« 「旅28」-5 洞川温泉・後編と帰り道 | トップページ | 晩秋の京都・後編 »

2009年11月27日 (金)

晩秋の京都・前編

0911_006

昨日11月26日(木)の朝、出勤前の夫が「堀川の銀杏が素晴しく綺麗やから写真
撮りに行くなら送ったるで」と言ってくれたので行ってきました。

昨日は朝から晴天で、太陽の光を一杯浴びた銀杏は素晴しく綺麗でした。

※下の 続きを読む をクリックお願い致します。

『銀杏並木』 (上京区堀川寺之内~堀川紫明通り)

0911_005_2

此方の場所は上京区堀川通り寺之内の歩道橋から撮った堀川通りです。

0911_015

ふかふかの黄色の絨毯です。

0911_007

『宝鏡寺周辺』 (上京区寺之内堀川東入百々町)

0911_020

此方の白塀越しの紅葉のお寺さんは人形寺で有名な「宝鏡寺」さんです。

0911_038

0911_036

上2枚は、宝鏡寺さんのすぐ側の「毘沙門天」です。

『本法寺』 (上京区小川通寺之内上ル本法寺前町)

0911_048

本法寺山門・日蓮宗の本山

0911_043

本法寺さんの桜の紅葉は終わっていました。

0911_065

此方も本法寺さんです。建物の奥に見える紅葉が綺麗でした。

0911_047

『茶道の町』 (上京区小川通寺之内上ル)

0911_056

本法寺さん山門の前の小川通は、とても京都らしい趣があります。
この辺りは茶道の町なんですね。京都に住んでいながら知りませんでした。
道路が濡れていますが、雨が降ったわけではなく「打ち水」によるものです。

0911_051

表千家 不審庵

0911_062

裏千家 今日庵

『紫明通り』

0911_077

0911_080

紫明通り「せせらぎ公園」も赤や黄色と綺麗です。

0911_081

0911_087

0911_085

『賀茂川』

0911_089

紫明通りを東へ東へと向うと賀茂川に突き当たります。
正面に比叡山が見えます。

0911_091

賀茂川の川沿いを上賀茂神社まで歩く事にしました。
近くの学校のマラソン大会でしょうか?子供たちが一生懸命に走っています。

0911_098

北大路橋の紅葉が綺麗でした。

0911_099

アオサギとシロサギが微妙な距離を保ちながらエサを狙っているようです。

0911_110

0911_113

いつの間にか冬の使者「ユリカモメ」が渡来してきていました。
もう、秋も終わりです。

0911_115

五山の送り火のひとつ西賀茂船山の「船形」が見えてきました。

0911_119

0911_122

御園橋です。
上賀茂神社が見えてきました。

いや~ここまでよく歩きました。
写真を撮りながらではありますが3時間半、歩いた事になります。
少し疲れましたが、この後、上賀茂神社や町並みを見て歩きました。

                                「晩秋の京都・後編」へつづく

                             ※散策日:2009年11月26日(木)

« 「旅28」-5 洞川温泉・後編と帰り道 | トップページ | 晩秋の京都・後編 »

京都散策と京都の話」カテゴリの記事

コメント

ニャンさん、こんばんは。

あちこちの紅葉、料理、温泉・・
楽しませていただきました。

また、ほとんどリアルタイムの京都の紅葉も、GOOD!でした。
「・・・送ったるで~・・」も、印象的でした。

開田高原はもうすぐ、雪景色になると思います。
今朝は、ちょっとした霧氷でした。
楽しみです。

また、おいでください。

田中進様

こんばんは。ありがとうございます。
開田高原はもうすっかり冬ですね。雪景色が楽しみです。
でも、住んで居られる方は大変でしょうね。

昨日の京都は19度近くまで気温が上がり
テクテク歩いていた私は汗をかいてしまいました ;^^;
今年の紅葉は足並みが揃わず、なかなか赤一色という訳にはいかないようですが、
その分、紅葉のグラデーションが楽しめました。

ブログを全て日常言葉(関西弁+京言葉)で書いてみたいと思うことがありますが、
通じないかも・・・と思いできずにいま~す。

今年中に開田高原へお邪魔できそうです♪♪


思わず息を呑む とはこの事かと思う美しさ!
冒頭の写真で釘付けに成ってしまいました。構図もピントも露出も最高!いやいや驚きました。
京都にお住まいでなければ知らずにいるなんでもない風景なのに何所もかも素晴らしい。
羨ましい限りです。

よし坊様

こんにちは。
そんなに褒めていただくと照れますが、めちゃくちゃ嬉しいです♪
ありがとうございます ^^☆
銀杏は素晴しく美しく、しばらくは写真を撮る事も忘れ見入ってしまいました。
京都に住んでいることが誇りに思えるのは春と秋かもしれません。
何時もは車で通り過ぎてしまう場所もゆっくり歩いてみれば
こんなに素晴しい所があったんだと再発見できるんですね。
これもカメラに凝り始めたお陰かもしれません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/32385926

この記事へのトラックバック一覧です: 晩秋の京都・前編:

« 「旅28」-5 洞川温泉・後編と帰り道 | トップページ | 晩秋の京都・後編 »

フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ