつ:4卓、座敷(個室利用可)があります。
私達は何時もカウンター席を利用します。
落ち着ける店内で、ゆっくり食事を味わう事ができます。

※下の 続きを読む をクリックお願い致します。

102_115

上の写真の方が店主であり料理人の温水 誠さんです。
「ブログに載せさせて頂きたいので写真を撮らせてください。」とお願いしました。
(お仕事中、スミマセン m(_ _)m )

此方のお店がオープンしたのは昨年(2009)の6月23日です。
それまでは温水さんは同じく滋賀県草津市のロイヤルオークホテル内にある「吉野」
の料理長を務めておられました。
その頃から温水さんの料理が好きでよくホテルに食事に行っていました。
初めて温水さんと出会った頃は、ホテル内「吉野」にはカウンター席があったので、
会話を交わすことも多く温水さんの料理だけではなく、誠実で温かみのある人柄に
惚れ込み、料理には人柄も表れるものだと初めて知った気がしました。
その頃から温水さんの料理を味わせて頂き、6~7年になるでしょうか・・・?

この日は “温おまかせ会席” (5,000円)をいただきました。
前菜・造り・おまかせ3品・食事・水菓子という内容です。
(※会席料理のお品書きはその日の仕入れにより変わります。)

102_102
前菜 写真の左から 穴子の骨せんべい・ふぐの酒盗和え・菜の花

穴子の骨せんべい香ばしくて美味しかったです。
ふぐの酒盗和えはお酒がすすむお味です。お酒好きには堪りません ^^v

102_103
お造り 鯖のきずし・和歌山県の初かつお・蛸・ほたての貝柱

鯖のきずし(しめ鯖を関西では きずし と言います。)私はどちらかと言うと苦手な
のですが抵抗なくとても美味しくいただきました。

102_106
焼きふぐ

102_108
稚鮎・ふきのとう・キノコの天麩羅 (お塩でいただきます)

稚鮎はこの日の朝、琵琶湖で水揚げされたもので鮎独特のほろ苦さがあり、身はふ
っくら衣はサクサクと揚げられていて絶品でした。
天麩羅の下に敷かれているのは食パンで此方も勿論食べられます。

102_111
野菜の炊き合わせ

102_116
宮崎黒毛和牛ヒレのにんにく醤油焼き

柔らかいお肉でにんにくの風味もよく、量的にも丁度良かったです。

102_120
食事 五島の鯖丼?・湯葉の赤だし

この五島の鯖と酢飯の相性が良く、めちゃくちゃ美味しかったです!
そしてホテル時代から私の大のお気に入りが「湯葉の赤だし」
上品な出汁と赤味噌のコク、湯葉の優しい食感と味のバランスがよく、この「湯葉
の赤だし」だけでも味わいに行きたい!と思わせるほど気に入っています☆

102_121
本日のスイーツ

102_109 102_110
このわた                     ふぐの白子焼き

会席料理以外の一品料理も豊富に揃っています。
その時の仕入れ状況により、一品料理の内容も変わるようでカウンター正面にそ
の日のオススメ料理のお品書きが貼られているので要チェックです。
旬の美味しいものを見過ごしたら損ですからネ!

私達もそのお品書きの中から上の写真2品と鰤カマ焼き(写真を撮るのを忘れま
した^^;)を追加で注文しました。

今日は「温おまかせ会席」をいただきましたが、「温おまかせ寿司会席」もオススメです。此方のお寿司もとても気に入っています。

料理のお味、そしてお店の屋号どおりの「温」かなおもてなしで今日も大満足でした!
美味しかったです!ご馳走様でした!!

興味をもたれた方は此方をご覧下さい。⇒ 「和彩 温」ホームページ  

                                              おわり

                             ※訪れた日:2010年2月27日(土)

« 琵琶湖ドライブ(余呉湖・マキノピックランド) | トップページ | 永観堂 »

グルメ・料理店」カテゴリの記事

滋賀県散策」カテゴリの記事

コメント

きずし って言うんですか!
いきなり言われても全くトンチンカンですね。
僕は通が食べる物がダメで青い魚がダメなんです。
写真を見て直ぐ解ります、どれもきっとうなるほど美味いと思います。量も多すぎず、最高に美味いと感じさせる量を心得手居ますね。
しかも5千円ですか〜 信じられません。
追加のコノワタとフグの白子焼   たまりませ〜ん。
ゴク!!

よし坊様

こんにちは。
やはり 「きずし」 と言うのは関西方面だけの
言い方なんですね。
もしかしたら通じないかも・・・と思ってました・・^^;
食通のよし坊様にも苦手なものはあったんですね。
きずし 私も本当は苦手なんですぅ、、、
でも此方のお店ならOKでしたよ!美味しかったです ^^v

量も多すぎず、もしお腹に余裕があれば
追加で他の一品料理も味わう事ができます。
お品書きを見ていたら あれもこれも食べたい と思ってしまいます。
食いしん坊は何時までたっても直りそうもありません、、、^^;

こんにちは、ニャンさん。

「食いしん坊バンザイ!!」です。(^_-)-☆

でも、年のせいで、量が食べられなくなったので、
これくらいの量で、いろんなものが食べられた方が良くなりました。
リーズナブルなお値段が又いいですね、
近くなら、今日にでも行きたいところです。^_^;

サバの食べ方として知っているのは、
味噌煮・塩焼き・干物・バッテラくらいですが、
「五島の鯖丼」が気になるところです。

また、琵琶湖の稚鮎料理、
先日、例の「美浜荘」から山椒の効いた甘露煮を送っていただきましたが、
てんぷらも美味しいですよね。(*^^)v

ああ~!あっちもこっちも行きたい~!ですぅぅ。

今日も、ごちそうさまでした。

moo様

今晩は!
“食いしん坊バンザーイ” のニャンです ^^v
懐かしいですねぇ~。
そういえば昔?そんな番組がありましたね。
自分でも困ってしまうほどの食欲です ^^;

稚鮎の甘露煮もいいですね。
開田高原に居ながらにして琵琶湖の旬の味覚を
味わえるのも良いものですね ^^☆

五島の鯖、美味しかったです。
余談になりますが
鯖の味噌煮、何度チャレンジしても私が作ると美味しくなんです(。>0<。)
誰か教えてくださ~いって感じです、、、、

「温」さん、本当にオススメです☆

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/33579574

この記事へのトラックバック一覧です: 滋賀県 「和彩 温」(わさい おん):

« 琵琶湖ドライブ(余呉湖・マキノピックランド) | トップページ | 永観堂 »

フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ