« 妙心寺 | トップページ | 今宮神社門前・あぶり餅 »

2009年12月12日 (土)

大徳寺

0912_061_2
山門(重要文化財)

京都に住んでいると市内の寺社仏閣は何時でも観光できるわぁ~と思ってしまうの
で意外と観光していないところが多いんですよね。
大徳寺さんも周辺を通る事はあっても、入ったことがなく、今回、初めての観光とな
りました。
大徳寺さんも妙心寺さんと同じように境内に塔頭22ヶ寺、別院2ヶ寺あるんですね。
その殆どが非公開。恥ずかしながらその事すら知らずにいました ^^;
大徳寺さんと言えば私の頭に浮かぶのは「大徳寺納豆」と俗に「大徳寺の茶面」と称
される事ぐらいでした。
ちなみに先に観光した妙心寺さんは俗に「妙心寺の算盤面」と称されています。

何も下調べする事も無く訪れたので、広い境内の中を気の向くままに散策しました。

※下の 続きを読む をクリックお願い致します。

0912098

山内(境内)はこんな感じ ↑ でとにかく広いです。

0912070
仏殿(重要文化財)

0912_067
イブキ

仏殿前の大木でイブキというそうです。
一般的にも長命な木らしいのですが、これほどまでの大木になるのは珍しいそうです。

0912073
大徳寺本坊

此方も此処から先は立ち入り禁止。公開されていません!

0912_074

あっちこっち、ウロウロ・・・。非公開のところばかりですぅ、、、、。

高桐院

拝観料金:大人400円
此方は通年公開されているようです。

0912_077_2
高桐院

大徳寺の塔頭。細川三斎が父幽斎の菩提所として慶長六年(1601)に建立。

散紅葉が晩秋の美しさと淋しさを演出しているかのようです。

0912_075

苔むした瓦に散紅葉が積っています。

0912_081
客殿南庭

江戸時代初期に造園されたそうです。
楓樹を主とした野趣に富む庭です。訪れた時には散紅葉となっていましたが、紅
葉の見頃の時は、竹林とのコントラストも見事だったと思います。

0912080

0912083

0912084

0912_088

高桐院の庭や石畳に積った散紅葉は素晴しく美しく、日本の “侘び寂び” を好む
風情を感じる事ができました。

0912089

0912092

0912_096
三玄院

非公開ですが、三玄院には石田三成の墓があるようです。
正直、石田三成という人物に余り良い印象を持っていなかったのですが、大河ドラ
マ「天地人」を見てから石田三成って “本当は良い人だったんだ” とイメージが
変わりました。
我ながら単純!とは思いますが、どの立場から歴史に名を残した人物を描くかによ
りイメージが変わってしまうのも事実ですね。

0912_097

何の知識もなく、気の向くままに散策した大徳寺ではありましたが、それなりに風情
を感じる事が出来たような気がします。

                                               つづく

                              ※観光日:2009年12月6日(日)

« 妙心寺 | トップページ | 今宮神社門前・あぶり餅 »

京都散策と京都の話」カテゴリの記事

コメント

利休一族の眠る菩提寺のご紹介で嬉しかったです。
京都は沢山見るところがあり幸せですね。大徳寺納豆は
独特なお味で懐石料理にもちょっとだけ使っています。
毎年利休忌が行われるので裏千家の会報にも度々出て
きます。最近は私の好きな千住博の襖絵を是非観に行きた
いところです。紅葉の赤いジュータンが綺麗ですね。5年前
位に行った時は境内の精進料理のお店でお昼を頂きました
が、出てからすぐ近くに和久傳があり後悔しました。
茶面とはわかりやすいですね。

June様

こんにちは。
さすがによくご存知ですね。
私は帰ってきてから京都の本を読み
利休一族の菩提寺だと知りました。
ただ「大徳寺の茶面」と称されるからには、
茶道と深いかかわりが有るんだろうなとは
思っていたのですが・・・^^;
大徳寺さんの塔頭のほとんどに茶室が有ることからも
「茶面」と称されているようですね。
ブログをはじめてから京都に関する本を読む機会も増え、
いかに自分が何も知らずにいたかと痛感しています・・・・^^;
これからも少しずつ京都市内の観光をしようと思っています☆

今日は。
田舎に住んでいると京都には物見遊山に掛けるばかりでメジャーからチョット外れた所は全く知らない世界になってしまいます。
普通では行けない所をこの目で見ているような気になりとても有難く思います。
紅葉の名残がまだまだ楽しめているようですね。

よし坊様

おはようございます。
京都に住んでいながらメジャーなところさえ
まだ、行った事がない所もあり、
反対に余り有名でないところばかり観光していたり・・・と
わけがわからない観光ですぅ、、、
今年の紅葉は長く見られました。
昨日も宇治へ行ってきたのですが
宇治川沿いの紅葉がまだ、見る事ができ
いったいどうなってるの?と思うほどでした ^^☆

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/32546537

この記事へのトラックバック一覧です: 大徳寺:

« 妙心寺 | トップページ | 今宮神社門前・あぶり餅 »

フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ