« 「旅21」 その6-ばらずしと浦嶋神社 | トップページ | 「旅21」 その8-鯖街道(熊川宿・朽木・大原)食編 »

2009年7月 3日 (金)

「旅21」 その7-天橋立・文殊荘(風のみどり)

096_458

今夜の宿泊先は天橋立・文殊荘です。
3年前に文殊荘に2部屋の特別室がオープンしました。
夫の希望で、その特別室のひとつである「風のみどり」に宿泊しました。

※下の 続きを読む をクリックお願い致します。

096_303

部屋のテラスルームです。
橋立運河と松並木が見えます。お風呂上り海風を感じながらのんびりできました。
余りの心地よさにコックンコックンと居眠りをしてしまうほどです。

「風のみどり」の部屋は三階にあります。
テラスルーム・展望風呂(半露天)・リビング・和室・ベットルームがあり、贅沢なつくりになっていました。

096_257

部屋の展望風呂です。(温泉ではありません。)
結構広めのお風呂です。
シャワールームも付いています。

096_298

096_286

部屋からは橋立運河・松並木や廻船橋も見え、天橋立の風情が味わえます。

096_270

096_266 096_254
096_268 096_265

リビングシアターです。
この部屋は角部屋になるので開放的な景色が望めます。
夕暮れの刻々と変わる風景を眺めるという贅沢な時を過せました。

リビングにはパソコン(インターネット可能)・5.1chサラウンドシステム、DVD・CDなども用意されています。

096_004

野鳥も大変多いですが、アオザギやシロサギの姿が目立ちます。
サギがエサを狙っている姿を見ているのも楽しいものです。
そんなにのんびりと構えていて獲物は取れるの?と言うほど優雅と申しましょうか、ぼ~っともうしましょうか?海面を眺めています。

096_264

和室です。
夕食・朝食共こちらの和室でいただきました。

096_294

ベットルーム。
写真の右側には小窓があります。横になると丁度目線辺りになります。
こちらのベット、寝心地が良かったです。

096_313_3 096_314_2
096_319 096_320

夕食の一部です。

096_315 096_316

岩牡蠣とトリ貝、こちらは別注文でお願いしました。
トリ貝、この時は養殖しかありませんでしたが肉厚で大きく(普通のトリ貝の5倍程)、旨みと甘味があり、大変美味しかったです。

7月1日からは宮津産の天然トリ貝も解禁になりました。これが絶品なんです。

096_006

夜はこんな感じ ↑ の夜景です。

096_353

あくる朝、松並木の間から朝日が見えました。
松並木越しの朝日、松と朝日のコントラストが美しいです。

096_330

この時期は、早朝から “あさり漁” の様子が見えます。
こういった風景も天橋立の風情を感じます。

096_400

恒例の朝の散歩は橋立運河から廻船橋、そして松並木をぐる~っと歩いてみました。

096_396 096_002_2

運河に太陽の光が反射し煌いていました。
シロザギも朝の散歩でしょうか??

096_424

096_428

松並木にひっそりと海を眺めたたずむお地蔵さんも絵になる風景です。

096_452
知恩寺

「風のみどり」の部屋は開放的で眺めもよく、ゆったりと上質な時間を過ごす事ができました。

                                               つづく
                               ※旅行日:2009年6月18日(木)

« 「旅21」 その6-ばらずしと浦嶋神社 | トップページ | 「旅21」 その8-鯖街道(熊川宿・朽木・大原)食編 »

京都散策と京都の話」カテゴリの記事

宿泊記」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/30299564

この記事へのトラックバック一覧です: 「旅21」 その7-天橋立・文殊荘(風のみどり):

« 「旅21」 その6-ばらずしと浦嶋神社 | トップページ | 「旅21」 その8-鯖街道(熊川宿・朽木・大原)食編 »

フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ