« 晩秋の京都・後編 | トップページ | アレンジ!ビワイチ・ドライブと「すし慶」 »

2009年12月 2日 (水)

京都伏見

004
京都伏見・松本酒造酒蔵

11月の三連休のど真ん中、11月22日(日)に伏見に行ってきました。

この日はあいにくの曇り空、午後からは雨の予報でした。
朝からお墓の掃除に行き、その後、何処へ行こうか迷いました。
なんせ連休のど真ん中、京都市内の観光地は何処もかしこも大混雑です。
かといって遠出も億劫です。
夫と相談した結果、伏見は意外と空いているかも知れないね。と意見が一致!
予想通り、伏見は観光客の姿もまばらでした。

上の松本酒造さんの建物は、旅行番組やサスペンスで見られた方も多いと思います。

※下の 続きを読む をクリックお願い致します。

023
寺田屋

まず、一番初めに寺田屋を見学する事にしました。
寺田屋は、大阪と京都間の通船「三十石船」の京都側のひとつ南浜に寺田屋浜
という船付場を持つ大きな船宿であったそうです。

寺田屋は鳥羽伏見の戦(1868年)で焼失したそうで現在の建物はその後再建
されたものだそうです。

011

寺田屋さんの表札に坂本龍馬の文字。

013
坂本龍馬の愛室・梅ノ間

慶応二年(1866年)1月23日伏見奉行所の捕方に襲撃を受けた時も坂本龍馬
はこの部屋に泊まっていたそうです。
この時は負傷しながらも脱出に成功し薩摩藩に保護されたと伝えられています。
                                 (パンフレットより一部抜粋)

018
お竜さんが入浴していた風呂

020
お竜さんが裸で駆け上がった裏階段

寺田屋さんは今も宿泊できるそうですよ。

※見学料金:大人400円、中・高・大学生300円、小学生200円

025
十石舟

港町伏見の美しい水辺や酒蔵を望む風景を楽しめる十石舟。
所要時間は往復55分。大人1000円、小人(小学生以下)500円。
桜の時期には夜桜運航、夏の間は(期間限定)夕涼みライトアップ運航などが有る
そうです。
乗ってみたかったのですが小雨が降りだしたので先を急ぐ事にしました。

024

027
黄桜

029

031
月桂冠

038
月桂冠大倉記念館

039
月桂冠大倉記念館

月桂冠大倉記念館を見学することにしました。

044 040

入館料・大人300円、中学・高校生100円。お土産付き。
お土産は上の左側の写真です。純米酒(180ml)1本です。
未成年者のお土産は「酒造絵葉書」だそうです。
館内の見学の際、一番最後に試飲コーナーがあり「吟醸酒ザ・レトロ」「玉の泉大
吟醸生貯蔵酒」「プラムワイン」の三種類が試飲できました。
車を運転してきた人や未成年者は試飲出来ないため、上の写真(右側)のワッペン
が渡されます。

034
井戸

035
米を蒸す際に使われる用具類

明治、大正、昭和期に酒造りの現場で実際に使われていた用具類が工程順に展
示されていました。

036

037
広告ポスター

028

このあたりも初めて観光したのですが、酒蔵の美しさや重厚さ歴史的背景を感じ
る事が出来よかったです。

042
龍馬通り商店街

雨は相変わらずシトシトと降っていますが、龍馬通り商店街を少し歩いてみました。
商店街は小さなお店が軒を連ねています。
立ち寄った一軒のお土産物店、龍馬に関するお土産物が所狭しと並べられていま
す。
そんな中で私の目に止まったのが来年のNHK大河ドラマ「龍馬伝」のポスター、勿
論非売品です。
「来年の大河ドラマのポスター張ってらっしゃるんですね。」と店主に話しかけると
「なかなか手に入らないポスターなんですよ。」と得意げににっこり・・・。
「来年はもっと多くの観光客がこられて益々忙しくなりますね。」と言うと店主は「そう
なってくれると嬉しいんですが・・・こう不景気だと、ちょっとね・・・。」と先ほどまでの
得意げな表情は何処へやら・・・。何処も厳しいんですね。

雨脚が強くなってきたので、今回の散策も此処までです。
他にも見てみたいところが伏見にも一杯あります。
お天気がいい日に又、改めて観光してみようかと思っています。

                             ※観光日:2009年11月22日(日)

« 晩秋の京都・後編 | トップページ | アレンジ!ビワイチ・ドライブと「すし慶」 »

京都散策と京都の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/32444439

この記事へのトラックバック一覧です: 京都伏見:

« 晩秋の京都・後編 | トップページ | アレンジ!ビワイチ・ドライブと「すし慶」 »

フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ