« 「旅・17-4」 かんざんじ温泉 | トップページ | 2009 京都の桜景色1 『岡崎・哲学の道・宝ヶ池』 »

2009年4月 3日 (金)

「旅17ー5」 菜の花と四日市のとんてき

093_217
伊良湖の菜の花

3月25日(水)旅行最終日です。

かんざんじ温泉から渥美半島に寄り “菜の花まつり” (開催期間:1月上旬~3月末)を見て帰る事にしました。

朝から降っていた雨も渥美半島に入った頃から急速に回復し、絶好の菜の花見物日和になりました。

※下の 続きを読む をクリックお願い致します。sun

093_210

渥美半島に入ると菜の花畑は点在しますが、伊良湖岬へ近づくにつれ菜の花が国道脇に植えられ “菜の花ロード” が続きます。

093_219 093_211
093_214

菜の花まつり開催中は特産品が売られていたり、菜の花摘みが楽しめてり、2月1日から3月22日までは菜の花のライトアップも行われているようでした。

093_220

伊良湖岬は平日にもかかわらず、観光客の姿が多く見られました。
菜の花と春の海・・・のどかな風景です。

093_222 093_223

伊良湖岬で「大あさり」を食べました。美味しいぃ、、、、。

菜の花と海を満喫した後、四日市へ向いました。

お目当ては四日市名物「とんてき」です。
旅行初日でのご当地グルメ静岡県の「しぞ~かおでん」(静岡おでん)にハマってしまった私達は帰り道でもある四日市でご当地グルメ「とんてき」を食べて帰ろうと思ったのです。
(しぞ~かおでんについての記事は私のブログ「旅・17-2」に載っています。お時間があれば読んでみてください!)

093_228

はい!こちら ↑ がお目当ての「とんてき」です。
ご当地グルメとして近年人気の「とんてき」とは・・・・・分厚くきった豚のロースをニンニクとラードで焼き上げソース味のタレがかかったものをいうんだそうです。
それにたっぷりのキャベツの千切りが添えられているのも特徴のようです。

テーブルに「とんてき」が運ばれてきた時には一瞬 “エ~なんか凄いものが出てきた~” と正直、驚きましたが食べてみると見た目ほどひつこい味付けでもなく、ニンニクの風味とソースの味が決めてだと思いました。
ソースの味はきっと各お店で工夫されているんでしょうね。
某お店で頂いた「とんてき」はお肉がちょっと硬かったです。
ソースは美味しかったので、もう少し、お肉が柔らかければ文句なく美味しいと思います。

ご当地グルメや温泉、菜の花と楽しんだ旅でした。                  おわり

« 「旅・17-4」 かんざんじ温泉 | トップページ | 2009 京都の桜景色1 『岡崎・哲学の道・宝ヶ池』 »

グルメ」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

東海」カテゴリの記事

コメント

仕事一日・・・・遊び旅・・・・うらやましいかぎりですね^^
サラリーマンなら日帰り出張(--; 社長さんは違うなぁ~~~^^
それにしてもグルメ旅・・・大ハマグリ、一瞬アワビかと思ったほど・・・・・・・
こんなに毎日、ええものばかり食べてたらメタボちゃんになっちゃいますよぉ^^

Tombee様

こんばんは。
もう、とっくに夫婦揃って、メタボですよ~~~^^;
なんていっている場合ではありませんねぇ。
Tombeeさんのように歩かなくっちゃ・・ですね☆

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/28924694

この記事へのトラックバック一覧です: 「旅17ー5」 菜の花と四日市のとんてき:

« 「旅・17-4」 かんざんじ温泉 | トップページ | 2009 京都の桜景色1 『岡崎・哲学の道・宝ヶ池』 »

フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ