« 「旅26」-7 チャオ御岳と御岳パノラマライン | トップページ | 滋賀県・マキノ白谷温泉 »

2009年10月 2日 (金)

「旅26」-8 梅花藻そして夕暮れ

Photo_2
滋賀県・醒ヶ井宿の梅花藻(バイカモ)

今回の旅のラストは、滋賀県・醒ヶ井宿です。
醒ヶ井宿は国道21号線から少し入ったところにあり、中山道の宿場町として栄えてきたところで、今も尚、古い町並みが残っています。

醒ヶ井宿に立ち寄ったのは、梅花藻(バイカモ)を見るためです。
梅花藻は7月~8月頃に梅に似た花を咲かせます。
花は白くとても小さいです。
まだ咲いているかなぁ~と思いながら寄ったのですが、一部の梅花藻はまだ、小さな花を咲かせていました。

※下の 続きを読む をクリックお願い致します。

Photo_3

醒ヶ井宿を流れる川は地蔵川といいます。
「居醒の清水」という湧水が流れ込んでおり、とても清らかな川です。
梅花藻は年間を通して14度前後の清水にしか群生しないそうです。
また、この地蔵川には絶滅危惧種に指定されている「ハリヨ」という小さな魚が生息しています。

Photo_4

醒ヶ井宿の梅花藻を見た後、米原駅付近まで来ると町は夕暮れに染まっていました。
見慣れた風景も夕暮れの中で何時もとは違う表情を見せてくれました。

Photo_5

彦根付近のさざなみ街道の夕陽です。
太陽は山に沈む直前でした。

Photo_7

夕陽に染まる雲が帯状に漂い綺麗です。

Photo_6

太陽も沈み、後は家路に向うだけとなりました。
名残の夕陽を見ていると柄にもなく寂しい気分になります。

あ~又、明日から忙しい日々が待っているんですね・・・・。

                                               おわり

                              ※旅した日:2009年9月18日(金)

« 「旅26」-7 チャオ御岳と御岳パノラマライン | トップページ | 滋賀県・マキノ白谷温泉 »

滋賀県散策」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

梅花藻は、山紫水明、水清き国のご褒美の贈り物
のような気がします。
何回見ても心が洗われるような清々しさを感じます。

秋の夕陽 残照 この時間帯は大好きです。
少し前までは、この時間帯を仕事やお酒に費やして
いました。 すごく損をしたような気分です。
秋の色が濃くなるこれからの季節 この時間帯をより
大切にしたいと思います。

お写真 傑作を楽しみにしています。 

旅空の雲様

おはようございます。
お返事、遅くなり申し訳ありません。
昨日は素晴しい秋晴に誘われドライブに出かけておりました。

地蔵川の清い水に咲く梅花藻は心を和ませてくれるような気がします。
環境問題がクローズアップされる中、
美しい川が沢山、蘇る事を願いたいと思います。

秋の夕陽や残照の時間帯は私も大好きです。
これからは、ご自分の時間を思うように過す事ができますね。
羨ましい気がします。
また、素敵なお写真を楽しみにしております。

昨日、日本海で月が昇るのを少しの間、眺めていました。
余りうまく撮る事が出来なかったのですが
また、ブログにUPさせたいと思っています☆

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/31525805

この記事へのトラックバック一覧です: 「旅26」-8 梅花藻そして夕暮れ:

« 「旅26」-7 チャオ御岳と御岳パノラマライン | トップページ | 滋賀県・マキノ白谷温泉 »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ