« 京都伏見 | トップページ | ローム・イルミネーション2009 »

2009年12月 4日 (金)

アレンジ!ビワイチ・ドライブと「すし慶」

0911_002
京都・府道40号線下鴨静原大原線

本文に入る前に本来のビワイチについて少々説明したいと思います。

以前のブログにもちらっと書きましたが近年琵琶湖一周がブームになりつつあるん
だそうです。それも車やバイクで一周するのではなく、ウォーキングや自転車で一周
するというもの。
県も「ビワイチ」(琵琶湖一周の略)と名付け観光ウォーキングをピーアールしています。
又、今年の9月中旬頃から琵琶湖を歩いて一周した人には「ビワイチ観光ウオーカー」
として滋賀県が認定し、認定書と記念品を贈呈するという事業がスタートしました。
この認定を受けるには定められた場所でのスタンプを集めるなどある一定のルールが
あるようなので興味のある方は滋賀県のHPにアクセスしトップページの“滋賀県観光
情報”を開いてみて下さい。

では本文に入りたいと思います。

※下の 続きを読む をクリックお願い致します。

0911_003
京都・府道40号線下鴨静原大原線

京都市内から琵琶湖を一周ドライブするのに幾つかのルートがあります。
本来のビワイチのコースは琵琶湖湖畔に一番近い道を通るのですが、今回はちょっ
とアレンジして前半は山間の道、後半は湖畔沿いの道をドライブする事にしました。

まずは府道40号線下鴨静原大原線で京都の中心部から大原三千院方面へ。
大原三千院手前で国道367号線に入ります。
国道367号線で県境を越えると滋賀県大津市です。
国道367号線の途中トンネル有料道路を抜け、そのまま国道367号線を朽木へ
向いました。

0911_017

国道沿いに「庵 観月」という喫茶店があります。
まだ紅葉も美しく山並みの景色も望めそうなので此方でしばし休憩です。

かなり冷え込んでいたので葛湯を注文。
先月の洞川温泉旅行以来、夫婦揃ってすっかり葛湯にハマっています。

0911_006

下には沢山の枝垂桜が見えます。桜景色もよさそうです。

0911_009

冬枯れの木、杉の緑、紅葉と様々な色合いです。

0911_008

冬枯れの枝垂桜の合間に紅葉が見られます。

0911_005 0911_012

0911_023

店内には、喫茶店から見える桜や紅葉、雪景色の写真が一杯飾られていました。
鹿の写真も多かったです。店の方によると夕方には鹿の姿がよく見られるそうです。

葛湯でほっと温まりながら名残の紅葉を楽しんだ後、更に国道367号線を北へと
向います。
北に進むにつれ、雪こそありませんが葉を落とした木々も寒々と冬の景色が広が
っています。

0911_026

上の写真は裏比良山登山口(滋賀県大津市葛川)側の「地主神社」です。

0911_024

0911_025
裏比良山登山口横を流れる川

この後も国道367号線で安曇川を右に左にと眺めながら進みます。
我が家はこの国道367号線をよく利用します。
理由は一番に自然の豊かさと山里の風情を感じられる事。
二番目には、信号の数がとても少ないく走りやすいからです。
のんびりドライブには最適のコースです。

滋賀県高島市今津町保坂という所で国道367号線は終わり、国道303号線にバト
ンタッチです。

国道303号線を琵琶湖湖畔方向へ行き、途中から県道でマキノ高原を目指しました。

0911_027_2

マキノ高原のメタセコイヤ並木道です。
前回(11月3日)この並木道をドライブした時には、ほんの少し黄色がかってきた
かな?と感じる程度でしたが、今は紅葉し、綺麗でした。

0911_038_2

並木道の合間から見える山里の風景です。

0911_036

此方は今が紅葉の見頃と言う感じの並木道です。

県道から国道161号線へ入りマキノ町野口で再び国道303号線へ。
そして国道8号線を経て木之本宿へ向いました。

0911_039

北国街道・木之本宿。
今回の一番の目的地が此方です。

私のブログの「お気に入りリンク」にリンクせていただいているブログ「旅日和・食べ
日和・悠湯日和」のよし坊様の “若ゑびすへ すし慶の巻” の記事を拝見し、是非
「すし慶」さんの 鯖の棒すし を食べてみたいと此方までやってきたのです。

0911_040

はい!此方が「料亭 すし慶」さんです。
趣がありいい感じですね。期待できそうです。

まず、邸内に入ってすぐの所にお品書きがあり、そこでお料理を注文した後「蔵」の
ギャラリーで料理の用意が整うまで待つことになります。

0911_052 0911_045_2

0911_044_2
蔵内1階

0911_043
蔵内2階

蔵内には歴史ある品々や賤ヶ岳合戦図、古い写真などが展示されています。他には
湖北にまつわる書籍、雑誌等も置かれており待ち時間も気になりません。

0911_046

お料理の用意が整うと案内されたのが畳敷きの大きな広間でテーブル席になって
いました。
テーブルの間隔もゆったりと取られているのがいいです。

私達が注文したのが昼御膳「田上山」2,100円です。
鯖棒すしは夫の大好物なので時々デパートやお店で買うのですが近頃美味しい鯖
棒すしにあたった事がありませんでしたが、すし慶さんの鯖鮨を食べた夫の第一声
は「最近食べた鯖寿司の中で一番美味しい!」でした。
「欲を言うならもう少し鯖が酢で〆られていてもいいかな」とも言っていましたが此方
のお店気に入ったようで「これからは此方方面へ来た時にはすし慶さんで食事をし
よう!」と言っていました。

0911_050
すし慶さんの庭園

0911_055

大満足で食事を終えた後、木之本宿を少しだけ歩いてみました。

0911_058

0911_059

木之本宿は昔の面影が色濃く残り、今度ゆっくり散策してみたいと思いました。

0911_070

今来た道を少し戻り、湖岸道路へ。
そして今回も琵琶湖水鳥・湿地センターへいきました。
今日は、お目当てのコハクチョウを見ることが出来ました。
野鳥を観察している間にもコハクチョウは次々とセンター前に帰ってきます。
私達がセンターにいる間に確認できたコハクチョウの数は68羽でした。
オオハクチョウ2羽も観察する事ができ嬉しかったです!

0911_085

0911_078

この後、さざなみ街道等、琵琶湖湖畔に一番近い道を通り帰って来ました。
美味しいお料理も頂いたし、名残の紅葉も見られたし、コハクチョウにも合えたし楽
しい一日でした。

皆さんも自分なりのビワイチ・ドライブコースを見つけて楽しんでみてくださ~い!

                           ※ドライブ日:2009年11月29日(日)

« 京都伏見 | トップページ | ローム・イルミネーション2009 »

グルメ・料理店」カテゴリの記事

ドライブ」カテゴリの記事

滋賀県散策」カテゴリの記事

コメント

今日は!
ビワイチとは上手なネーミングですね。そして初めて知りました。
何回かに分けて完歩するのも楽しそうですね。今度ワンダーホーゲルにも提案してみたいと思います。
さて、すし慶さん、何時アップするのかと思っておりました。
我が家が行ってからもう1ヶ月も経ってしまいました。
アノ界隈をユックリ歩くのも確かに良いと思いますし、紅葉の湖東三山にも登りたいし、夢が膨らむばかりです。

よし坊様

こんにちは。
素敵なお店を教えて頂き、ありがとうございました。
よし坊様の記事に勝手にリンクさせていただきました。ごめんなさい。
これからも色々なお店の記事UPしていただけたら嬉しいです☆
ビワイチのことは、新聞で知りました。
確かに覚えやすいし上手なネーミングだと思います。
滋賀県も近頃、盛んに観光をピーアールしているようです。
是非、ビワイチ観光ウオーカーにチャレンジしてみて下さい!!
紅葉の湖東三山も絶対オススメです!!

追伸
以前、「飛鳥Ⅱ」お試し乗船しま~す。といっていましたが、キャンセルとなりました。
夫がどうせ乗るなら暖かい時の方がいい!寒い時期の船はイヤダ~!!と言い出したので・・・・残念です。

素敵なドライブでしたね。お写真を拝見して見事な紅葉の景色や
ランチに白鳥など楽しませて頂きました。私も鯖棒すし大好きなの
で昼御膳食べたいです。最近wiiで自転車遊びしているので鍛えて
びわいちでもやってみたいです。

June様

こんにちは~!コメントを頂きありがとうございます。
ビワイチ・ドライブは、アレンジ次第で様々な景色に
出会う事ができるので楽しいです。
今回は、名残の紅葉を見る事もできよかったです☆
そういえばJuneさんも鯖棒すし、お好きでしたよね ^^
すし慶さんの鯖棒すしの酢飯には山椒の実が入っていて
上品なお味で美味しかったです。
wiiで遊びながら鍛えてらっしゃるんですね。
その成果を試しがてら?自転車でビワイチ、チャレンジしてみて下さ~い。
滋賀県には鯖棒すしの他にも鮎料理や近江牛に鴨、
ぼたん鍋など美味しいお料理やフナ鮨などの珍味?もあり、
食、景色、観光と楽しめると思いま~す♪

あらま!
比良山荘の前を通られたのですね。^^
「観月」、今度入ってみます。
気になっていたのですが、いつも通過していましたので。
いろいろな情報をありがとうございます。^^/

さくちゃん様

こんにちは~!コメントを頂きありがとうございます。
そうなんです。比良山荘の前まで行きました ^^☆
地主神社でわかりました~?
さくちゃん様にオススメですよ~!って教えていただいていたので
気になってはいたのですが、なかなか食事に行くことが出来ずにいます。
今回も比良山荘でお昼にする?と迷ったのですが
どうせならイチオシの鮎の時期に食事に行こうと
下調べがてら店の前まで行ってみました。
来年の鮎の時期には是非、食事に行きたいと思います。
「観月」は私達もいつも気になりながらも通過していました。
今回は紅葉につられ入ってみました。
外観と店内のギャップがあり、面白い?空間です。
試しに今度入ってみてくださ~い。


比良山荘は晩秋~冬の熊鍋(月鍋)も絶品なんですよ。
最初、女性陣は「熊を食べに行こう」とお誘いしたら怪訝な表情をされますが、大概はリピートされています。^^
地産ジビエを味わえる数少ない和のオーベルジュですので機会があれば是非どうぞ。
私たちは年に3回、お伺いしています。次回は2月訪問です。^^

さくちゃん様

貴重な情報をありがとうございます。
熊鍋ですか! ∑(゚∇゚|||)
熊はまだ食べた事がないです・・・^^:
熊と聞くとちょっと抵抗がありますがリピートされるということは
美味しい証拠ですね。
機会があれば、熊鍋も試してみたいと思います。
次回は2月ですか。雪景色ですね!きっと☆
参考にします。
又、色々教えてくださいね。宜しくお願い致します!!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/32426413

この記事へのトラックバック一覧です: アレンジ!ビワイチ・ドライブと「すし慶」:

« 京都伏見 | トップページ | ローム・イルミネーション2009 »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ