« 「旅・16」思い出の旅 播州赤穂と姫路城・1 | トップページ | 京都の桜景色 »

2009年3月17日 (火)

「旅・16」思い出の旅 播州赤穂と姫路城・2

101_029
2004年4月12日撮影・世界遺産「姫路城」

101_028 播州赤穂から国道2号線で姫路城を目指しました。

姫路城は白鷺城とも呼ばれる美しい城です。

訪れた時は桜の花が満開で、これぞ日本の城!という印象を受けました。

お堀まで来るとアオサギが何やら一点を見つめ微動足りもしません。
人が近づいても逃げようともしないので、はじめは作り物かと思ったほどです。
何をそんなに見つめているのでしょう?

※下の 続きを読む をクリックお願い致します camera

101_030_2

桜がとても綺麗なので、しばらくお花見をすることにしました。
空は青いし、暖かいし・・・ここで昼寝をしたいほど気持ちが良かったです。

夫と二人でのんびりとお花見を楽しんでいると、何やら賑やかな声が聞こえてきました。
おば様たちのグループです。
ひとりのおば様と目が合ったので「こんにちは」と挨拶をしました。
そこから先が大変でした・・・・^^;
おば様たちは、自分たちが何処から観光に来たかとか、昨日は何処へ泊まったとか代わる代わる話をして下さいます。
姫路城の観光を済ませたところらしく、城内がとても広かった事や天守閣からの眺めが良かったとか、播州皿屋敷のお菊井戸があったとか、ひといき話、去っていかれました。
元気なご婦人方です。でも、ちょっと疲れました。

では、その広~~い城内を観に行きましょう・・・^^☆

ここから先は、しばらく写真だけをお楽しみ下さい!
説明したくても、何処を撮ったのかもわかりません。
でも、姫路城内である事だけは、間違いありません・・・・^^;

101_032 101_042

101_043

101_033

101_038 101_040

101_041 101_037_2

ここから先は、天守閣からの眺めです。

101_035

101_036

おば様たちがおっしゃっていたように、天守閣からの眺めはとてもよかったです。
城内もしっかり広かったです。
播州皿屋敷のお菊井戸もしっかり拝見しましたよ。

お天気にも恵まれ、ちょっぴり歴史にも触れた旅でした。 

                                旅行した日:2004年4月12日

« 「旅・16」思い出の旅 播州赤穂と姫路城・1 | トップページ | 京都の桜景色 »

」カテゴリの記事

近畿」カテゴリの記事

コメント

さすがは世界文化遺産、姫路城・・・。ため息が出るほど美しいねぇ。
池田さんが築いた城。大工さんや左官屋さんの腕が良かったんだろうね~ぇ。昔の人はエライ!
白鷺城に青鷺さんとは、これいかに^?^
桜の頃はまた最高ですね。城に桜は良く似合う。。。
播州皿屋敷・・・姫路城が本家本元。番町皿屋敷ってのはあちこちにあるようですね。

Tombeeさん
おはようございます。
姫路城は白鷺城と呼ばれるだけあって本当に美しかったです。
このときは運良く桜も満開でしたので、これぞ日本!という景色を堪能しました~☆
でも、個人的に好きなお城は松江城。Tombeeさんに気を使っているわけではありませんよぉ~ (笑) 本当に松江城、好きなんです♪
恥ずかしながら「播州皿屋敷」と「番町皿屋敷」の二つ?がある事を知りませんでした・・・・^^;;

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/27828471

この記事へのトラックバック一覧です: 「旅・16」思い出の旅 播州赤穂と姫路城・2:

« 「旅・16」思い出の旅 播州赤穂と姫路城・1 | トップページ | 京都の桜景色 »

フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ