« 「旅・13の1」 長野県・別所温泉への道のり | トップページ | 「旅・13の3」 冬の開田高原 »

2009年1月 7日 (水)

「旅・13の2&宿泊記・10」別所温泉・花屋

長野県・別所温泉「花屋」

2_037
別所温泉・花屋(回廊)

一泊目の宿泊は別所温泉「花屋」さんです。
純日本建築の趣のあるお宿です。

※下の 続きを読む をクリックお願い致します。confident

別所温泉はお気に入りの温泉地で今回で6回目の宿泊となります。

花屋さんは2度目の宿泊。
いろいろな宿に泊まってみましたが別所温泉の中で我が家の一番好きな宿です。

8_019

2_024 8_021
                        ロビー

玄関を写真に撮るのを忘れてしまいましたが上の写真は玄関を入ってすぐのロビーです。ロビーの窓からは回廊と庭が見えます。
シャンデリアの温かみのある灯りが印象的です。

2_036
回廊

客室は本館と温泉掛流し内風呂付の離れがあります。客室はこの回廊で繋がれています。回廊にはもちろん壁がないので、冬場は寒いですが趣はしっかりあります。
お風呂上りなどには回廊の寒さも適度に熱さを冷ませてくれ気持ちが良いです。

2_044 2_026
客室への廊下                 客室

2_027_2 2_031
                       客室

私達は温泉掛流し内風呂付の離れの部屋を予約しました。
前回も離れのお部屋で、温泉掛流しの内風呂がとても気持ちが良かったからです。

前回の部屋と今回の部屋の趣は異なり部屋に面した庭の趣きも異なっていました。

2_030 2_050
洗面所                     部屋

2_029 8_023
部屋の内風呂                 懐かしの黒電話

部屋の温泉も24時間ズ~ット温泉が注がれています。泉質は単純硫黄泉だそうです。
浴室内は温泉の湯気と硫黄の匂いが良い感じです。
滞在中、4回も部屋のお風呂に入りました。気持ちよかったです☆
部屋の電話はダイヤル式の黒電話。とても懐かしいです。

部屋のコタツに入って、ぼんやりと時を過しているとふと頭に浮かんだのが川端康成の「雪国」・・・雪国は新潟県の湯沢温泉が舞台です。なのに何故かこの部屋の雰囲気が雪国の主人公・駒子を思い出させます。

2_032
露天風呂

花屋さんには大理石造りの室内温泉風呂・展望温泉風呂・そして男女それぞれに露天風呂があります。大理石室内風呂と展望風呂は男女入替え制になっています。

前回宿泊した時には、展望風呂は混浴風呂になっていました。
その時は宿に着いたのが少し遅く客室係りの方が「今、お客様はお食事中の方が多いので、混浴の展望風呂もお二人でゆっくり入れると思いますのでよろしかったらお入り下さい。」との事でした。
私は一瞬どうしようかと迷いましたが夫と一緒だからいいか!と覚悟を決め?混浴風呂へ!客室係の方がおっしゃるように浴室は私達二人だけ・・・。
浴室の中は湯煙がたちこめ、ガラス張りの窓からは川や木々が見えます。
フルムーンのCMみたいと思っているとひとりの叔父様が入ってこられ、一瞬目が合いました。
「こんばんは。失礼します。」とその方は戸惑い気味に言い、慌てて湯船に浸かられましたがすぐに出て行かれました。
こんな時は女の私の方が平然としているというか、一瞬ドッキとはしましたが「まっ!いいか」と思える自分が少々怖くもありました^^;
今回も混浴でも入るつもりでいたのに、少々残念です。混浴というのもそれなりの風情があっていいものだと思うのですが・・・。時代の流れですかね?!

大理石造りの大浴場もステンドグラスがいい味を出しています。

2_052 2_055
2_056 2_057
2_058 2_059
                     お料理の一例

長野県で好きな日本酒「真澄」。食事の時に冬季限定の真澄「あらばしり」をお願いしました。口当たりがとてもいいので、ちょっと飲みすぎたかもしれません。

8_006
二階の食堂

8_013 8_011
二階の廊下からの眺め            二階の食堂

本館二階にある食堂を見学に行きました。レストランではなく食堂と表示されているところが又いいです。
今回、夕食・朝食共にお部屋で頂きましたが、希望すれば本館二階にある食堂で食事ができるそうです。次回、宿泊させていただく時には“朝食は食堂を希望したいね”と夫とはなしておりました。

8_002 2_043

近頃、年のせいでしょうか?
花屋さんのような純日本建築の宿の方がなんだか落ち着きます。
体も心も癒され、のんびり日本情緒を楽しみました。

                                            つづく

« 「旅・13の1」 長野県・別所温泉への道のり | トップページ | 「旅・13の3」 冬の開田高原 »

グルメ・旅館&ホテル」カテゴリの記事

宿泊記」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

甲信越」カテゴリの記事

コメント

広く大きな混浴展望風呂 
入れ替え制ですか〜残念、、、
深い大理石風呂も良いですよね。又行きたいな〜
僕は杏の花を見に行った時泊まりました。
帰りがけに何故か杏のジャムをもらいました。うまかったな〜

よし坊様
こんばんは。
そうなんです。混浴風呂は入替え制になっており夫も残念そうでした。
杏の花、私も見てみたいです☆テレビで見ましたが綺麗でした☆
そう!そう!そうでした!前回、宿泊した時はジャムを頂きました。
あのジャム美味しいんですよねぇ~。
今回は、厄除けのお箸を頂きました。本当はジャムを期待していたんですけどね♪
又、是非奥様と日本情緒を味わいに行ってください☆

こんばんは。
混浴って入った事はありませんが、この前、混浴では女性の方が堂々としていて、男性の方が戸惑っている…というのを耳にしました。まさにその光景ですね。
最近は混浴とか家族風呂があるホテルがあるので、妻といつか行きたいね…って話しています。

ふぐ様
おはようございます。いつもコメントを頂きありがとうございます。
お返事、遅くなりごめんなさい。
混浴もたまには良いものです^^☆混浴というと女性は敬遠しがちですが、それなりの風情があり、入らなきゃ損で~す^^♪
旅行に出かけた時は、やはり、非日常を味わいたいものですよね☆

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/26859306

この記事へのトラックバック一覧です: 「旅・13の2&宿泊記・10」別所温泉・花屋:

« 「旅・13の1」 長野県・別所温泉への道のり | トップページ | 「旅・13の3」 冬の開田高原 »

フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ