« 「旅・18-7」 瀞峡(どろきょう) | トップページ | 出石から丹後半島ドライブ/その1 »

2009年5月 4日 (月)

「旅・18-8」 和歌山県・湯の峰温泉

150
本宮温泉郷・川湯温泉

4月20日(月)

湯の峰温泉へ向う前に川湯温泉の鯉のぼりを見に寄りました。

大塔川の谷間に湧く川湯温泉。冬には川を堰き止めて造られる仙人風呂が有名な温泉。大塔川には鯉のぼりが泳いでおりました。

※下の 続きを読む クリックお願い致します。

151
部屋からの眺め

今夜の宿泊は、昨年の12月の旅行で宿泊した本宮温泉郷の一つ、湯の峰温泉の「湯の峯荘」です。
もう一度、宿泊しようと思ったのは温泉のお湯が素晴らしく良かったからです。
このお湯に惚れ込んでのリピターも多いと聞きますが、納得の温泉です。

部屋は前回とは違う景色の眺められる部屋を用意してくださいました。

158 159

160

153 156

今回は大浴場を中心にご紹介したいと思います。
大浴場及び露天風呂は男女入替えになっています。

154

今日はとても寒かったので、暖かな温泉が有難いです。
幸いな事に雨も上がり、露天風呂にもゆっくり入れました。

毎日、大浴場の掃除をなさっておられるようですが、温泉が濃いためか湯の花が湯船に沈んでいます。
泉質は重曹硫化水素。源泉が90°と大変熱いため加水はされているようです。
それも、昨年の12月に温泉中継タンクに熱交換器を設置され、その熱でお湯を沸かすようにしたため、温泉の温度が下がり加水の量が減少し、より温泉力がパワーアップしたそうですよ~!
また、熱交換器向上のために温泉タンクを修繕されたそうで温泉が酸化しにくい状態で運ばれるため温泉の鮮度がよりよくなったそうです!!
こちらの温泉が本当に良いので、つい力説してしまいました☆

161

167

翌朝、目が覚めたら雨が降っていました。

173

168 174_2

170

大浴場は男女入れ換えられていました。
こちらの方が、大浴場も露天風呂も少し大きいです。

こちらの温泉は飲む事もできます。
宿のスタッフの方も朝出勤してきたらマイカップで温泉を飲んでおられるようです。
私も温泉コーヒーを飲んでみました。
コーヒーの味がまろやかになるような気がします。
また、お料理にも温泉が使われています。
朝は温泉粥です。温泉に入り温泉を飲み食べとても体に良そう~~。

178 180

わんちゃんの名前はコマロです。大変おとなしい犬です。
こちらの宿には4匹のワンちゃんがいます。4匹家族です。
今日はコマロがお客様をお見送りです。

152_3

↑こちらの和紙には湯の峯荘のおすすめ料理(素材)が書かれています。

湯の峯荘の食事やつぼ湯に興味のある方は私のブログの2008年12月26日「旅・12」権兵衛の里と和歌山県・湯の峰温泉の記事をご覧下さ~い。

3泊4日の旅も終わりました。
今日は雨の中、家路へと向います。
途中、なにもこんなに雨降らなくてもいいのに~~~と叫びたくなるほどの雨でした。

                                                おわり

【今回の旅行・ドライブルート】 ※距離は目安です。

●1日目 京都市内→R24→R369→柳生の里→奈良公園→若草山ドライブウェイ
      →若草山山頂駐車場→宿泊先(平城)         走行距離:約94km

●2日目 宿→若草山ドライブウェイ→R24→奈良県五條でR168に入る→星のくに
      →谷瀬の吊橋→R168→十津川温泉・宿泊先(吉乃屋)
                                   走行距離:約121.7km

●3日目 十津川温泉→R168→十二滝→R168→熊野本宮大社→R168→
      志古乗船場(瀞峡観光船)→R168→川湯温泉→R311→
      湯の峰温泉・宿泊先(湯の峯荘)         走行距離:約47.5km 

●4日目 湯の峰温泉→R311→R168→R42→R23→R165→グリーンロード→
      R1→京都市内                   走行距離:約284.7km

                         全日程・走行距離合計:約547.9km

« 「旅・18-7」 瀞峡(どろきょう) | トップページ | 出石から丹後半島ドライブ/その1 »

」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

近畿」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

瀞峡・・川湯・・の記事、
懐かしく拝見しました。

2年前の秋、友人と琵琶湖から和歌山太地まで、
鯨を食べに行こうツアーで途中寄りました。

特に川湯は熱いところと冷たいところがあり、
「参った~!」ことを思い出しておりますが、
今は、楽しい思い出となっています。

旅は楽しいですね。

静岡のアカヤシオ、・・・(>_<)
今年は残念でした。
今年は例年より、早い27~28日で予定をたてましたが、
予想を超えて、花が早く、もう、終わっていました。
綺麗な写真が撮れず、
お知らせするのも、どうかと思い、
今、となってしまいました。

また、次回の楽しみにとっておきます。

田中進様

おはようございます。
そして、コメントをありがとうございます。
懐かしく読んで頂き嬉しいです。
川湯温泉のお湯は基本的に熱いようですが
仙人風呂は入った事がありません。
熱いところ冷たいところがあると「参った~」となるのは
わかる気がします。
それでも、楽しい思い出になるというのが旅の良い所ですよね。

静岡のアカヤシオ・・・例年よりかなり早かったようですね。
せっかく行かれたのに残念でしたね・・・私も写真が拝見できず残念です・・・・・。来年のアカヤシオのお写真に期待です☆
楽しみにしております。
妻籠の早朝の写真、本来の妻籠の風情があり、とても素敵でした。

開田高原もすっかり春めいていきたようですね。
5月中旬を過ぎてから開田高原に行く予定で、今から楽しみです☆


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/29333402

この記事へのトラックバック一覧です: 「旅・18-8」 和歌山県・湯の峰温泉:

« 「旅・18-7」 瀞峡(どろきょう) | トップページ | 出石から丹後半島ドライブ/その1 »

フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ