« 「旅29」 雪ごもりの旅 ~帰り道~ | トップページ | 「旅30」 京都から山形県へ車窓からの景色 »

2010年1月14日 (木)

帰郷

061
湖西線からの眺め

12月31日大晦日。
私の実家で年越しをするために湖西線に乗り込みました。

何時もなら車で帰郷するのですが、天気予報では午後から大雪の予報・・・。
「どうする?車で行く?」
「良いお天気だけど大雪の予報がでているしなぁ~」
出かける直前まで悩みましたが、実家から戻った翌日から山形県への旅行を予定
していたので、もし、大雪で京都に帰れなかったら大変!
と言う訳で湖西線で帰ることにしたのです。

しかし、滋賀県に入ってからも良いお天気、陽射しも一杯です。
電車の中からは琵琶湖が綺麗に見えています。
新旭駅を過ぎたあたりから雲行きが怪しくなり、雪がチラチラと降りだしました。
やっぱり雪になるのかなぁ~?

※下の 続きを読むを クリックお願い致します。

065
琵琶湖湖畔(2009年12月31日)

実家に戻ると母は風邪で寝込んでいました。
「悪いけど夕食の用意お願いね」と母・・・。
実家で上げ膳据え膳で楽をしようと思っていたのに・・・
そんな事を考えていたからバチが当たったのでしょうか?

実家に戻った後、しばらくしてから浜に散歩に出かけました。
空は晴れてはいましたが、北の方角を見ると雪雲が流れ込んで来ているのがわ
かります。

もう数時間もすればこの辺りも雪が降り始めるのでしょう。

073

浜には水仙の花が綺麗に咲いていました。

散歩から戻った後、近くのスーパーに母が買い忘れた物を夫とふたりで買いに出か
けました。
スーパーはお正月の買出しのお客さんで賑わっていました。
買物を終え外に出ると「あらあら大変!!」吹雪いているじゃないですか。
傘も持たずに来たのでふたりしてマフラーを “真知子巻き” にして大雪の中を足早
に家へと向いましたが家に着いた時には人間雪ダルマ状態でしたぁ~^^;
おっと!若い方は「真知子巻き」ってどういうの?と思われた方も多いと思います。
簡単に説明すると「真知子巻き」とは首から頭にかけてショールを巻くスタイルの一
種で真知子とは1952年のラジオドラマ「君の名は」のヒロインの名前です。
NHKの連続ドラマや映画にもなりました。
でも、誤解しないで下さいねぇ~。私、リアルタイムで「君の名は」を知っていたわけ
じゃないんですよ~。私の生まれる以前に流行ったドラマで~す。

076

家に戻った後、私は夕食の準備。
母も具合がよくないのだから寝ていればいいのに起きてきました。
寝ていいんだよぉ~。
でも、何処に何が有るのかわからず、結局、母の手をかりました。ゴメンネ!
夫は父とコタツで二人揃ってウトウト・・・。羨ましいですぅ、、、、

夕食を終えカメラを持って外へ出てみました。
大晦日の夜、各家に明りがともっています。
外は雪景色だけど何となく雪に写る灯りがほのぼのと暖かく感じます。

夕食後、母はさすがに早く眠ってしまいましたが、父は何時もより沢山お酒を飲ん
だにもかかわらず珍しく年が明けるまで私たちと一緒にテレビを見ていました。

001

2010年を迎えてから私達は2階の部屋に上りました。
除夜の音が響いています。
どうぞ、今年一年が良い年でありますように・・・。

007

2010年1月1日。
雪景色の中で2010年元旦の朝を迎えました。

014
琵琶湖湖畔(2010年1月1日)

昨日は雪のなかった浜にも雪が積っています。
久しぶりに雪の琵琶湖湖畔を見た気がします。

034

雪雲が切れ太陽が現れました。美しいです。

013

ユリカモメが波打ち際までやってきました。
ユリカモメの他にもカモなどの渡り鳥で琵琶湖は賑わっています。

038

昨日、咲いていた水仙は雪に半分以上埋もれていました。

035

037

太陽に照らされた琵琶湖はキラキラと輝いています。

042

030

神社に初詣に出かけました。
「どうか又、一年、無事過せますように・・・」

午後からは妹家族も実家に帰ってきました。
家族全員が揃ったのは一年ぶりのことです。
両親にとっての曾孫も一緒です。
小さな子供が一人いるだけで家の中は急に賑やかになるものなのですね。
父や母も曾孫にデレデレです。
この子はまだ足元も危なげなのに、家の中を所狭しと動きまくっています。
柱に頭をぶつけて泣くのかな?と思っていると照れくさそうに笑っています。
何を言っているのか言葉も理解不可能ですが一生懸命、しゃべっています。
よく動きよく笑い元気な子です。
そんな賑やかな元旦を実家で過しました。

さぁ~明日からは楽しみにしていた山形への旅に出かけま~す。

« 「旅29」 雪ごもりの旅 ~帰り道~ | トップページ | 「旅30」 京都から山形県へ車窓からの景色 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

年末年始は雪で各地が大変な事に成ったようですね。
昨年の春賤ヶ岳に登りましたがあの辺りも一面雪の風景が想像出来ます。
良い親孝行が出来たようできっと良い一年に成ると思います。

よし坊様

今晩は。
大晦日、京都市内はよく晴れていましたし
実家に着くまでも本当に良いお天気で
天気予報にだまされた~と思いましたが、夕方からはこれでもか!と
いう程、雪が降りました。
賤ヶ岳や余呉湖あたりはもっと凄い積雪だったと思います。

色々とご心配をおかけし申し訳ありませんでした。
夫の入院で一年間の厄が落とせ、きっと良い一年になると
信じる事にしました ^^v
今週末か来週初めには退院できそうです。
よし坊様のお心遣いに感謝しております。ありがとうございます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/32960774

この記事へのトラックバック一覧です: 帰郷:

« 「旅29」 雪ごもりの旅 ~帰り道~ | トップページ | 「旅30」 京都から山形県へ車窓からの景色 »

フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ