« 「旅・11」紅葉を求めて5泊6日・・Ⅲ | トップページ | 「旅・11」紅葉を求めて5泊6日・・Ⅴ »

2008年11月 6日 (木)

「旅・11」紅葉を求めて5泊6日・・Ⅳ

河口湖から松本・浅間温泉

10月28日(火)

河口湖の宿をチェックアウトした後、山中湖に向いました。

08103_028 08103_021
08103_020 08103_029
                       山中湖

河口湖ではあんなに綺麗に富士山が見えていたのに、今は雲の中です。
気まぐれですねぇ~!!
ちょうど白鳥が羽ばたいてくれたのでシャッターを押しましたが、見事、何も写っていませんでした。

山中湖をグルット一周しました。懐かしいです。東京に住んでいた頃、毎日毎日ビルばかり見てすごしていたので息が詰まりそうで、よく山中湖へ息抜にやってきたものです。
私は京都生まれの京都育ち、盆地という環境の中で常に山を見て育ってきました。でも、東京都内からは山が見えないんですよね~。
山の見えない生活がとても寂しかった思い出があります。

山中湖にはクリスマスの森・テディベアワールドミュージアムなどがあり、女性にはワクワクする見所がありますよねぇ~。かわいくって、ホットします。
でも、私の一番興味を引いたのが「三島由紀夫文学館」でした。特別、三島由紀夫氏のファンというわけではないんです。でも、施設内で上映されていた三島由紀夫氏の生涯や作品紹介などのビデオに釘付けでした。

今回は、山中湖を何処も観光せずに次の目的地に向いました。

※下の 続きを読む をクリックお願いいたします。wink

河口湖から国道137号線で御坂トンネルを抜け下っていくとぶどう畑が道の両脇に並んでいます。勝沼バイパス(R20)に入り、後はビーナスラインまでひたすら国道20号線を走ります。

08103_047_2

人影のない白樺湖の湖畔です。怖いほど静かです。
レストランも半分以上今日は休業のようです。
湖畔の一軒のレストランが開いていたので、スパゲティーとピザのランチです。

通る車も台数が数えられるほど少ないです。

08103_054 08103_056 白樺湖

白樺湖の見渡せる展望台に車を停めました。展望台に停まっている車のナンバーを見ると なにわ・神戸・和泉・奈良そしてウチの車、京都と全てが近畿の車です。
もちろん飛び交っている言葉は、オール関西弁・・・。あらまぁ~です^^;

08103_055 08103_069

八ヶ岳も富士山もよく見えます。

08103_071 08103_078
                      ビーナスライン

08103_079 08103_080
諏訪湖へ行く途中               塩尻周辺からの景色

今夜の宿は、松本・浅間温泉の「貴祥庵」です。
まずは、ドーム型エントランスホールのティーラウンジでお抹茶orスパーリングワインでホット一息です。

08103_108 08103_084
1階の廊下                   5階の廊下

私たちの部屋は5階でした。エレベーターを降りると幾つもの戸が見えます。戸を開けるとまた戸があります。戸を開ける事三回で、やっと部屋のドアにたどり着きます。はい!ご苦労様・・・。

08103_090 08103_089
部屋                       部屋の露天風呂

部屋は12帖+4.5帖+露天風呂(温泉)+広縁で結構広いです。部屋からの眺めもよくアルプスや松本方面がよく見えます。

08103_085
部屋からの夜景

まずは、一階の大浴場へ(朝夕、男女入れ替え制)。浅間温泉の歴史は古く1000年以上だそうです。自家源泉で循環式。

食事は夕食・朝食共に1階の個室で頂きました。

08103_105_2 08103_103_2
食事処の個室からの眺め

08103_094_3 先八寸
塩蒸し林檎(胡麻クリーム掛け)
エリンギ春菊味噌和え
山芋の赤蕪梅肉和え
卯の花松風
南京胡麻煎餅
切干と昆布のはりはり漬け

和え物 (写真なし)
小松菜と雑魚、ピーナッツの和え物

08103_095_2 08103_096_2
鱧と松茸の土瓶蒸し 酢橘           季節の御造り

季節の御造りは、一切れ食べてからあっ!そうだ写真撮らなきゃとハイ!パチリ!

08103_097 08103_098
胡桃餅茶巾揚げ 琥珀餡           信州一口蕎麦

茶巾揚げ、とても美味しかったです。お蕎麦は手打ちだそうで、少し細めんですがこの旅行一番の美味しいお蕎麦でした。

08103_099 08103_101
小山牛ロースステーキ            高原野菜と地茸の奉書蒸し

小山牛のステーキ、肉本来の旨みと甘みが最高に美味しいお肉でした。「小山牛」が余りにも美味しかったので家に帰ってネットで調べてみました。
長野県の小山さんが肥育した黒毛和牛だけを信州小山牛とよぶんだそうです。とうもろこしを多く与える事で肉の甘みを引き出し、又、与える水にもこだわり、ゆったりと丹精込め育てられいるそうです。何度も言いますが本当に美味しかったですよ~!

08103_106 08103_104
黄粉のプリン・ほうじ茶のアイスクリーム      夜食のおにぎり
フルーツ

デザートもほうじ茶のアイスクリームを一口食べてからあわてて写真を撮りました。
ほうじ茶のアイスクリーム、さっぱりとして美味しかったです。

部屋に戻るとお夜食のおにぎりが用意されていました。

08103_109 08103_118
                    部屋から見たアルプス

朝食は和食と洋食からチェックイン時に選べます。私達は洋食を頂きました。サラダと焼きたてのパンが美味しかったです。

12時チェックアウトだったので、朝食の後、ひと寝入りしました。贅沢!贅沢!

参考ルート
河口湖→R137→R20→ビーナスライン→R152→ビーナスライン→県道→R20→R19→県道→浅間温泉                    【走行距離:約178キロ】

« 「旅・11」紅葉を求めて5泊6日・・Ⅲ | トップページ | 「旅・11」紅葉を求めて5泊6日・・Ⅴ »

」カテゴリの記事

甲信越」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ!!!

まあまあ、いつもながらずいぶん豪華なご旅行をなさっています事。我と我が身を見比べて笑っちゃいました。だって私の旅行はいつも“いかにお安くお得に行くか”ですもん(^o^)。最悪『布団で寝れればいい』程度デ~ス。

“ほうじ茶のアイスクリーム”って美味しいですよね。『つま恋』のランチでよく出ます。香ばしくてさっぱりして・・・・・私も大好きです。

ところで山中湖の『花の都公園』は行かれた事ありますか?今の季節ではもうダメですが、初夏から秋にかけて広い敷地に花々が咲き乱れてとっても綺麗です。

こんばんは。
国道20号!
ホントに我が実家の近くに行かれたんですね!
これから、寒くなればなるほど、南アルプス特に甲斐駒が神々しく見える時期です。
日常で、山が見えるって本当にいいですよね。
ホットします。
「ほうじ茶のアイスクリーム」って美味しそうです。
作れるかなあ・・・。

ごくらくとんぼ様
おはようございます!!
エッヘ♪♪~♪ 贅沢な旅をさせてもらっちゃいましたデス~^^;
はじめて、「ほうじ茶のアイスクリーム」を食べた気がします。
おっしゃるように、香ばしくてさっぱりしていて、とても美味しかったで
す。(*^-^) あのサッパリ感はデザートとして◎ですよね♪♪
「花の都公園」へは行った事がありません。というより、知りませんでした。今度、山中湖方面へ行く時には、調べて是非、美しい花達に合いに行きたいと思います。まだまだ、見てないところがありそうです^^;
また、教えて下さいね☆よろしく、お願いシマ~ス!!

たかきび様
おはようございます。
知らないうちに たかきびさんのご実家のすぐ側を通っていたんですねヽ(´▽`)/☆
日常的に山が見えるって本当にいいですよね。京都を離れた時に山が見えない事があんなにも寂しいものだという事をはじめて知りました。山梨も京都と同じで盆地ですものね☆
私はあいにく山にくわしくは無いので甲斐駒ケ岳がどの山かはわかりませんでしたが、全ての山がはっきり見えていたので見たのかも^^;
雪のアルプスって本当に神々しく美しいです。
一度「ほうじ茶のアイスクリーム」トライしてみて下さい。そして、作り方教えて~~☆なんて、人頼みの私でゴメンです^^;

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/25052212

この記事へのトラックバック一覧です: 「旅・11」紅葉を求めて5泊6日・・Ⅳ:

« 「旅・11」紅葉を求めて5泊6日・・Ⅲ | トップページ | 「旅・11」紅葉を求めて5泊6日・・Ⅴ »

フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ