« 「旅27」-2 神鍋高原 | トップページ | 「旅27」ー4 神鍋温泉と餘部鉄橋 »

2009年10月26日 (月)

「旅27」-3 神鍋山噴火口

0910_176

10月19日(月)ホテルをチェツクアウトした後、神鍋山噴火口へハイキングに行きました。歩く事の苦手な夫は最後の最後まで噴火口へのハイキングを拒否していましたが、噴火口まで徒歩30分と聞き登る気になったようです。

車は道の駅「神鍋高原」の裏側にある駐車場に停めハイキング開始です。

※下の 続きを読む をクリックお願い致します。

0910_095

神鍋山は氷ノ山後山那岐山国定公園の区域に指定されています。
標高469.5m。約2万年前の火山活動でできたスコリア丘だそうです。

駐車場を出発してすぐにどのコースを登ればいいのかわからなくなりました。
丁度、地元の方がいらしたので道を教えてもらいました。
夫は「どれくらい時間がかかりますか?」と確認しています。
「此処から40分ぐらいかなぁ~。老人クラブのウォーキングコースにもなっていますし、道も舗装されているので登りやすいですよ」と返事が返ってきました。
40分かかると聞いて夫は話しが違う~~と思ったようです。
顔にそう書いてあります ^^。

0910_096

教えていただいたように道は舗装されており、比較的ゆるやかな坂道で歩きやすいです。
お天気は良いし気持ちがいい~。

0910_097

木々の合間からのどかな風景が見えます。

0910_100

道はこんな感じで舗装されています。
途中、一台の車が私達を追い越していきました。
「な~んや、車でいけるんや!車で登ればよかった」と夫はブツブツと文句を言っています。私は聞えない振りです・・・。

0910_099

振り返れば昨日宿泊したホテルが森の中に見えました。

0910_106

松の木に巻きついた蔦??の葉が紅葉しています。

0910_107

0910_109

結構、登ってきました。
田園風景が見えます。

0910_110

私達の後ろから三人の方が登ってこられました。
「こんにちは」と挨拶を交わした後、「後どれぐらいで噴火口につきますか?」と夫はまたまた尋ねています。
「後、10分ぐらいかな?自分のペースでゆっくり登ってきてください。うえは気持ちがいいですよ。」と言い私達を追い越して行かれました。

0910_111_2

上の写真の紅葉している木は桜の木です。

0910_118

噴火口まで後、僅かです。

0910_114

到着しました。神鍋山噴火口です。

0910_113

噴火口は周囲約750m深さ40mで擂鉢状の草原になっていました。
噴火口=岩がゴロゴロとて荒涼たる景色を想像していましたが、実際には何とものどかな優しい感じの噴火口でした。

此処まで我が家は約40~50分かかりました。
「僕にとってはハイキングではなく登山だぁ!」と夫は汗を拭いています。
ゆるやかな坂道ではありましたが、結構、汗もかきました。
でも、私は気分爽快!!
空は青いし、空気はいいし、見晴らしもいいし・・・。

0910_127

噴火口の周囲を沢山の方が歩いておられるのが見えます。
でも、我が家は周囲を歩かずに別のルートを行くことにしました。

0910_132

噴火口をのぞけば一面のススキです。
ススキの名所としても知られているそうです。

0910_133

先程、休憩した展望台が見えました。

0910_134

神鍋スキー場のゲレンデです。
後ろを歩いていた夫が急に走り出しました。
「お~い。どうしたの~?急に走ったら危ないよ~~!」
夫は手を振りながら急斜面を一気に駆け上っていきました。早っ!!

0910_138

やっと夫に追いつきました。
「どうしたん?急に走り出すからビックリするやん」と聞くと「僕もまだまだ走れるな」とご満悦。夫は学生時代は陸上をしており、ちょっとは名の知れた選手だったのです。
その頃の事を思い出し走りたくなったのでしょうか?

上の写真は「一本松」です。

0910_150

空気が澄んでいるので遠くに連なる山々まで見えました。

0910_152

神鍋発祥之碑です。
先程、出会った三人組の方が此処でお弁当を食べておられました。
その方達に此処からのお勧めコースを尋ねるとゲレンデを下りていくコースが気持ちが良いですよとの事・・・。
そのお勧めのコースを下りていくことにしました。

0910_153

ゲレンデを下りていく夫です。
登りは私の後ろをノロノロと歩いていたのに下りは早いです、、、、。

0910_155

結構な急斜面ですね。自然と足に力が入ります。
膝がガクガク笑っています・・・^^;

0910_158

このあたりはススキが刈られた後なのか根っこの部分が残っていて歩きにくかったです。

0910_159

木が斜面に綺麗に一列に並んでいて絵になる風景です。

0910_164

0910_166

やっと下まで降りてきました。
ススキが風に揺れています。

ぐるっと一周ハイキング、我が家の足で約2時間かかりました。

馴れないハイキングでちょっと疲れたし、汗もしっかりかいたのでこの後、道の駅に併設されている神鍋温泉「ゆとろぎ」で疲れを癒す事にしました。

                                                つづく

                         ※ハイキング日:2009年10月19日(月)

« 「旅27」-2 神鍋高原 | トップページ | 「旅27」ー4 神鍋温泉と餘部鉄橋 »

」カテゴリの記事

近畿」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、ニャンさん。

お疲れさまでした。

「な~んや、・・・・」と夫はブツブツ・・。私は聞えない振りです・・・。

笑ってしまいました。(失礼!)

どうなることやら!? と思いつつ最後まで、
私もハイキングしたような気分になってしまいました。

温泉の後、いろいろ、おいしかったことでしょう!!

開田高原、今日は一日雨の感じ、
山は雪かもしれません、とても寒いです。。

田中進様

こんにちは。何時もありがとうございますm(_ _)m
京都も今日は一日雨のようです。
今日はかなり肌寒いです。
開田高原はとても寒そうですね。
明日は天気も回復しそうなので、雪の御嶽山が見られるかもしれませんね☆
夫は上りの間、ブツブツ、ブツブツ言ってました^^:
噴火口へ行ったら車が4~5台見え、夫のボヤキも頂点に達しました( ´,_ゝ`)ハイハイ
ハイキングの後の温泉、気持ちよかったです!
運動も行き届き、より一層、美味しい食事でした。
私も自分では若いつもりでしたが、二日後に筋肉痛が・・・・・^^;;


こんばんは。
20数枚もの写真で、行った気分。
悪いけどご主人様の代わりに行きたい!
その日の飲み物と食事は格別だったのではと
思いますね。
森林浴は身体に良いので、天気が良ければ快適そのもの。続きを楽しみにしてます。

今日は。
ご主人の気持ちも解りますよ。特に頂上に車があればイカリも頂点に達します。
道作らずにソットしといてよ!と何時も思います。
上でお弁当食べなかったんですね。美味しいですよ!
すがすがしい気分になり美味しい空気を胸一杯吸い、気持ちのいい汗かいて、さぞ御満足された事と思います。少しずつ距離を伸ばして下さい。
筋肉痛が翌日出るのは若い証拠。歳取ると翌々日以後出ます。

山チャン様

今晩は。
何時もコメントを頂きありがとうございます。
お返事、遅くなり申し訳ありません。
昨日の夕方からPCが固まりつい先程やっと直す事が出来ました。
一時は全てのデーターがダメになるんじゃないかと青くなりました・・。

ハイキングは10年ぶりでしたが気持ちが良かったです。
夫にもそう思ってもらえると嬉しいのですが・・・^^;

でも本当に森林浴は気持ちが良いですね。
改めてそう感じました。

続き長くなるかもしれませんが宜しくお願い致します。

よし坊様

今晩は。
何時もありがとうございます。

私もまさか頂上まで車で行けるなんて思いませんでした・・・。
ちょっとビックリしました。

ホテルの人に聞くと頂上まで30分という事でしたので飲み物しか持って行かなかったのですが、あの山頂からの景色と美しい空気の中、お弁当を食べたらさぞや美味しかっただろうと後悔しました・・・^^;

又、是非ハイキングに出かけたいと思います。

私、まだまだ若いと思ってもいいんですよね ^^☆
ありがとうございま~す♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/31922597

この記事へのトラックバック一覧です: 「旅27」-3 神鍋山噴火口:

« 「旅27」-2 神鍋高原 | トップページ | 「旅27」ー4 神鍋温泉と餘部鉄橋 »

フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ