« 「宿泊記22」 飛騨古川・八ッ三館 | トップページ | 「旅31」 神戸 Ⅰ »

2010年2月15日 (月)

京都宇治・三室戸寺

0912uji_004

「花の寺」とも呼ばれている三室戸寺は、春には桜、つつじ、しゃくなげ。
初夏には、あじさい、蓮。秋には紅葉を楽しめます。
三室戸寺を訪れたのは、昨年12月中旬。
花が競い合うように咲く頃には賑わう境内も、冬はひっそりとしていました。

※下の 続きを読む をクリックお願い致します。

0912uji_006

山門をくぐり本堂へと向う途中に見える広大な庭園。
春には、つつじ2万株、しゃくなげ1万株が咲き誇るそうです。
近畿では指折りの「つつじ・しゃくなげ園」だそうです。
写真、手前は「あじさい園」でしょうか?
幻のあじさいと呼ばれている“シチダンカ”や西洋あじさい、がくあじさいなど約30
種類1万株の花が咲きます。
見事なまでに広がる緑の大庭園。花が咲けば、さぞや美しい事と思います。

0912uji_007

冬枯れの木々の間を本堂へと続く長い階段。
足腰が弱ってきたせいか、きついです。

0912uji_014

“夜もすがら月をみむろとわけゆけば
            宇治の川瀬にたつしらなみ”
西国十番の観音霊場、明星山三室戸の本堂です。
本堂は江戸時代の建築です。(府文化財)

手前に見える辺りには初夏から真夏にかけ250鉢の色とりどりの蓮の花が咲くそ
うです。

0912uji_017

0912uji_024

三重塔(江戸時代・府文化財)

0912uji_029

鐘楼(江戸時代・府文化財)

0912uji_031

三室戸寺は源氏物語(宇治十帖)ゆかりのお寺でもあり「浮舟」の石碑があります。

0912uji_040

池泉回遊式庭園

0912uji_043

池泉回遊式庭園

0912uji_049

参道に花が咲いていました。つつじの花のように見えますが、つつじなのでしょうか?

冬は殆ど花もなく、ひっそりとしていていましたが、ゆっくりと見て回る事ができました。

拝観料金:大人500円/小人300円

                              ※観光日:2009年12月16日(水)

« 「宿泊記22」 飛騨古川・八ッ三館 | トップページ | 「旅31」 神戸 Ⅰ »

京都散策と京都の話」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。寒いですね。
ぶー&りん様が執筆されますと、なんと文学的に、そして格調の高い優れた作品になるのでしょうか。
内容的にも充実していて申し分ありませんね。
感心しながら拝見しました。

三室戸寺 とっても懐かしい思いがしました。
また、行ってみたいです。
懐かしい思い出をありがとうございました。

旅空の雲様

こんにちは。本当に寒いですね。
お褒めの言葉を頂き、恐縮です・・・^^;

旅空の雲様が三室戸寺へ行かれたのは昨年の夏でしたよね。
蓮の花のお写真が美しかった事を思い出します。
昨年、お写真を拝見して蓮の花が咲いている間に行こうと思いながらも
気が付けば “冬” となっていました ^^;

今年こそは、蓮の花が咲く頃に三室戸寺へ行ってみたいです。
又、是非、京都へもおいで下さい m(_ _)m

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/33385231

この記事へのトラックバック一覧です: 京都宇治・三室戸寺:

« 「宿泊記22」 飛騨古川・八ッ三館 | トップページ | 「旅31」 神戸 Ⅰ »

フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ