« 日常の中の夕暮れ | トップページ | 支笏湖と丸駒温泉 (北海道) »

2008年11月12日 (水)

永源寺から多賀大社そして余呉湖へ

二年前の11月中旬、紅葉の名所・滋賀県「永源寺」から多賀大社・余呉湖と観光しました。

【永源寺】 maple滋賀県東近江市永源寺高野町41

永源寺は愛知川(えちがわ)沿いにある臨済宗永源寺派の総本山で康安元年(1361)に開山。関西有数の紅葉の名所としても有名です。

B_021

※下の 続きを読む をクリックお願いいたします。maple

訪れた日はあいにくの小雨模様でしたが、多くの方が紅葉狩りに訪れていました。
国道421号線(八風街道)に、永源寺の駐車場があります。

B_026_3
愛知川にかかる旦渡橋からの上流の眺め

山には雲がかかり、綺麗です。旦渡橋は非常に静かな流れで音無川とも呼ばれているそうです。鈴鹿の山々から流れてくる水は愛知川を下り琵琶湖へと流れていくんですね。

B_013 B_007
参道                           羅漢坂のお地蔵さん
B_015 B_023

見上げれば空が見えないほどのもみじのトンネルです。雨に濡れたもじみもしっとりとしていて綺麗です。

B_020 B_019
専門道場

永源寺を見た後、体もすっかり冷えたので永源寺側のお店で愛知川と錦絵のような山々を眺めながら昼食です。このあたりは「こんにゃく」が有名なのですが、松茸の香りに誘われて「松茸ごはんと温かいおうどん」のセットをいただきました。

【多賀大社】 maple滋賀県犬上郡多賀町多賀

多賀大社は古くから「お多賀さん」と呼ばれ親しまれています。
ごりやくは、延命長寿・厄除け・縁結び・家内安全・交通安全だそうです。

B_027 B_028
                       多賀大社

お多賀さんの銀杏も綺麗に色づいていました。
お多賀さんの前にある「多賀や」さんの 糸切り餅 は名物です。自家製の餡を柔らかいお餅(米粉100%)で細長く包み、名前の由来どうり糸で切ったお菓子です。
上品な甘みのお餅でとても柔らかいです。店内でもいただけます。

【余呉湖(よごこ)】 maple滋賀県伊香郡余呉町

北陸自動車道・木之本インターから車で10分程のところにある、静かな湖で、別名「鏡湖」とも呼ばれています。
余呉湖には天女の羽衣伝説が伝わっています。又、水上勉の小説「湖の琴」の舞台でもあるそうです。

B_001
余呉湖

観光客の姿も無く、とても静かでした。水鳥がのんきに過ごしています・・・。湖面に映る紅葉も綺麗です。

                              maple観光した日:2006年11月12日

« 日常の中の夕暮れ | トップページ | 支笏湖と丸駒温泉 (北海道) »

滋賀県散策」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
きれいな紅葉ですね~。
秋田はもう紅葉も終わり。
息子の風邪が長引き、うっかり紅葉も楽しまず冬を迎えてしまいました。
「多賀や」さんの糸切り餅、美味しそうですね。
温かいお茶を飲みながら、紅葉とお菓子も楽しめる。
行ってみたいな~。

たかきび様
こんにちは。いつも、ありがとうございます。
かわいそうに、お子様風邪長いてしまったんですね。
早く、風邪がなおり元気に遊べますように・・・☆
この時の紅葉は本当に綺麗でした。
秋田はもう、冬なんですね。
「糸きり餅」おしかったです。
たかきびさんも風邪引かないように気をつけてくださいね☆

羅漢坂のお地蔵さんってメガネを掛けているんですかぁ。。。かわゆ~~~~ぃ!

Tombee様
おはようございます。
そうなんですよ☆
このお地蔵さんだけちょっと現代的で目立ってました~♪♪
「てなもんや三度笠」に出ていた白木みのる氏に似てると思いません?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/25226097

この記事へのトラックバック一覧です: 永源寺から多賀大社そして余呉湖へ:

« 日常の中の夕暮れ | トップページ | 支笏湖と丸駒温泉 (北海道) »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ