« 「旅・22-2」 三重県熊野市・鬼ヶ城 | トップページ | 「旅・22-4」 和歌山県・太地 »

2009年7月21日 (火)

「旅・22-3」三重県・七里御浜&和歌山県・勝浦温泉

097_079
熊野市・七里御浜海岸

国道42号線の鬼ヶ城トンネル(和歌山方面へ向う)を抜けると長~い浜が続いています。そこが「七里御浜」です。全長22kmあるそうです。

七里御浜は砂浜ではなく、小石が埋め尽くす浜です。
この海岸はアカウミガメが上陸することでも有名です。

※下の 続きを読む をクリックお願い致します。

097_077

七里御浜が見えはじめてすぐに駐車スペースがあったので、浜に行ってみました。
青い海に青い空、海から吹く風は爽やかに感じます。
熊野ならではの海岸線は素晴らしい景色です。

097_086

散歩につれて来てもらったゴールデン・・・のどかな1コマです。
ゴールデンは水遊びが大好きなはずなのに、このゴールデンは波打ち際でジ~ットしています。水が苦手なのかしら?

097_097

熊野の海を満喫した後、絶景の海岸線を走り、熊野川を渡ると和歌山県新宮です。
今日の宿泊地、勝浦温泉までは後少しです。

勝浦温泉での宿泊は久しぶりです。
今日のお宿は「ホテル中の島」初めて宿泊する旅館です。
ホテル中の島は、紀の松島に浮かぶ旅館なので旅館専用の船でしか行く事ができません。旅館の専用駐車場に車を預け、船で5分程度?で旅館に到着です。

097_103

私達の部屋は1号館で海と勝浦の町が見えました。

097_116

旅館の屋上から撮った写真です。
男性専用の露天風呂が見えています。
旅館では釣を楽しむ事もできます。釣れた魚の種類によっては調理していただけ食べる事ができるようです。

097_119

こちらの写真は女性専用の露天風呂です。
女性専用の露天風呂は2ヶ所あります。大浴場と一緒になった露天風呂とこちらの露天風呂だけの入浴施設です。
どちらも海が見え、潮風を感じながらの入浴は最高に気持ちが良いです。
泉質は含硫黄ナトリウム・カルシウム塩化物泉で掛け流しです。

097_123

夕暮れがせまり、各旅館に灯りが灯り始めました。情緒があります。

今回はお得なプラン(1泊2食:11,000円)を利用したので食事はレストランです。
コストパフォーマンスから言うと食事内容は 可もなく不可もなく という所だと思います。
その料理の中で “まぐろの釜飯” は、大変美味しかったです。

朝食のバイキングは品数も揃っていましたし良かったと思います。

097_133

朝早く眼が覚めると海が茜色に染まっていました。
のんびり寝ている場合ではありません。
慌てておきました。夫も目が覚めたようです。

こちらの旅館の敷地内には展望台があると案内書に書かれています。
夫は昨日「歩くのしんどいから展望台には行かへんよ!」と言っていたので、部屋から朝焼けの景色を楽しむしかありません、、、、、、。

その夫が「展望台に行ったら朝日がもっとよく見えるかも知れへんから散歩に行こうか?」と言い出しました。勿論、私は即!賛成!!

展望台は旅館の屋上から遊歩道で繋がっています。屋上から展望台まで450m程のようです。

097_137

450mとは言え登ったり下ったりと結構起伏があります。
鬱そうとした木々の合間から時折、海が見えます。
蝉が元気に鳴いています。
それにしても朝から蒸し暑いです。

097_151

登り始めて中間地点あたりまで来た時、楽しそうな話し声が聞えてきました。
その声の主は大阪から来られたご年配のご夫婦でした。
お喋りしながら足湯を楽しんでおられたのです。
なんとも仲むつまじく、心が和みます。

097_152

やっと展望台に付きました。
お日様を直接拝む事はできませんでしが、朝日に照らされた海や雲が彩りを変えていく美しさを見ることができました。

097_158_2

097_156

今日もいいお天気になりそうです。
散歩でしっかり汗もかいたし、海の見える露天風呂で汗を流しましょう。

                                               つづく

                       ※旅行日:2009年7月12日(日)・13日(月)

« 「旅・22-2」 三重県熊野市・鬼ヶ城 | トップページ | 「旅・22-4」 和歌山県・太地 »

」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

近畿」カテゴリの記事

コメント

新旧PCと格闘して三週間弱。格闘はまだ続いていて正直自分のブログを出すのがやっとです。が、今日はチョット時間が出来久しぶりに皆様のブログを読んで居ます。
ホテル中之島!懐かしい!宿の航空写真を見て一目惚れ。かなり前ですが元日に泊まりました。
今一つある有名なホテルも泊まりましたが中之島の方が落ち着きますね。此所を選んだのは正解だと思います。
何故か我が家は鬼ヶ城をパスしているんですよ。子供が喜ぶところか?と勝手に決めつけていたのがいけなかったようです。
「川蟬」のようですね?雀より大きくてヒヨドリより小さい。
祇園祭は僕も家内も行っていないんですぅ、、、、
行きたいな〜
熊川宿の葛きり 美味しそうですね。僕は甘党ですが葛きりとぜんざいの二者択一なら迷わず葛きり。
越前ガニの超有名な宿予約しました。11月にはブログで・・・
本当に久しぶりでしたが今日は不義理をしてしまった所をハシゴしております。

よし坊さま

こんにちは。
お忙しい中、お立ち寄り下さり、また、コメントを頂きありがとうございます。
新旧PCと格闘中との事、大変ですね。
私は今、新しいカメラと格闘中です ^^;
中の島にお泊りになられたのですね。こちらの旅館を選んで正解だったのですね。よかったです ^^v
あれはやはり「川・」だったのですね。やった!って感じです☆
祇園祭の山鉾巡行も終わったのに京都は今だ梅雨明けしていません。
祇園祭の時期は梅雨真っ只中ですが、何時か是非おいで下さいませ。
越前ガニの超有名な宿・・・何処なのでしょう。
あそこかな???いづれにしてもブログUPが楽しみです☆
でも、皆さん、御予約が早いですぅ、、、、。
あちらのブログの方々も、もう、年末年始の旅行を予約なさったようです。我が家のように行き当たりバッタリ、直前予約では思うように予約が取れないのも当たり前だなと思いました。(反省・・・。)
まだしばらくお忙しい日々が続かれる事とは思いますが
暑い時期ですので体調など崩されませんようにお気をつけ下さい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/30591852

この記事へのトラックバック一覧です: 「旅・22-3」三重県・七里御浜&和歌山県・勝浦温泉:

« 「旅・22-2」 三重県熊野市・鬼ヶ城 | トップページ | 「旅・22-4」 和歌山県・太地 »

フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ