« 「旅・15」和みの四国旅行ー5 | トップページ | 「旅・15」和みの四国旅行ー7 »

2009年3月 9日 (月)

「旅・15」和みの四国旅行-6

2月25日(水)

今日も朝から雨です。

09221123_021 09221123_022
09221123_023

部屋の露天風呂に入った後、朝食も部屋でゆっくりいただきました。
朝食も品数が豊富なので朝から少し食べ過ぎたようです。

今日は、そう移動距離もなさそうなので朝食を頂いた後、ひと寝いり・・・・。
こんな時間が非日常的で心地良いんですよね。

午前10時30分過ぎ、雨も小降りになってきたので今回の旅の最終宿泊地である徳島県鳴門市へ向いましょう・・。

※下の 続きを読むを クリックお願い致します。car

国道11号線を徳島県へ向い走りました。
さすがに讃岐うどんの本場だけあって、国道筋にも讃岐うどんのお店が並んでいます。

こう沢山、讃岐うどんの店があるとどこへ入ろうか迷ってしまいます。
それに今回は何の下調べもしていないので、どこのお店が良いのかわかりません。
どうせなら、さぬき市内に入ってから食べようと思い建ち並ぶお店の前を通り過ぎました。

さぬき市内に入ると意外と国道筋に讃岐うどん店が少なく国道の広告看板を頼りに横道に入りました。小さなお店ですが店内は満席、駐車場も満車です・・・。
仕方がないのでもう少し車を走らせていると・・・・・立派な松が建ち並んでいます。
「津田の松原」と看板には書かれています。

津田の松原(瀬戸内海国立公園)

09221123_026_2

09221123_030

ここ津田の松原には3千本の松が建ち並んでいるそうで、樹齢600年を超える松の古木もあるそうです。
夏には海水浴で賑わうようです。
瀬戸内の穏やかな海、そして松林・・・・これでお天気がよかったらもう少しここで松越しの海を眺めていたい気分です。
小雨は降っているし、少し肌寒いです。

うどん元匠

09221123_039 09221123_035

津田の松原を見た後、国道に戻り車を走らせていると一軒のうどん屋さんを発見。
その店に入る事にしました。
駐車場には地元ナンバーの車が多く見られます。

店に入ったのは良いのですが、セルフなのでどうすればいいのかわからずタジタジ・・・。
他のお客さんの様子を見ながらマネてみました。

釜揚げぶっかけを注文し、好みの天ぷらなどを皿に盛り、お会計・・・。
二人で960円ぐらいだったでしょうか?安い!!

食事を終え、店の前で記念撮影。
店から出てこられた男性が「よかったら写真撮りましょうか?」と声を掛けてくださいました。やっぱり四国の人は親切です^^☆

鳴門スカイライン~鳴門公園

09221123_043

 ↑ 鳴門スカイラインからの眺めです。

鳴門スカイライン、見晴らしは凄くよかったのですがスカイライン沿いのドライブインやお土産物店は廃墟と化していました。
近頃ではこのスカイラインを通る車も少ないのでしょうか?

お店で飼われていた犬たちでしょうか?野犬の姿を何匹も見かけました。
飼い主の都合で、捨てられたんですね。可哀想に・・・。

09221123_046
鳴門公園から見た大鳴門橋

09221123_047

↑ うず潮です。わかります??

鳴門公園は風も強く肌寒かったのでお土産物を見て歩いた後「大鳴門橋架橋記念館エディ」の施設を見ることにしました。
施設内では、どうして“うず潮”ができるのかという事や橋ができるまでの様子などが映像や写真などで説明されてます。

鳴門グランドホテル

JTBさんのパンフレット「この内容でこの価格!四国」というパンフレットを見つけたので
そのプランを利用しての鳴門グランドホテルの宿泊です。

内容は・・・・。
1泊2食付、特選料理(ふぐてっぴ・ふぐちり鍋・てっさ・ふぐ雑炊)
平日2名1室・ひとり13,200円という安さです。
パンフレットには部屋は山側と記されていましたが海側の部屋を用意して下さいました。
3月からは特選料理の内容がかわるようです。
滑り込みセーフ!大好きな河豚でよかった。

大浴場は最上階にあります。温泉ではありませんが、大鳴門橋や海が見える景色の良い大浴場です。
露天風呂は屋上にあります。小さいですがこれまた絶景なんです。

夕食はレストランの個室でいただきました。

09221123_058 09221123_061
てっさ                       別注文の鯛のあら炊き

09221123_059 09221123_060
                      てっちり鍋

我が家は二人揃って食いしん坊なのでプランの料理だけでは足りそうにもありません。
鯛のあら炊きと鯛のにぎりを別に注文しました。
鯛のにぎり、めちゃくちゃ美味しかったです。

てっちりに付いていた河豚の白子は無理をお願いして、焼き白子にしてもらいました。
焼き白子、口に入れたとたん “ふわぁ~” ととろけて美味しいんですよね。
私の大好物です☆

別注文の料理を頼みましたが、その料金をプラスしても安いと思いました。

09221123_066 09221123_067
09221123_063 09221123_071
09221123_074 09221123_084

食事を済ませた後、2階のフロアーで阿波踊りのイベントがあるというので観に行きました。
夫はず~っと以前に阿波踊りに「○○連」で参加したそうです。
♪ 同じあほなら おどらにゃ そん そん♪ という歌がありますが、会場に行くと「本当におどらにゃ そん そん」という気になると夫は言っていました。

シルバー会?の団体さん、皆さん元気に楽しそうに踊りに参加しておられました☆

                                               つづく

« 「旅・15」和みの四国旅行ー5 | トップページ | 「旅・15」和みの四国旅行ー7 »

グルメ」カテゴリの記事

四国」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
さぬきうどん、セルフで難しいですよね・・・。
私も一度食べたことがありますが、どうして良いやら???
でも、地元の方がうらやましい。
最高に美味しいですよね!

うずしお近くで見てみたいです~。
阿波踊りも、楽しそう!

たかきびさん
こんにちは~。
さぬきうどん美味しんですよねぇ~☆
セルフどうして良いかわからず、私達の後ろに並ばれた方々に「お先にどーぞ。」と言いながら、どのようにするのか観察してしまいました ^^;
鳴門のうず潮を見る観光遊覧船や大鳴門橋から見られるように(徒歩で)なっています。
なかなか迫力がありますよ~♪
阿波踊りもいつか参加してみたいです☆

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/28482163

この記事へのトラックバック一覧です: 「旅・15」和みの四国旅行-6:

« 「旅・15」和みの四国旅行ー5 | トップページ | 「旅・15」和みの四国旅行ー7 »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ