« 「旅・17-1」 浜名湖の鰻と春の海 | トップページ | 「旅・17-3&宿泊記13」修善寺温泉 瑞の里・○久旅館 »

2009年3月30日 (月)

「旅・17-2」 駿府城跡としぞ~かおでん

093_055
駿府城跡・北御門

静岡県舞阪からR1・R1バイパスを通り静岡市内に入りました。
途中何箇所か混雑していましたが午後3時過ぎに駿府城跡(駿府公園)に到着です。

まずは駐車場を探すためにお堀の周りを車で一周しました。
思っていた以上に大きな城跡なのでチョット驚きました。

※下の 続きを読む をクリックお願い致します。cherryblossom

093_019

駿府城跡の北御門側の地下駐車場に車を停め、北御門から城跡内に・・・・・・。
入ってすぐに綺麗な花がお出迎えです。

093_020_2

駿府城跡は一部、復元されていますが城跡内は公園になっているんですね。

093_022
徳川家康公銅像

093_023_2 093_024

家康公お手植のミカンの木の周りはフェンスで囲まれていました。
側にはタンポポが咲いていました。

093_026

093_041
巽櫓と東御門

駿府公園内には桜の木が多く植えられており気の早い桜がチラホラと咲いていました。

093_046 093_047
桜                         シモクレン

093_049 093_052
こぶし                       柳の新芽

駿府城跡の回りには季節の花が春の訪れを告げています。

093_058
093_072
部屋からの眺め

今夜の宿泊はホテルセンチュリー静岡です。
部屋は最上階の部屋を用意してくださいました。
遠くに海が望め景色が良く夜景も綺麗でした。

今回、静岡市内での宿泊が決まった時から夕食は何を食べようか?とPCで検索してみましたが「これが食べたい」と言うものが見つからず困っておりました。

そこで名案が浮かびました!☆
美味しいものを食したいのであれば 『旅日和・食べ日和・悠湯日和』 のオーナーであるよし坊様に教えて頂こうと思い旅行数日前に “静岡駅から歩いていけて、安くて美味しい郷土料理などのお店を教えてください” と無理なお願いをいたしました。
その時に教えていただいたのが静岡駅南側にある「海ぼうず本店」でした。

最近B1グルメグランプリですっかり有名になった「しぞ~かおでん」(チャキチャキの静岡人はシズオカと発音しなでシゾーカ)と言うんだそうです。
そのしぞ~かおでんがいただけるというので旅行に行く前から楽しみにしておりました。

ところが「海ぼうず本店」は予約で満席・・・。
おもいっきり「しぞ~かおでん」を楽しみにしていたので諦めきれず、京都からこちらのお店が美味しいと聞いて来た・・・などとネバったところ同系列の「駅南酒場」がすぐ側にあることを教えてもらいました。(こちらのお店もよし坊様から聞いておりました)
しかし駅南酒場も予約で満席。
こちらでもネバッてみたところ席を調整してくださいました。

093_064
しぞ~かおでん

と、言う訳でやっと楽しみにしていた「しぞ~かおでん」にありつけました!!
嬉しいです☆
見た目は味の濃そうな “おでん” ですが、おでんの上にかかっているダシ粉との相性が良く、味もちょうど良い濃さでとても美味しかったんです (・∀・)イイ!
特に黒はんべ(つみれをはんぺんにしたもの)は、ほんのりと甘みがあり大変美味しかったです。

093_068
黒はんべフライ

こちらもお勧めだと教えていただいていた“黒はんべフライ”まずはソースを付けずに食べてみました。「おいしい~~!!」 
次はソースをかけていただきました。ソースの辛味とはんべの甘みが交わって最高に美味しかったです。絶対、おススメです!!

093_066 093_065
生しらす                     生桜えび

093_067 093_069
いかの塩辛                    まぐろ

“釜揚げしらす” もお勧めです。と教えていただいておりましたが残念な事にこの日は“生しらす”しかなったのですがしょうが醤油でさっぱりと美味しくいただきました。
他にもつくねやせせりなどの焼き鳥も美味しかったですよ~~☆

夫も「うまい!!」と大満足の様子☆
お酒好きの私は地酒もしっかりいただき、大・大・大満足の夕食でした。
おいしかったです~~ ^^☆ ご馳走様でした!!!

これからはもっと旅行先でしか味わえない地元の料理を食べよう~と夫と二人ですっかり盛り上がリました ^^☆

美味しいお店を教えていただき、ありがとうございました。

                                                つづく

« 「旅・17-1」 浜名湖の鰻と春の海 | トップページ | 「旅・17-3&宿泊記13」修善寺温泉 瑞の里・○久旅館 »

グルメ・料理店」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

東海」カテゴリの記事

コメント

御満足頂いたようで良かったです。しかし予約しないと入れない?そんなメジャーな店に格上げされて居たとは思いませんでした。ハンベのフライは醤油も良いもんですよ。又静岡に来た時もシゾーカおでんを召し上がって下さい。
家康お手植えのミカン、今は柵がして有りますが昔は勝手に取って食べました。今は公園になって居ますが昔は城内中学校があり僕はそこの卒業生です。
広い校庭の真ん中がお手植えミカンで良い遊び場でした。

よし坊様

こんにちは。
美味しいお店を教えていただき本当にありがとうございました。
すっかりしぞ~かおでんとはんべが気にってしまいました。
今度、静岡に行った時も是非、食べたいと思います。
はんべのフライを今度は醤油でも食べてみたいです。
本文中には書ききれなかったのですが、
静岡の方ってあっさりとした人が多いのでしょうか?
駅南酒場で食事中も何組ものお客さんがこられたのですが、
「満席なんです」と言われると「あっそう・・」と言う感じで帰っていかれました。
関西じゃ、ああは行きません。皆さん結構粘りますから・・・・ ^^;
それにお店の中も皆さん、お酒を召し上がっているにもかかわらず、意外と静かに飲んでおられる事が印象的でした。

“家康公お手植えのミカンを勝手に取って食べました”と言うもの凄いですが、食べられる状況にミカンがあったと言うのも凄い話ですw(゚o゚)w
凄い歴史的ミカンですよぉ~~ 。
以前は中学校があったというもの驚きです。
そしてその中学校の卒業生とは・・・☆

静岡市内も良いところですね。また、是非、行きたいです☆

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/28831578

この記事へのトラックバック一覧です: 「旅・17-2」 駿府城跡としぞ~かおでん:

« 「旅・17-1」 浜名湖の鰻と春の海 | トップページ | 「旅・17-3&宿泊記13」修善寺温泉 瑞の里・○久旅館 »

フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ