« 嵐山から嵯峨野へーⅡ | トップページ | 2009:しょうざんの紅葉 »

2009年11月 9日 (月)

京都東山

09118_069_2
霊山観音

昨日(11月8日・日)京都は朝から青空が広がりとても良いお天気でした。
「何処かへ出かけようか?」朝食を終えた後、夫が言い出しました。
「何処へ行く?」「久振りに二年坂から三年坂あたりに行ってみようか?」
私はすぐにPCで京都市内の交通情報を見てみました。
まだ、時間的にも早かったので市内の渋滞箇所はありません。
この分だと高台寺さんの駐車場も待つ事なく停められかも・・・。
大急ぎで仕度をし、出かけました。
清水寺周辺の駐車場は既に満杯。
しかし高台寺さんの駐車場はまだ半分ぐらい空いていました。

※下の 続きを読む をクリックお願い致します。

09118_004

09118_005

二年坂へ向う町並みです。
邸宅・町屋・数寄屋など京都らしい景観を保っています。

朝から多くの観光客が押し寄せていました。

09118_008
二年坂より見た町並み

円山公園・高台寺・八坂五重塔・石塀小路・二年坂・産寧坂(三年坂)界隈は「伝統的
建造物郡保存地区」に指定されています。
町並み全体の景観はさほど変わりはありませんが、土産物店や飲食店などが増え、
町屋や数奇屋造りの内装が一新されていたりと昔ながらの古都の奥ゆかしい風情が
失われつつある様な気もします。

09118_011
09118_018 09118_019

三年坂側の料亭「阪口」です。
歴史的佇まいを残し、今は「青龍苑」という複合施設になっています。
勿論、阪口も料亭として営業しています。
他に “よーじや・井筒八ツ橋本舗・イノダコーヒー 他” 8件の店が営業しています。

09118_014
青龍苑・茶室「長嘯庵」

09118_017

庭園は東山を借景にした庭です。草庵形式の茶室も保存されており昔ながらの風景
を留めています。

09118_020

此方は三年坂です。

09118_022

三年坂の石段を登りきった所にあるのが「七味家」。
我が家の七味は、このお店の七味と決めています。
大手メーカーが作っている七味とは全然別のお味です。
山椒が利いており、京風おうどんには欠かせません。
これからの季節、お鍋にもよく合います。

09118_025

今回は清水寺へは行きません。
八坂の塔へ続く道を歩きました。
此方の道は、とても静です。観光客の姿もまばらでした。

09118_027
文の助茶屋・本店

夫が二年坂や三年坂へ行こうと言い出した本当の目的は、文の助茶屋のわらび餅を
食べる事にあったようです。

09118_028
09118_038

私も高校生の頃から通った甘味処です。
十数年?前には高台寺さんの側にお店がありました。

現在の場所に移転後も昔とか変わらぬ風情が保たれており落ち着きます。

09118_036

夫はわらび餅と冷たい甘酒セットを私はグリーンティーとわらび餅のセットを頂きました。

わらび餅の味は昔ながらの味で懐かしいです。
とても美味しいですよ。

09118_041

09118_045_2

八坂庚申堂です。

09118_048

09118_052
ねねの道

09118_053
石塀小路

09118_058
大黒天

09118_064
高台寺

09118_079
高台寺駐車場よりの眺め

09118_074
高台寺駐車場よりの眺め

高台寺さんの駐車場からは京都市内が一望できます。

思っていたより紅葉も進んでいました。

ちなみに駐車場に戻ったら(午後1時前)駐車場は満車で駐車場の空きを待つ車が並
んでいました。

この後、堀川の銀杏を眺めながら京都市北区に向いました。

                                             つづく

                             ※散策日:2009年11月8日(日)

« 嵐山から嵯峨野へーⅡ | トップページ | 2009:しょうざんの紅葉 »

グルメ」カテゴリの記事

京都散策と京都の話」カテゴリの記事

コメント

やっぱり京都に住んでいる人は良いですね。
散歩程度で懐深く京都風情を味わえるんですから。
羨ましいです。
わらび餅も美味しいですが冷たい甘酒はメニューとして冷たく出すんですね!happy01
冷たいと甘みが増して良いんですよ!
生姜の臭いが強くする熱いのをフーフーしながら飲むのも好きですが冷たいのをあえて出すのは憎い計らいです。

よし坊様

こんにちは!何時もありがとうございます☆

我が家から東山(高台寺・清水寺方面)や嵐山へは両方とも車で15分~20分程度で行くことができます。
しかし紅葉や桜の季節は道路が混み駐車場にも困るので、近いのに遠~い場所のような気がしてしまいます ^^;
それでも散歩がてらに出かけると “京都風情があり良い所だわ” とすっかり気分は観光客です☆

私は冷たい甘酒を飲んだ記憶がないのですが、
冷たい甘酒は甘味が増すんですね♪
だから甘党の夫はとても満足そ~うに甘酒を飲んでいたんだ ^^☆
納得です☆

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/32142329

この記事へのトラックバック一覧です: 京都東山:

« 嵐山から嵯峨野へーⅡ | トップページ | 2009:しょうざんの紅葉 »

フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ