« 「旅27」-3 神鍋山噴火口 | トップページ | 「宿泊記19」 三吉・かに楽座 甲羅戯 »

2009年10月27日 (火)

「旅27」ー4 神鍋温泉と餘部鉄橋

0910_177
0910_178

ハイキングの後、神鍋温泉「ゆとりぎ」へ疲れを癒しに行きました。
途中、赤い鳥居がありました。
この奥にお社でもあるのでしょうか?
気になるところですが、それよりも早く温泉に入りたいので、先を急ぎました。

神鍋温泉「ゆとろぎ」の正式名は「かんなべ湯の森 ゆとろぎ」というようです。美人の湯とも呼ばれています。

※下の 続きを読む をクリックお願い致します。

0910_179
0910_180

こちらがその温泉施設「ゆとろぎ」です。
林の湯利用料金:大人500円・小人(3歳~中学生)300円
泉質:アルカリ性単純泉

今の時期は林の湯(裸浴風呂)しか利用できませんが、水着着用ゾーンもあるようです。この時は全施設利用で大人1300円・小人(小中学生)800円・幼児(3歳~幼稚園)500円だそうです。

0910_183

林の湯に向うのに長~い廊下を歩いていきます。
レロトな感じが良いです。

0910_185 0910_184_2

此方は「檜の風呂」誰も入っておられなかったので撮らせていただきました。
もうひとつは「林の風呂」と名づけられています。こちらは、レトロ感はありますが、普通のお風呂という感じでした。
両方とも小さいですが露天風呂もあります。日にちにより、この二つのお風呂は男女入替え制になっているようです。

お風呂の中で少々疲れた足をマッサージ、気持ち良いです。

私がお風呂に入ったときには一人入浴中でしたが、すぐにあがられたので浴室は私ひとりになりました。
貸切状態です。
平日の昼間から大きなお風呂を一人占め、贅沢ですねぇ~。
余りにも気持ちがいいので、歌でも歌いたい気分になります♪♪

0910_186

お風呂から上がり、しばし、実った柿を眺めながら休憩です。
静かです。聞えるのはカラスの鳴き声だけです。

まだ時間も早いので、久しぶりに湯村温泉の荒湯と夢千代さんの像を見に行く事にしました。R482を鳥取方面へ向いR9号線にでました。

湯村温泉の荒湯近くの駐車場を探しましたが、駐車場がありません。離れた場所にしか駐車場がないので今日は、車で温泉街を一回り・・・。
昔ながらの温泉情緒が色濃く残り良い感じです。
今日、ハイキングしてなかったら散策を楽しむのですが今日はもう私も歩きたくないです。

湯村温泉から少し行き(鳥取方面)県道47号線へ入り、浜坂方面へ向う途中からR178を通り香住方面へと向いました。

0910_192

私のブログに以前にも登場した餘部鉄橋です。
前回、訪れた時より鉄橋の架け替え工事はかなり進んだように思います。

0910_189

0910_194

地元の方の話によると古い鉄橋は餘部駅に近い方の一部が保存される事が決まったそうです。来年中には新しい鉄橋も出来上がりそうです。

0910_190

海も今日は青く見え、綺麗です。

0910_198

今夜の宿のある柴山まであと少しです。

夕食のお楽しみは「香住かに」です♪

                                              つづく

                            ※旅行日:2009年10月19日(月)

« 「旅27」-3 神鍋山噴火口 | トップページ | 「宿泊記19」 三吉・かに楽座 甲羅戯 »

」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

近畿」カテゴリの記事

コメント

餘部鉄橋の工事はかなり進んだようですね。
昔の鉄橋を一部保存するとは粋な計らいだと思います。
工事中とは言へ現在の鉄橋も見せてもらえたし、前回はいよいよご主人のお姿が現れ出でて益々楽しみが増えました。
想像していたよりずっとスマートでした。

よし坊様

今晩は。
餘部鉄橋の一部と言へ保存される事は、鉄道ファンは勿論の事、
観光される方にとっても喜ばしい事ですよね。
残される鉄橋のあたりに、道の駅が出来るとか、記念館が出来るとか
色々と噂話を聞きますが・・・真相の程はわかりません。
地元にとっても観光資源のひとつなので、何か建てられるのではと思っています。
夫は一時期より体重を7~8kg落としたので
「想像していたよりずっと・・・」とコメント頂いたよ~って報告したら
きっと、大喜びすると思いま~す!ありがとうございます☆

ぶー&りん 様

「美人の湯」というネーミングには惹かれます。
温泉に、1人貸切では、鼻歌が出そうですよね。
以前、私も、1人の時何回かありましたが、
雰囲気によっては、何となく、怖くて早々に出て
来たことがありました。

ウオーキング後には、温泉が不可欠、ーー予後の為に。

餘部鉄橋は話題にもなったし、保存とは、後世のためにですね。

今日は、月2回のリフォームに、行って、座り疲れ
です。早く寝ましょうーと!
おやすみなさい。

旅の道中、お気をつけてね。
ありがとうございます。

山チャン様

おはようございます。
昨夜はゆっくりお休みになられましたでしょうか?
お住まいのあたりは、もう、朝夕かなり冷え込んでいるのでしょうね?

そうなんですよね。
大浴場によっては、ひとりで入るのが怖いなぁ~と感じる事がありますよね。
特に夜や夜明け前のお風呂で一人きり・・・。髪を洗っているとふと感じる人の気配・・・ドッキとすることがあります ^^;;

ハイキングの後、温泉に入って正解でした。
そうでなければ、もっと筋肉痛になっていたかも・・。

はい!道中気をつけて旅をしたいと思います。
ありがとうございます☆

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/31947430

この記事へのトラックバック一覧です: 「旅27」ー4 神鍋温泉と餘部鉄橋:

« 「旅27」-3 神鍋山噴火口 | トップページ | 「宿泊記19」 三吉・かに楽座 甲羅戯 »

フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ