« 朝日を眺めている猫?(琵琶湖にて) | トップページ | 秋晴れに誘われて・1 »

2009年10月 8日 (木)

滋賀県近江今津

041

近江今津の浜です。
写真に写っている桟橋からは竹生島や長浜へ向う観光船が出ています。

観光船乗り場のところには「琵琶湖周航の歌」の歌碑が建てれています。
この歌はここ近江今津で生まれた歌なのです。

近江今津は古くから日本海へつながる若狭街道と京都へつながる接点として商業経済の要地として発展してきたそうです。

昨日(10月7日)の京都新聞に載っていたのですが、近年琵琶湖一周がブームになりつつあるんだそうです。
しかも車やバイクではなく琵琶湖の湖岸を徒歩や自転車でまわるというもの。
県も「ビワイチ」(琵琶湖一周の略)と名付け、観光ウォーキングを売り込んでおり、9月には観光名所や眺望スポット、トイレの位置などを紹介する無料のウォーキングマップを発行したところ愛好者からの問い合わせが相次ぎ、半月で約三千部を配布したとか・・・。

ここ近江今津も徒歩で観光すれば結構楽しいかと思います。
車で走ればあっ!と言う間に通り過ぎてしまいますが、四季折々の風景や歴史などにも触れ、のんびりと観光するのもお勧めです。

その近江今津の一部をご紹介したいと思います。

※下の 続きを読む をクリックお願い致します。

124

この崩れた石垣の場所には江戸時代 “金沢藩代官所” がありました。
今津は金沢藩今津領として前田家の支配を受けていたそうです。
浜通りに案内看板もあります。写真は浜側から撮ったものです。

155

浜に沿うように家が建ち並んでいます。

134

家の窓から何時も琵琶湖を眺められ良いですね。
ちょっと羨ましい気がします。

184

「湖の辺の道」という標識がありました。
新しく名付けられたのでしょうか?初めて知りました。

177_2
038

上の写真2枚は湖畔の一番近いところに通っている道で「北国海道」といいます。
北国海道は東海道大津宿(滋賀県大津)で別れ琵琶湖の西岸を北上し敦賀に至る街道です。
今津はその宿場町としても栄えてきたのです。
地元ではこのあたりの道を「浜通り」と呼びます。
浜通りを歩いていると鰻の蒲焼の香ばしく美味しそうなにおいがしてきます。
浜通りの湖魚を扱う店では鰻の蒲焼の他に小鮎の佃煮やもろこの佃煮など美味しそうな湖魚類が並べられています。
私は小鮎の佃煮が好きなんです。美味しいですよ☆
昔ながらの旅館が今もあり、街道の風情が味わえます。

178

曹澤寺(そうたくじ)は加賀前田家と初代藩主利家夫人芳春院ゆかりの禅寺で、小堀遠州作の枯山水の庭園が有名でもあるそうです。

183

この案内看板が建っているところが近江今津と福井県小浜を結ぶ「九里半街道」の起点となる場所です。ここから西に向う街道の名前です。
「九里半街道」は今津と小浜の距離が九里半(約38km)あったことから名づけられたそうです。
「九里半街道」という名は初めてしりましたが、いわゆる “若狭街道” と呼ばれる道になります。

186

こちらは住吉神社です。

042

ラストにもう一枚・・・竹生島を望む風景です。
近年、雪の量も少なくなりましたが、雪が積っている時の景色も素晴らしく美しいです。

近江今津を観光目的地として訪れる人はそう多くはありませんが、ゆっくりと散策し湖畔ならではの風情と風景を楽しむのも良いですよ☆

                        ※散策した日:2009年9月21日(月・祝日)

« 朝日を眺めている猫?(琵琶湖にて) | トップページ | 秋晴れに誘われて・1 »

滋賀県散策」カテゴリの記事

コメント

今晩は!

お写真がますます美しさを際だたせていますね。
版を重ねるたびに輝きを増しているように思います。
素晴らしいですね。

滋賀県の歴史を辿る旅をいつも夢見ていますが、予習
不足がいつまでも解消されなくて困っています。

曹澤寺は特に惹かれました。
前田家や枯山水に興味を惹かれます。

滋賀県は行きたい所だらけです。

ぶー&りん 様
こんばんは。
琵琶湖には、是非行きたいと思ってますので、微に入り細に入り大変参考になります。
「琵琶湖周航の歌」は山登りで、テント泊まりの時に
歌ったレパートリーの一曲です。
名曲ですよね。
 
琵琶湖一周は何キロあるのでしょうね。
この辺でも、十和田湖とか田沢湖とか一周のウオークがあります。
 
宿場町も風情がありますね。

ありがとうございます。

旅空の雲様

おはようございます!

写真を褒めていただき嬉しいです。
ありがとうございます☆

滋賀県は父の転勤で幼い頃の一時期を過した場所でもあり、私にとっては馴染み深いところなんです。
それに京都から日帰りで出かけるには四季折々の自然の美しさや歴史めぐりを楽しむには手軽でいいです。

曹澤寺の枯山水には私も興味があるので、何時か見に行こうと思っています。

この秋、滋賀県の紅葉をブログにUPできればと思っています。

ありがとうございます。

山ちゃん様

おはようございます。
今朝の京都は、暖房を付けようかと思うほど寒い朝をむかえています。
其方はもっと寒いのでしょうね?
風邪をひかれないようお気をつけ下さい。

「琵琶湖周航の歌」は名曲ですよね♪
実家の父は酔っぱらうとこの歌を歌います。
小さい頃から何十回、聞いたことでしょう・・・・。

琵琶湖を一周する湖岸道路という道があるのですが、
瀬田の唐橋を渡るコースで195kmあるそうです。

十和田湖や田沢湖もそろそろ紅葉が見頃でしょうか?
両方とも静かで琵琶湖とはまた違った魅力のある湖ですよね。

余談ではありますが、昨日、琵琶湖に1羽のコハクチョウが飛来して来たそうです。一番多い時期には500羽のコハクチョウが渡ってきます。
コハクチョウと琵琶湖の夕陽を撮るために多くのカメラマンが訪れます。

此方こそ、ありがとうございます。
少しでも旅の参考になれば嬉しいです☆

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/31653815

この記事へのトラックバック一覧です: 滋賀県近江今津:

« 朝日を眺めている猫?(琵琶湖にて) | トップページ | 秋晴れに誘われて・1 »

フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ