« 「旅・15」和みの四国旅行ー2 | トップページ | 「旅・15」和みの四国旅行ー4 »

2009年3月 3日 (火)

「旅・15」和みの四国旅行ー3

09221_071
部屋からの景色

2月23日(月)

午前3時すぎに一度目が覚めたときには、星も見えるほど天気は回復していましたが、あたりが少し明るくなった頃から又、小雨が降ってきました。

天気が悪いわりには波は穏やかです。

※下の 続きを読む をクリックお願い致します。mist

09221_075 09221_076
                      宍喰の町

宍喰の地名のいわれ

宍喰(ししくい)、珍しい地名なので何かいわれがあるのだろう・・・。
私は漢字から推測してみました。海に面した町なので波などで長い年月を掛けて大きな岩に穴があいていたり、虫食いのような削られた大きな岩があるのだろうか??
しかし、そんな岩は海岸線にはみあたらない。

チックアウトの際にフロントの方に地名のいわれを尋ねてみました。
答えはこうでした・・・ししと呼ばれる植物を昔は食べていたからという説と猪(しし)をよく食べていたからという説があるらしいです。という事でした。
私の推測は見事ハズレていました。

09221_079

09221_081

室戸岬そばでとても古そうな神社を見つけました。神社の両脇の菜の花畑が満開です。
菜の花にも種類があるみたいですが、あいにく私はわかりません。
ただ、背が低く花の黄色がとても鮮やかな菜の花です。

09221_082 09221_085
室戸岬                      中岡慎太郎の像

吉良川の町並み(阿南室戸歴史文化道)

09221_119

国道55号線を高知県安芸に向う途中「吉良川の町並み」という標識を見つけたので、散策してみる事にしました。

09221_091

高知県室戸市吉良川町は、海辺の小さな田舎町という感じです。
この町並みは国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。
明治後期より土佐備長炭の廻船で栄えた町だそうです。

09221_092 09221_093
土佐漆喰と水切り瓦

町を散策しているとすれ違う町の方が皆さん笑顔で会釈してくださいます。なんだかとても温かな気持ちになります。

09221_101 09221_106

09221_103

09221_102_2 09221_100

いしぐろと呼ばれる石垣で家が囲まれています。
暴風雨から家を守るための石垣だそうです。

09221_097 09221_095

町を歩いていると上の写真2枚のような竹が家の前に掛けられている家が多く見られます。何なんだろう?

09221_108

この吉良川町では2月28日からひな祭りが行われるようで、お雛様の飾りつけをしておられる様子がガラス戸越しに見えました。立ち止まってお雛様を見ていると家の方が「飾りつけの途中ですがよかったらお入り下さい」と声をかけてくださいました。
その方に家の前に掛けられている「竹」の事を聞いてみました。
お雛様を飾ってあるお宅の印に竹を家の前に掛けるんだそうです。
家の方の許可を得てお雛様を写真に撮らせていただきました。
ふっくらとしたホッペが愛らしいお雛様たちです。

09221_098 09221_099
                 郵便局として使われていた建物

09221_110_2 09221_109_2
          映画“私は貝になりたい”のモデルとなったお宅

お布団屋さんの前を通り過ぎようとした時、お店の叔父さんが飛んで出てこられ声を掛けられました。
「この先にある散髪屋さんは”私は貝になりたい”の主人公の家のモデルになったので是非、見て行って下さい」とその散髪屋さんの写真と映画の家との写真を見せてくださいました。
叔父さんの話によると本当はこの吉良川町で映画のロケをする予定だったらしいのですが、色々と訳があり急きょこの町でのロケは中止となったそうです。
この町並みと散髪屋さんの家をモデルにセットを組んで撮影が行われたのだと説明を受けました。

09221_113_2 09221_114

本当に懐かしく心が休まる町並みです。
この道はお遍路道でもあるそうです。

09221_120 09221_121
                  カフェ&スペース・蔵空間・茶館

110年の土蔵を再生して造られた素敵なカフェをみつけたのでコーヒーでも飲みましょう。

09221_130 09221_128

表通りに面した土蔵の中がカフェになっています。右側写真の庭の奥に見えている建物が宿泊施設になっていて、お遍路さん専用の宿を営んでおられるそうです。
お遍路さんの宿も昔に比べ減っているんだそうです。
店のご主人がお遍路さんの宿を始めると言ったとき、ご近所の年配の方々から「大変だからやめといたほうがいい」と言われたのだとか・・・。
色々な悩みを持ってお遍路さんに出かけてこられる方もいらっしゃるでしょうし、そのあたりは、必要以上に気を使ってしまうかもしれませんね。

09221_125 09221_129

カフェのご主人にお遍路さんや町のことなど色々と教えていただき、随分長い時間、話し込んでしまいました。勉強にもなりました。
笑顔の素敵なカフェのご主人、ありがとうございました。

長い人生、生きていれば山あり谷あり・・・・・。
でも、どうせなら常に前向きに生きて行きたいものです。

本当に吉良川町の人は優しい方ばかりでした。
町を散策していて疑問に思ったことは、この町の方に全て教えていただきました。
色んなことを知り、人の優しさに触れた吉良川町の散策と成りました。
町の皆さんご親切にしていただき本当にありがとうございました。
また、機会があればもう一度是非、訪れたいです・・・。

この日はまだまだ観光しましたが続きは又、後日に・・・・。             つづく

« 「旅・15」和みの四国旅行ー2 | トップページ | 「旅・15」和みの四国旅行ー4 »

四国」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

風情ある町並み」カテゴリの記事

コメント

素晴らしい!!
まず石垣の塀、これが絵になりますね〜。更にそれに囲まれた風景と古風な家、どれもとても落ち着きます。
僕はこんな日本の原風景は好きです。
時間がタップリ出来たら行ってみたいですね。

よし坊さま
こんにちは。ありがとうございます☆
今回の旅行は下調べなしで出かけた旅行でしたが
こんな素晴らしい町並みが見られて嬉しかったです。
よし坊さんのおっしゃるように日本の原風景そのものでした。
私達もこんな町並みが好きです☆
時間がタップリ出来たら是非、行ってみてくださ~い。
本当に気持ちが落ち着きます☆

トワイライトじゃなかったんだぁ。。でも素敵な旅ですね。
突喰。猪突猛進っていうからTombeeは後者だと思うなぁ。
いしぐろ、歩いてみたい通りですね。
吉良川町の玄関先の竹飾りは、花入れだと思います。
観光客をおもてなしするために地元の皆さんがやっておられるんじゃないのかな?

こんにちは。
やはり、運休でしたか・・・。
21日には、吹雪もおさまっていたのですが、残念です・・・。
しかも、てっ展望スイート!!!

・・・っとは言え、四国の旅も素敵ですね。
町並みがとっても、落ち着きます。
お雛様も、可愛い!
計画立てずに出掛ける旅も、思わぬ出会いがあり、いいものですね!

Tombeeさま
こんにちは。
旅行から戻り宍喰のいわれ、もう一度調べてみました。
Tombeeさんのおっしゃるように「猪の説」が一番有力のようで~す。
いしぐろの町並みは、素敵でしたよ☆
Tombeeさんもカメラ担いで歩いてみませんか♪♪

たかきびさま
こんにちは。
とても残念な事に運休でした・・・^^;
鳥海山の景色も楽しみにしていたのに・・・。
吉良川の町、すっかり気に入りました。
素敵な出会いも一杯あったし、美味しい食べ物にも出会い良かったです♪
たかきびさんもこれからしばらく忙しい日々が続きますね。
でも、新たな素敵な出会いが一杯たかきびさんを待っていますよ☆
体調を崩さないよう気をつけて下さいね☆

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/28402929

この記事へのトラックバック一覧です: 「旅・15」和みの四国旅行ー3:

« 「旅・15」和みの四国旅行ー2 | トップページ | 「旅・15」和みの四国旅行ー4 »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ