« 「旅19・その7」 国道403と19号線の風景 | トップページ | 「旅20」 丹後半島 »

2009年6月 3日 (水)

「旅19・その8」 5月の開田高原&風里

0952021_059

今年の5月もやってきました開田高原に・・・!
初めて開田高原を訪れたのも5月のことでした。
それから年に数回、開田高原に通い始め、5月には毎年必ず訪れるようになりました。
5月の開田高原は新緑も美しくカッコウの声も聞けるからです。

今年も新緑が美しいです。

※下の 続きを読む をクリックお願い致します。

0952021_060

木曽馬の里、放牧された木曽馬が草を一生懸命食べています。
上の写真の中央に寝ている仔馬がいます。
この仔馬は今年生まれた仔馬です。

0952021_063

お宿「風里」さんの庭です。
今年のお正月に風里さんに宿泊した時にこの庭には越冬できる菜の花の種が蒔かれており、5月には菜の花が咲くと聞いていたのに庭には芽も出ていません。
宿のスタッフの方に聞くと菜の花は失敗したそうです。
土壌が合わなかったのでしょうか???
楽しみにしていたのに残念です・・・・。

0952021_066

今日もお天気が良かったので、御嶽山が綺麗に見えました。

0952021_070

前菜です。
鰻山椒寿司・結びのし梅・真子養老和えなど9品が盛り込まれています。
冬瓜で作った蛙がかわいいです。

0952021_072 0952021_073
天ぷら                     山芋豆腐

今回のテーブルサービスのお料理は山菜などの天ぷらでした。

ここ最近、更年期障害の影響でしょうか?
急にカァーと上半身が熱くなる時があります。
この日の食事中にも急に熱くなり、食事中にお行儀が悪いとは思ったのですが席を立ち外に涼みに出ました。
しばらく外のベンチで涼んでいると宿のスタッフの方が、
「奥様、大丈夫ですか?お席のクーラーを付けましたのでお戻りになられませんか?ご主人様もおひとりで寂しそうです。」と迎えに来てくださいました。
「ありがとうございます。でもクーラーをつけたら他のお客さん、寒くて迷惑になりませんか?」と尋ねると私達の席の上だけクーラーを付けたので大丈夫ですと言ってくださったので、席に戻りました。
こういった気配りが嬉しいものです。ありがとうございます。

0952021_083

翌朝は午前3時半頃に目が覚めました。
起きてからしばらくすると御嶽山が朝日で赤く染まり始めました。
なんて美しいのでしょう・・・。
早起きしてよかったです。

0952021_098

大浴場の露天風呂です。

0952021_102

露天風呂からは白樺林とその奥に小さな滝が見えます。

0952021_100

大浴場です。
大浴場の右手奥に柵が見えます。
あれ?お正月に来た時には無かったはず。
木曽馬でも飼うのでしょうか?
後で宿の方に伺うと牛を飼うんだそうです。
5月に入ってから鶏を敷地内の小屋で飼い始め、今度は牛ですか・・。
こちらの社長さんの趣味のようです。
社長さんは畑仕事もお好きなようで、とうもろこしやかぼちゃなどのお野菜やハーブなども植えておられます。自らも畑仕事をなさっている姿をよく見かけます。
風里さんのとうもろこしは絶品です。昨年は肥料が合わず不作だったんですけどね。
今年はうまく育ってほしいです。とうもろこし、私も夫も楽しみにしているんです。

0952021_114

何時ものように朝の散歩に出かけました。
この日の朝の気温は8度でした。

お天気は良いし、清々しいです。
カッコウの声も聞こえます。
でも、今年のカッコウの声は少々ダミ声ですねぇ~。
カッコウさん、喉の調子が悪いですかぁ~???

0952021_133

ブルーベリー畑と御嶽山です。
ブルーベリーの花が咲いていました。小さな花なんですね。

0952021_111

この花は何でしょう?
鮮やかなピンクが印象的な花です。

0952021_169
九蔵峠からの眺め

風里さんでの時間もあっという間に過ぎ、もう、帰る時間です。
帰りたくないなぁ~。ずっとここに居たいです・・・。

開田高原に来る途中の道路の電光掲示板に「国道361号線、大型車通行不可」と出ていました。土砂崩れでもあったのでしょう。
どうしようかと思いましたが、この道、気に入っているのでいける所まで行ってみよう。それにウチは乗用車だし大丈夫!と国道361号線で飛騨高山を目指しました。

途中 “九蔵峠” に寄りました。こちらの峠の標高は1280メートルだそうです。
御嶽山の全貌が見えます。

0952021_167

上の写真は峠の山側に見られるチャート層です。
かつてはこの場所が海底にあったことを示しているそうです。

私にはただの岩盤にしか見えなかったのですが、お恥ずかしいです・・・^^;

ここに来るまで二箇所の片側通行がありました。
大型車通行不可ってこのことだったの?

いえいえ!違いました。長峰峠を越して国道361号線の日和田高原から濁河温泉に向う県道との分かれ道のところで国道361号線は完全通行止めとなっておりました。
係りの方が居られたので361号線は通れないのかと確認してみると「ネコの子一匹通れません」との答えが返ってきました。
だとすれば、電光掲示板に「361号線、ネコの子一匹通れません」と表示しておいてよ!って感じです。
一応、迂回路もあるということでしたが道幅の狭い山道だそうです。どうしようか?と一瞬迷いましたが、引き返すのもしゃくにさわるので迂回路を通ることにしました。

0952021_184

日和田高原付近の白樺林です。
なかなか良いところです。白樺の新緑が輝いて見えます。

0952021_185

乗鞍岳が見えました。いい眺めです。

0952021_194
高山方面迂回路

チャオ御岳のスキー場との分かれ道までは、二車線ありしっかりした道でした。
ところが高山方面迂回路と書かれた道へ入ると、舗装はされているようですが、デコボコだらけの車一台がやっと通れるというような細い山道です。
うっそうとした森の中を延々と続いています・・・熊に遭遇してもおかしくないような山深い道でした。

途中、本当に高山方面へいけるの?と何度も不安になりました。が何とか無事に迂回路を通り抜け、国道361号線から国道41号線に出て、何時ものように「平成こぶし街道」を通りかえってきました。

今回の旅も終わりました。
海あり山ありと楽しかったです。

次の旅行の行き先はさて何処でしょう・・・・・。                       

                                       「旅19」 おわり

☆後日、開田高原の写真まとめ、サドバーに載せる予定でいます ^^☆

« 「旅19・その7」 国道403と19号線の風景 | トップページ | 「旅20」 丹後半島 »

グルメ・旅館&ホテル」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

開田高原」カテゴリの記事

コメント

最後のシメは、またまた開田高原だったんだぁ。
この前、新聞に木曽馬が紹介されてました。一時は絶滅寸前で、36頭になったとか。
今年生まれた子馬ちゃんも写真が出てましたよ。
オレンジ色に輝く、御嶽山。素晴らしいですね^^
いつか登ってみたいなぁ・・・・。

こんばんは。

お疲れ様でした。

開田高原をフィナーレにいい旅を締めくくられたようですね。
そしたら、もう、次はどこに!?
今はその行き先も決まって、ウキウキ!といったところでしょうか!?

カッコウの鳴き声にはいろいろバリエーションがあるようで、
面白いです。
個体差なのか?その時の気分なのか?
せわしく鳴いたり、の~んびり鳴いたり、
終いには、なかなか連れ合いが見つからず?
声がかすれてしまったり・・・、
気の毒になることがあります。

赤く染まった御嶽山、きれいです。
ここで暮していても、あれだけ綺麗な焼けは
なかなか見ることが出来ません。
あの後、もっと早く起きないと!、と反省^^;(今4時起き)

不安になった迂回路(>_<)があったりでも、
良い旅を無事終えられて良かったです。(*^^)v

こちらは、今、新緑で山菜取りにもいい季節、
昨日から友人が二人、泊りに来てくれています。
岩魚釣り、ワラビ採りなど、楽しまれて、
明日帰られます。

「一宿一飯の恩」と、畑仕事を手伝っていただき、
助かりました~(*^_^*)

こちらは、イノシシ鍋や山菜のてんぷら等を
食べていただきました。

今度は、秋にキノコ採りに来ていただけるようです。
歓迎(*^_^*)

Tombeeさま

おはようございます。
5月の開田高原は外せませんです (^^Ⅴ
最終目的地を開田高原と決め、旅行のプランを立てました。
木曽馬の記事が新聞に載っていたんですね☆
そうなんですね。木曽馬は一時絶滅寸前だった事を開田高原に行くようになり私も知りました。
私達がこちらに毎年来るようになり、毎年のように仔馬を見ているので
少しずつ木曽馬も増えているようです。喜ばしい事です☆
今年、生まれた木曽馬の子は、なかなかの大物?のようで
放牧場のど真ん中で、グッスリ眠っておりました。
日の出前の影絵のような御嶽山が朝焼けに染まっていく様子は
幻想的であり実に美しかったです☆
何時かTombeeさまが御嶽山へ登られたブログを拝見できる日を楽しみにしておりま~す。
(プレッシャーかけちゃいました?スミマセンです ^^;)


田中進さま

おはようございます。
開田高原にお邪魔しておりました。
こちらにお住まいの田中様が本当に羨ましいです☆
私達の聞いたカッコウの鳴き声は、せわしなく鳴いており
声もかすれておりましたので、連れ合いが見つかっていなかったのでしょうか・・・?そう思うと可愛そうです (ノ_-。)

開田高原に泊まると美しい星や流れ星が見たくて何度も夜中に目が覚め、朝は朝で御嶽山に陽があたる景色が見たくて自然と夜が明け切らぬ間に目が覚めてしまいます。
開田高原にお住まいでも、この日のような朝焼けは中々見られないと言う事は、私達はラッキーだったのですね☆
本当に言葉を失うほど美しかったです。
こちらに宿泊すると寝不足になってしまいますが、苦にならないのが不思議です。

ご友人も開田高原を満喫されたのですね。
今度こられる秋が楽しみですね。

私達も今度、開田高原へ行くのは何時になるでしょう??
とうもろこしの収穫頃か、秋頃には行きたいと思っております。
今度、行く日までは田中様のお写真で開田高原の季節の移り変わりや素晴らしい景色を楽しませていただきたいと思います。
何時も素敵な開田高原の写真を拝見でき幸せ気分の私です☆
ありがとうございます☆^^☆

ちなみに次の旅は、丹後半島。
そして蛍です☆

畑仕事ご苦労様です。がんばって下さい☆


こんにちは。
初夏の開田高原も素敵ですね~。
四季折々に楽しめる、お気に入りの宿があるって、いいですね~。
ピンク色の花、なんでしょう?
気になって調べてみましたが、わからなかった^^;
どこかで見たことがあるような・・・。

今度は、どちらの旅ですか?
もう計画は練っているのかしら・・・?

たかきび様

こんにちは ^^☆
開田高原は四季折々に楽しめる素敵なところです。
いつか開田高原に住む事を夢見ている私です。

ピンクの花、なんと言うのでしょうね?
ブログをはじめてから花を撮る事も増え、その度に花の知識がまったくないことにきずきましたです・・^^;
いつも、なんと言う花なのでしょう?と
ブログでは濁して逃げている私ですが、そろそろ花の図鑑を買って勉強しなきゃ、格好が付かないのでは・・・と思い始めております ^^;;;;

先日の日曜日に丹後半島へ定額給付金でいける宿を見つけ、行ってきました。
まだ、写真の整理が付かないのでUPできずにいます。

又、よければお立ち寄りくださ~い☆

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/29912068

この記事へのトラックバック一覧です: 「旅19・その8」 5月の開田高原&風里:

« 「旅19・その7」 国道403と19号線の風景 | トップページ | 「旅20」 丹後半島 »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ