« 「旅・15」和みの四国旅行ー1 | トップページ | 「旅・15」和みの四国旅行ー3 »

2009年3月 1日 (日)

「旅・15」和みの四国旅行ー2

092211_002
明石海峡大橋

2月22日(日)

ホテルで朝食を済ませて午前8時過ぎホテルを出発しました。
何時もの旅なら出発地点から到着地点までのおよその距離を調べてから旅に出るのですが、今回は旅行地の急な変更のため距離がまったくわからないので早いめにホテルを出発しました。

国道2号線で明石大橋の真下まで行き県道を通って布施畑ICから神戸淡路鳴門自動車道へあがりました。
高速は退屈なので淡路島に渡りすぐの淡路ICで高速を降り一般国道を走る事にしました。

明石大橋を渡る度にいつも思うこと・・・・。
通行料金が高すぎます。布施畑IC~淡路ICまでわずか15.1キロで2,450円です。
日本一高い高速の橋料金です。

※下の 続きを読む をクリックお願い致します。car

天気予報では午後3時頃から雨の予報でしたが、今はまだ良いお天気です。

09221_009 09221_011
淡路島側から見た明石大橋         淡路夢舞台付近

気温は高めで春霞のような景色です。
道路は空いているし、海を眺めながらの快適なドライブです。
鳴門大橋を渡るのに淡路島南IC(鳴門大橋に一番近いIC)から高速に上る予定でいましたが、この日、南あわじ市内の国道はマラソンのため通行止の看板が出ています。
仕方ないので洲本ICから高速に上がり徳島県・鳴門ICで高速を降りました。
洲本IC~鳴門ICまでの高速料金は1,900円でした。

09221_012 09221_013
鳴門海峡大橋                  徳島市内

高速を降りると国道11号線に繋がっています。そして国道55号線へ入ります。
後は徳島県宍喰(ししくい)まで、国道55号線をひたすら真直ぐです。
行きかたとしては実に簡単です。
徳島に入った頃から天候は下り坂・・・雲が出てきました。

09221_015 09221_017
道の駅「公方の郷なかがわ」                 

道の駅「公方の郷なかがわ」に寄りました。
写真に写っているアザラシの模型はこの近くの那賀川に2005年11月に現れたアザラシで住民登録上の名前は「那賀川 ナカちゃん」だそうです。
そういえばニュースで見た記憶があります。
ここだったんですねナカちゃんが住み着いたのは・・・。
でも翌年の8月末に死亡が確認されたそうです。かわいそうに・・・。
でも今でもしっかり売られています。「ナカちゃんまんじゅう」

09221_019_2 釜揚げ卵ぶっかけ

お腹が空いてきたので、さぬきうどんのお店に入りました。
釜揚げ卵ぶっかけシンプルですがその分、味のごまかしが利きません。
とても美味しかったです。一緒に頂いたスダチの効いたいなり寿司も美味しかったです。

予定より早く宍喰につきました。チェックインには早すぎます。

重い雲も立ち込めていますが室戸岬まで行くことにしました。

室戸岬観光

09221_028_2 09221_023_2
                     室戸岬灯台

駐車場から室戸岬灯台への道はかなりの坂道を登り下りします。
見えてきました白亜の灯台が・・・。
室戸岬の観光案内の方に伺った話ですが、太平洋戦争末期頃、灯台は銃弾を受けレンズが破損したそうで、灯台を守るために灯台を草で覆ったそうです。
そのときの写真が観光案内所に飾られていました。
今でも灯台には弾痕が残っているそうです。
それよりも以前にも室戸台風によりレンズが破損し修理を行ったそうで、灯台にもつらい過去が刻まれている事を知りました。

09221_029 09221_031
09221_039 09221_032
09221_040 09221_047

上の写真6枚は室戸岬にある四国八十八箇所霊場の第二十四番札所・最御崎寺(ほつみさきじ)です。
徳島県に入り感じた事はお遍路さんに対し手厚いおもてなしや配慮がなされている事に正直驚きましたし、ひとりで遍路道を歩いている人の多さにも驚きました。
最御崎寺には多くのお遍路さんが参られていました。
この方たちは、おそらく観光バスで来られてのでしょう・・・。

09221_051 09221_052
         弘法大師が寝起きをしたとされる御厨人窟(みくろど)

09221_053
         弘法大師が悟りを得たとされる神明窟(しんめいくつ)

弘法大師が悟りを開いた二つの洞窟です。この洞窟は並んであります。
ここから見える空と海に感銘を受け、自ら空海と名乗ったといわれています。(ガイドブックより抜粋)

09221_060 09221_059
09221_058 09221_055

小雨が降ってきたので今日の観光はここまでです。
ホテルへ向いました。

HOTEL RIVIERA ししくい

今夜の宿は「HOTEL RIVIERA  ししくい」(ホテル・リビエラ・シシクイ)です。
徳島県宍喰の道の駅と隣接しています。
ホテルに着いた頃には大粒の雨になりました。

ホテルの中は日帰り入浴(宍喰温泉)の人で混雑しています。
ホテルの方の話によると今日(22日)宍喰でフルマラソンが行われたそうで、マラソンに参加された方々が日帰り入浴に多く来られているようです。

温泉は掛け流しではありませんが、化粧水風呂に入っているようにツルツルします。
大浴場からは海も見えます。

09221_064 09221_066
お造り                      阿波尾鶏とアオリ烏賊塩焼き
09221_067 09221_068
伊勢海老と地魚のすき焼き         伊勢海老天麩羅
09221_069

←伊勢海老味噌汁

お料理の写真は会席の一部です。

夕食は1階のレストランでいただきました。
全11品のお料理の内、伊勢海老のお料理が5品ありました。
伊勢海老は小ぶりでしたが伊勢海老の天ぷらは食べ応えがありました。
想像以上に美味しかったのが”伊勢海老と地魚のすき焼き”です。伊勢海老の味噌の旨みが溶け出し良い味をだしています。
阿波尾鶏の塩焼きは、肉に弾力があり地鶏独特の旨みのある鶏肉でした。

部屋は広すぎず狭すぎずちょうど良い広さで清潔感があります。部屋からも海が良く見えるので開放感があります。
この部屋であの内容の夕食で1泊2食、15,000円はお得だと思います。

夜に入り雨脚が強まってきました。明日の天気の回復を願いながら眠りましょう。

                                              つづく  

« 「旅・15」和みの四国旅行ー1 | トップページ | 「旅・15」和みの四国旅行ー3 »

グルメ・旅館&ホテル」カテゴリの記事

四国」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/28390590

この記事へのトラックバック一覧です: 「旅・15」和みの四国旅行ー2:

« 「旅・15」和みの四国旅行ー1 | トップページ | 「旅・15」和みの四国旅行ー3 »

フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ