« 明石海峡大橋と鳴門大橋と立ち寄り湯 | トップページ | 「旅・12」三重県・あのりふぐ »

2008年12月24日 (水)

「旅・12」 越前水仙とあわら温泉

18_004
日本海・越前海岸

12月18日から4泊5日で私の誕生日旅行に行ってきました。
行き先は福井県あわら温泉・三重県わたかの・和歌山県・湯の峯温泉と白浜・・・。

私の誕生日は可能な限り、夫が旅行をプレゼントしてくれます。昨年の誕生日は夫の仕事の段取りが付かずに誕生日旅行へ出かけられなかったので、2年ぶりの誕生日旅行となりました。

※下の 続きを読む をクリックお願いします。birthday

18_008 18_005
水仙                              越前水仙畑

朝、京都を出発した頃は市内は霧が立ち込めていました。滋賀県と福井県の県境あたりから小雨が降り出しました。
北陸方面は雨の予報・・・こんな時に限って天気予報は当たるんですよね。

日本海が見え始めた頃には風は強く、時々薄日は射すものの基本的には雨模様・・・。
鉛色した空に高めの波、いかにも冬の日本海という景色です。

越前海岸の冬の花、水仙がもう咲いていました。3~4分咲きというところでしょうか・・。
道の両脇の所々に水仙の無人販売が置かれています。

ここで少しだけ、越前の水仙にまつわるお話を・・・。
昔々、越前にそれはそれは美しい娘がおりました。この娘に二人の青年が恋をしました。この青年二人はは兄弟でした。娘をめぐり兄弟の間で争いが絶えません。
その事を知った美しい娘は、兄弟同士の争いに心を痛め、自ら海に身を投げたのです。それからしばらくすると美しい花が岸に流れ着き、その花の可憐な美しさは自らの身を海に投げた娘の化身だと村人が越前にその花を植えたのが越前の水仙のはじまり・・・・・という話が伝わっています。
よくある悲恋物語ではあるけれど水仙の花のはかなげで凛とした美しさを目にするたびに、この物語を思い出します・・・。

18_014 18_010

そして冬の越前といえばやはりカニですよね~。店のあちらこちらからカニを茹でる湯気が上っています。
平日の雨となったこの日は、いつものこの時期より車の数も観光バスの数も少なかったので走りやすかったです。越前海岸はまだまだ、道幅の狭いところも多く大型の観光バスが対面から来ると離合困難な所も多いからです。

18_025 18_019
あわら温泉「つるや」廊下                「つるや」客室

この日の宿泊はあわら温泉「つるや」さんです。
あわら温泉は、明治16年に湧出した温泉で比較的新しい温泉地です。「つるや」さんは温泉が湧出した翌年から旅館を営んでおられ、源泉を3本もつ源泉掛け流しの老舗旅館です。
大型の旅館が多いあわら温泉の中で全23室の本格的数奇屋造りの昔ながらの日本旅館で大変落ち着きのあるお宿です。

18_027 18_028
温泉たまごを作るための温泉             庭

夕方の数時間だけですが上の写真(左側)で温泉たまごを自分で作って食べられるように籠と生卵が用意されています。(サービス) 
温泉に付ける事20分ぐらいで出来上がります。出来上がりを待っている間、足湯が楽しめるようになっています。

私達も温泉たまごをいただきました。温泉自体に塩分が多いのでお塩を付けなくても適度な塩分がたまごに浸透し、美味しかったです。
足湯も適温で気持ちが良かったですが、20分も足湯に浸かっていると結構汗が出てきます。

18_034 18_036
大浴場・内風呂                   露天風呂

大浴場にいったら私ひとりだったので、大浴場を写真に撮らせていただきました。少しお湯は熱かったですが、無色透明のお湯で気持ちよかったです。

18_042 18_044
お赤飯                       ワイン

お誕生日のお祝いにお赤飯とワインを用意してくださいました。ありがとうございます。
それに、これは私の勝手な想像ですが、私達の宿泊した部屋の名前は「つるの間」お誕生日祝いということで、この縁起の良い名前の部屋を用意してくださったのでしょうか??

18_045 18_046
お造り                          茹でカニ

18_047 18_049
カニ甲羅焼き                      カニ雑炊

「つるや」さんでの宿泊はJTBさんの「優雅・特選料理」のプランでお願いしました。
特選料理は私の大好物のカニがメインの「蟹懐石」だったので、こちらのプランをお願いしました。
お気づきのように、カニさんにはタグが付いていません・・^^;
係りの方に「このカニは何処のカニですか?」と聞いてみました。「今日のカニは山陰産です。茹でカニも活けカニを使用しております」とのお答え・・・。
蟹の味になんだ遜色はありませんが、欲を言うならやはり三国か越前のカニが食べたかったです・・・。
地元のカニを食べようと思えばやはり、ひとり4~5万(1泊2食)必要なのでしょう。

上の料理の他にかにしゃぶ・かにの天ぷら等々が付きました。
全てとても美味しかったです。かにしゃぶの後のカニ雑炊もお腹一杯でしたが、しっかり頂きました。ご馳走様でした。

翌日は三重県へ移動!!
目的は「三重ブランド・あのりふぐ」で~す。           続く・・・!!

« 明石海峡大橋と鳴門大橋と立ち寄り湯 | トップページ | 「旅・12」三重県・あのりふぐ »

グルメ・旅館&ホテル」カテゴリの記事

北陸」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

今日は
しばらく更新されなかったのでインフルエンザにでもかかってダウンしているのかと心配しました。
誕生祝いの豪華旅行だったのですね。羨ましいです。
越前蟹もダイザ蟹もすっかり高くなって庶民の口には入らなくなりましたね。
それにしても・・・次は三重県に??

よし坊様
こんにちは。
ご心配いただき、ありがとうございます。
お陰様で元気に旅行を満喫してまいりました~☆
本当にブランド蟹はすっかり高くなりましたね。大好きな蟹なのになかなか口に入らず、寂しいですぅ~。
はい!相変わらず、考えにく~~い行程で旅行をしております。
夫が蟹か河豚かどちらが食べたい?と聞いたので思わず「両方!!」と即答したら、
このような行程になってしまいました^^;

こんばんは。
お誕生日、おめでとうございます!
例の(?!)旅行ですね・・・wink
4泊5日の長旅。
今回はどのようなお宿にお泊まりなのか、興味津々です。
一泊目は、カニ尽くしですね!
お祝いのワインとお赤飯が、憎いですね~。

たかきび様
こんばんは。
お祝いのお言葉ありがとうございます。とても、嬉しいです☆
はい!ヽ(´▽`)/例の一眼レフのカメラと引きかけの旅行です☆♪
この時期に、誕生日祝いの旅行で4泊5日の長旅は初めてです。
何時もは2泊3日なのですが、夫はここ1ヶ月近く休みらしい休みも無く、やっと落ち着いたので、まとめての旅行となりました~☆

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/26444446

この記事へのトラックバック一覧です: 「旅・12」 越前水仙とあわら温泉:

« 明石海峡大橋と鳴門大橋と立ち寄り湯 | トップページ | 「旅・12」三重県・あのりふぐ »

フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ