« 「旅・15」和みの四国旅行ー4 | トップページ | 「旅・15」和みの四国旅行-6 »

2009年3月 6日 (金)

「旅・15」和みの四国旅行ー5

2月24日(火)

今日は朝から雨です。どうも天気がすっきりしません。
旅行中毎日、雨に降られています。

高知城とはりまやばし

今日は雨が降っていなければ高知城とはりまやばしを観光しようと思っていましたが、結構雨脚が強いので高知城の真下まで行き、観光は次回のお楽しみです。
「はりまやばし」は国道から見るだけでも充分です。

♪土佐の高知のはりまやば~しで 坊さ~ん かんざし 買うを見た~♪
歌にもでてくる有名な「はりまやばし」・・・。
初めて はりましばしを見たとき “え~うそ~!こんな小さな橋なん?” と拍子抜けした記憶があります。(高知の皆さんごめんなさい)
夫にその時の感想を告げると反対にその小ささに興味を持ったようで、2度もはりまやばしの見える国道を通るはめになりました・・・^^;
夫の感想は “ほんまやなぁ~。小さいわぁ~” でした。でも、きっと忘れない橋だとも言いました。

※下の 続きを読むを クリックお願い致します。bottle

高知市内から国道32号線を走り、香川県こんぴら温泉郷を目指します。
高知県南国市を通り過ぎると国道はカーブの連続です。

剣山国定公園 大歩危・小歩危(徳島県)

09221_231_2
大歩危(おおぼけ)

大歩危・小歩危は国道32号線沿いにあります。

以前から来てみたかった「大歩危・小歩危」です。
雨も上がり青空も見えてきました。ラッキー☆

09221_233 09221_232

道の駅・大歩危から景色を楽しむ事にしました。

09221_234 09221_235

大歩危・小歩危の渓谷の川は吉野川です。
2億年もの年月を経て吉野川の激流に削られできた渓谷だそうです。
自然の力って凄いです。

大歩危・小歩危の名前の由来は、読んで字のごとく、大股で歩いても小股で歩いても危ないという所から付いた名前のようです。

0922112_003

夏は深緑、秋は紅葉の名所として多くの観光客が訪れるようです。
遊覧船も出ているようですが今日は時間がないので次回のお楽しみにとっておきます。

川の向こう側に電車の線が見えます。
よく見ると凄いところを電車は通っています。こちら側から見ると少し怖い気がします。

0922112_002 0922112_004

道の駅には何故か妖怪漫画「ゲゲゲの鬼太郎」のお土産物が多く売られています。
何故なんだろう?
疑問はすぐに解決しました。
「ゲゲゲの鬼太郎」に出てくる妖怪 “児啼爺(こなきじじい)” の故郷とされていると説明文がありました。ふ~ん、そうなんだー。

0922112_008 0922112_005

上の写真のようなつり橋を見つけたのでちょっと写真を撮りました。
つり橋を少し渡ってみましたが、こわ~~い!のでほんの数メートルで引き返しました。

善通寺

琴平についてから、四国八十八ヶ所霊場七十五番札所・善通寺さんへ行きました。

0922112_010

0922112_015 0922112_016

善通寺さんにも多くのお遍路さんが来ておられました。

0922112_017

善通寺さんは平成18年に創建1200年を迎えたそうです。

0922112_018 0922112_021

善通寺さんをお参りした後、門前の商店街を少し歩いてみました。

0922112_023

門前の商店街は、ほとんどシャッターが下ろされています。
誰も歩いてもいません。寂しい感じ・・・。
火曜日が定休日なのかしら??

ちょっと腹が立ちました、お土産店さん!

旅館にチックインした後、デジカメのチップが調子が悪いので、旅館でカメラ店さんの場所を教えていただきチップを買いに出かけました。
私が聞き間違えたのでしょうカメラ店がみつかりません。
ある一軒のお土産物店でカメラ店さんの場所を尋ねてみました。
すると店の女性は・・・・
「ウチの店以外の事はわかりません!!」 怒ったような声で返事が返ってきました。
ここに来るまで、何処で何を尋ねても皆さんとても親切に教えてくださったのに、四国の方は優しい・・・と感激していたのに・・・。
何、その返答の仕方は!! 商売してるんだからもう少し言い方があるでしょうに!
めったに腹が立たない?私もさすがにムッ!としました。
とまぁーこんな事もありましたが、無事デジカメのチップも買えました。

こんぴら温泉郷・紅梅亭

09221123_005 09221123_003

今夜の宿は、こんぴら温泉郷の紅梅亭さんです。
庭に綺麗に梅が咲いていました。

0922112_026 09221123_017

私達の部屋は8階の露天風呂付き(温泉)のお部屋です。
小さな庭もあり、リラックスできそうです。

大浴場は1階と地下1階との二箇所にあります。両方、露天風呂も付いています。
まずは1階の庭の見える大浴場へ行きました。
ちょうどいい湯加減で庭を眺めながら思いっきり手足を伸ばして・・・気持ち良いです。

夫がお風呂に入っているとスーツ姿の男性がお風呂場に入ってこられたので、「どうしたのですか?」と尋ねると「申し訳ありません。外人のお客様がバスタオルを湯船につけたまま出てこられたと他のお客様から聞きましたので、取りに来ました。」と答えが返ってきたそうで露天風呂を見るとバスタオルとタオルが浮かんでいたそうです。
ありゃまぁ~。
でも、あんな大きなバスタオルを湯船の中でどんな風に使ったのでしょう・・・・・?。
不思議です ^^;
外人さんにもわかるように英語や韓国語等で入浴の仕方が大浴場と部屋のパンフレットにも書いてあったんですけどね。読んでないんでしょうね。
日本に来て温泉に入るならそれぐらいのルールは勉強してきてほしいものです・・^^;

09221123_009 09221123_010
瀬戸内産鮑の踊り焼               特選和牛ステーキ

夕食は部屋でいただきました。お料理はチョット贅沢に特選料理でお願いしました。
今日は昼食を食べ損なったのでお腹がペコペコです。
食べるのに夢中で夕食は上の写真2枚しか撮っていません。
他に伊勢海老姿造りやとら河豚てっちり鍋、てっさ等々、私達の好物ばかり嬉しくなります。
ごはんは、カニかやくご飯に伊勢海老の赤だし☆大・大・大満足です。美味しかった~。

ここ数日、よく歩いたのでマッサージを二人並んでお願いしました。

お腹は一杯、マッサージで疲れも取れ、今夜もぐっすり眠れそうです。

                                                つづく

« 「旅・15」和みの四国旅行ー4 | トップページ | 「旅・15」和みの四国旅行-6 »

グルメ・旅館&ホテル」カテゴリの記事

四国」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~。
「はりまやばし」確か、外国の監督さんで映画になったとか、新聞で読んだ記憶があります。
以外に小さいんですね。
映画とともに、興味あります。

今回も超リッチな宿泊ですね~。
お料理の素材が・・・、ビックリなものばかり・・・!!!
二人並んで、マッサージ、気持ちよさそう!

たかきびさん
こんにちは~☆
「はりまやばし」映画になったんですか。どんな映画なのか興味があります。
今度、ゆっくり調べてみよぉ~って気になりました。
小さいけれど一度見たら忘れない橋です ^^☆
お料理、美味しかったです☆♪
私、結構肩こりが若い頃からひどいんで、マッサージは旅行に出かけた時の楽しみのひとつです。
エステとかあまり興味なくって、それより肩の凝りとって~~!って感じです^^; なんだか色気のない話ですよね・・^^;;・・・・

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/28452369

この記事へのトラックバック一覧です: 「旅・15」和みの四国旅行ー5:

« 「旅・15」和みの四国旅行ー4 | トップページ | 「旅・15」和みの四国旅行-6 »

フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ