« るるるコール | トップページ | 洞爺湖を眺める »

2009年1月28日 (水)

【京都】 詩仙堂・狸谷山不動院

1211111_007
詩仙堂 入口

只今、我が家は半冬眠中!!?
この間の日曜日もテレビ見放題のダラダラ、グーグーの休日を過しておりましたので、何処へも出かけておりません。

何処かへ出かけるまでは、古い記事になりそうですがお許しを・・・^^;

『詩仙堂丈山寺』 しせんどうじょうざんじ

詩仙堂は京都市左京区一条寺門口にあります。
市バス「一条寺下り松町」下車、徒歩5分ほどです。
そうです。一条寺下り松は宮本武蔵と吉岡一門が戦った場所でも有名です。

※下の 続きを読む をクリックお願い致します。bus

1211111_002 1211111_006

詩仙堂を訪れたのは、2年前の3月でした。
この日は観光客も少なく、ひっそりとしていました。
静かな庭を歩いてみました・・・気持ちが落ち着きます・・・。

1211111_003

1211111_004 詩仙堂は正しくは「詩仙堂丈山寺しせんどうじょうざんじ」と言います。

徳川家康の側近、石川丈山が隠居所として建てた草庵です。
石川丈山は90歳までこの草庵で風雅な暮らしをしていたそうです。なんだか羨ましい気がします・・・。

この草庵に狩野探幽に描かせた中国の詩仙三十六人の肖像と詩があることから、いつからか詩仙堂と呼ばれるようになったそうです。

四季折々の花が美しく、紅葉の季節も良さそうです。
それに雪が積もった庭も見てみたいものです。きっと素晴らしく美しいのではないでしょうか・・。

1211111_001_2 1211111_005

詩仙堂を見学した後、さらに山の方角に急な坂道を登っていくと「狸谷山不動院」があります。
私達は詩仙堂の側の駐車場に車を置いたまま坂道を上っていきましたが、かなりきついです。
「狸谷山不動院」は交通安全・自動車祈祷でも有名で、ありました大きな駐車場が・・。
歩いてきた事を後悔しました。

『狸谷山不動院』

1211111_010
狸谷山不動院・本堂

「狸谷山不動院」は「たぬきだにのお不動さん」の名で知られており、交通安全・自動車祈祷のほか、ガン封じ・厄よけ祈願でも知られています。

また「狸谷山不動院」は宮本武蔵が心の剣をみがいたといわれる武蔵之滝があり修行場として信仰されてきたところでもあります。

1211111_011

1211111_012
京都市内

本堂にたどり着くまでに白竜弁財天・お迎え大師・三社明神堂などがあります。

本堂から?だったと記憶しているのですが京都市内が見えます。
どれ程の坂道を登ってきたのでしょう。
境内に入ってからも急な坂道と階段の連続でした。

修行場として信仰されてきたのですから、決して楽な道のりでないのは当然ですね!

                                    観光した日:2006年3月

« るるるコール | トップページ | 洞爺湖を眺める »

京都散策と京都の話」カテゴリの記事

コメント

京都やその周辺は見る所や尋ねたい所が沢山あって良いですね。(冬の寒いのはイヤですが)
で、何時も感心するのは何年か前の事をよく覚えていますね。
脳味噌メモリーが僕の数百倍数万倍有ると思います。
所で、るるコール
便利な物が有るんですね。我が家も留守がちですから良いかもしれません。

よし坊様
こんにちは。今日は京都も暖かいですよ~(久々です)
京都は遠くへ行くのが面倒な時ぐらいしか観光しませんが見るところは多いかも知れませんネ!
私の脳味噌は完全に偏っています^^; 興味のあることや遊びはの事は良く覚えていますが、日常的なことはまるでダメで困っております。
先日も携帯がいくら探しても見当たらず、家の電話から私の携帯に電話してみたら、携帯は冷蔵庫の中で冷たくなりながら着信音を鳴らしておりました・・・とこんな具合です ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ
るるコール、ちょっとうるさいですが留守がちなお宅にはいいですよ~。

どちらも良いところですね。やっぱり京都はがさつな関東とは
何かが違いますよね。
一乗寺下り松の決闘
武藏は吉岡一門の子供までを殺してしまいます。
事実なのでしょうね。
「たぬきだにのお不動さん」は心が和むネーミングですね。


おぉ~~~懐かしき詩仙堂! 仲睦まじい頃のダイアナ妃・チャールズ皇太子が訪れたときの写真があったよぉ。秋篠宮様の写真もね~~~ぇ。東山から哲学の道を通ってずっと歩いていったんだよぉ。京都は車じゃなくて徒歩か自転車がいいなぁ。狸谷山不動院には行かなかったけど、車で来なかったことを後悔しちゃぁいけないよぉ^^

旅空の雲さま
おはようございます。
詩仙堂や狸谷山不動院のある一条寺付近は、NHK大河ドラマ「武蔵」を放送している頃は、大変、賑わっていましたが、私達が訪れた頃には、ひっそりと静かでした。(訪れる時期にもよると思いますが・・)
吉岡一門との決闘の際、武蔵は狸谷山不動院の武蔵之滝から山を駆け下りたとガイドブックに書いてありました。
武蔵にとって子供を殺してしまった事は本意ではなかったのでしょうね。

Tombeeさま
おはようございます。
東山から哲学の道をず~っと歩かれたんですかぁ~、凄い!
山登りで鍛えられたのですね。さすが健脚です☆
しかもカメラを担いで・・?
少しはTombeeさんを見習わなくてはいけませんね!!☆
コメントを拝見してダイアナ妃・チャールズ皇太子が京都を訪れられた時は凄い警備で大変だった事を思い出しました・・・^^。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/27422988

この記事へのトラックバック一覧です: 【京都】 詩仙堂・狸谷山不動院:

« るるるコール | トップページ | 洞爺湖を眺める »

フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ