« 「旅21」 その7-天橋立・文殊荘(風のみどり) | トップページ | 月 -tuki- »

2009年7月 6日 (月)

「旅21」 その8-鯖街道(熊川宿・朽木・大原)食編

096_459
熊川宿・熊川番所

096_461_2
熊川宿の町並み

旅の締めくくりは熊川宿から鯖街道を京都までというコースです。
観光がメインではなく食べる事に重きを置いた結果となりました。
鯖街道と言えば “鯖寿司” を思い浮かべますが、今回のブログには “鯖寿司” は登場しませ~ん ^^

※下の 続きを読む をクリックお願い致します。

096_462

京都府・天橋立から福井県小浜へ向い、まず、目指した先が「熊川宿」です。
福井県小浜市の国道27号線から国道303号線を滋賀県へ向う途中に熊川宿はあります。何時の頃からか若狭鯖街道と呼ばれるようになったルートです。

096_470

車は道の駅・若狭熊川宿の駐車場に停め、町並みを見てまわりました。
今回、熊川宿に寄ったのは、“葛きり” を食べたかったからです。

平日と言う事もあり、宿場内のお店はお休みのところも多かったのです。
観光客の姿もほとんどなく、初夏の太陽が照りつけとても暑かったです。

096_467
葛きり

096_468_2
冷やしぜんざい・葛もち入り

熊川宿は日本三大葛(本葛)の特産地でもあるそうです。
前回、熊川宿を訪れた時に私もはじめて知りました。

一軒のお店でその葛をいただきました。
私は “葛きり” を、夫は冷やしぜんざい・葛もち入りを注文。
葛きりは、冷た~~く冷やされており喉越しも爽やかで、コクのある黒蜜が暑さでちょっと疲れた体を癒してくれました。
夫の注文した冷やしぜんざいを一口、味見・・・。
ぜんざいは冷たく、葛もちはほんわか温かく、面白い組み合わせでこちらもとてもトテモ美味しかったです。

096_473 096_476

096_481
宿場館(資料館)・若狭鯖街道熊川宿資料館

096_471

096_478

古い看板も町並みに味わいを与えていますよね。

096_483

熊川宿の通りは日影が少ないので、暑い日の散策は少々きついかも、、、
しかしながらも山の緑もすっかり深まり、幼かった頃の夏休みに田舎で過した日々、川遊びや昆虫採集など夏の太陽をおもいっきり浴びて遊んだ事をを思いださせるような懐かしい風景がひろがっていました。

096_484

熊川宿を後にし、滋賀県に入ると国道367号線で朽木村へ。
朽木村はオートキャンプや解禁になった鮎釣を楽しみにやってくる人も多いです。
日帰り入浴施設もあります。
長い間、土砂崩れで迂回路を通らなくてはいけなかった国道も修復工事がやっと終わり、狭かった道の所々も今、新しい道が建設中で一区間はその道も通れ、随分、走りややすくなりました。

朽木も鯖寿司が有名ですが、今回は解禁になったばかりの鮎がお目当てです。
安曇川の天然鮎を塩焼きでいただきました。
鮎のほろにがさがとても美味しく、大好きなんです。

096_485

上の写真は志ば漬けで有名な「土井の志ば付け本舗」(本店)の紫蘇畑です。

096_489

鯖街道、食のシメは「土井の志ば漬け本舗」で、お茶漬けを食べる事にしました。

096_486

はい!こちらが「鯛茶漬けセット」です。
鯛は小鯛を塩焼きにしたもので、温かいご飯の上にのせ、刻みのり・青じそ・山葵をのせ特製の出汁をかけていただきます。
このお茶漬けが酸味のあるしば漬けと良く合います。
食欲の落ちるこれからの季節、サッパリとお茶漬けもいいですよね。

096_488 096_493

上の左側の写真は紫蘇のビールです。珍しいです。

お味は・・・
ビールの苦味がなく少し甘いので、ビールというよりはジュース感覚です。
紫蘇の風味もしっかりします。

旅の最終日は、食べ歩きとなりました。
おいしかった~~。ご馳走様でした。

096_490_2

終わり                                                                

                              ※旅行日:2009年6月19日(金)

今回の旅行行程 ※旅のご参考までに・・・)

[1日目・鳥取県]
智頭宿観光(柿の葉寿司)→白兎海岸(しまめいか)→三朝温泉宿泊とホタル観賞

[2日目・鳥取県~兵庫県]
風力発電見学→魚見台→昼食:白兎海岸(白いか)→海岸線ドライブ→余部鉄橋→かえる島見学→城崎温泉宿泊

[3日目・兵庫県~京都府]
城崎温泉観光→コウノトリの郷公園見学→昼食:網野「とり松」(ばらずし)→丹後半島ドライブ→浦嶋神社見学→天橋立宿泊

[4日目・京都府・福井県・滋賀県・京都府]
天橋立観光→熊川宿観光(葛)→朽木村(鮎)→大原(お茶漬け)

« 「旅21」 その7-天橋立・文殊荘(風のみどり) | トップページ | 月 -tuki- »

グルメ」カテゴリの記事

京都散策と京都の話」カテゴリの記事

北陸」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、ニャンさん。

梅雨らしい天気が続いていますが、お元気そうでなによりです。

いつもながら、よだれが出そうな記事です。(*^_^*)
私の(も?)旅の楽しみの一つは、
その土地のおいしいものを食べること、
そこに、かなりのウェーとを占めています。^_^;

今回の「冷やしぜんざい・葛もち入り」「葛きり」は
今度行く機会があったら是非食べてみたいです。
連れと分け合って・・!^_^;

前回、は輪島~小浜~天橋立~美山~三千院・・・、と
一部逆のコースを通りました。

熊川宿、行ってみたいですね!

今度は、どちらかな~?と楽しみですが、
どうぞ、お車、道中お気をつけて!!

田中進様

こんにちは。
本当に梅雨らしいお天気が続いていますね。
お陰様で旅に遊びに仕事に主婦業にと元気に走り回っております。
お気遣い頂きありがとうございます。

開田高原もここの所、梅雨らしい天候のようですね。
田中さんのブログ及びお写真で開田高原の季節の移り変わりを感じさせていただいております。

旅に出かけたらやはり、その土地ならではの物が食べたくなりますよね。それにその土地の名物をいただくとウキウキしてしまいます ^^☆
田中さんも甘いものお酒と両方、お好きなのでしょうか??
熊川宿に行かれた時には、葛きりや冷やしぜんざいをお試し下さい。

輪島からぐる~っと旅行なさったのですね。
「輪島」とう文字を拝見したら輪島へ行きたくなりました ^^v

はい!車の運転は夫まかせですが、気をつけてこれからも旅を続けたいと思います。ありがとうございます。
田中さんもお気をつけて、素敵なお写真をお撮りくださいませ。
楽しみにしております。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/30299586

この記事へのトラックバック一覧です: 「旅21」 その8-鯖街道(熊川宿・朽木・大原)食編:

« 「旅21」 その7-天橋立・文殊荘(風のみどり) | トップページ | 月 -tuki- »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ