« 「宿泊記・8」奥伊香保 旅邸「諧暢楼」 | トップページ | 『北の国から』がきっかけでした・・・。 »

2008年11月20日 (木)

「宿泊記・8」奥伊香保 旅邸「諧暢楼」(食事編)

夕食は5階の「茶寮」(個室)でいただきました。喫煙できるお部屋をお願いしたので壁際の個室となりました。
「茶寮」は黒を基調とし間接照明がうまく使われていました。

08104_008_3
神無付のお献立表

※下の 続きを読む をクリックお願いいたします。wine

諧暢楼さんの夕食には、それぞれのお料理に合ったお酒が、各お料理と共に出されます。お酒の飲めない方は、お料理にあったお茶が数種類出されるようになっています。

お料理やお酒の説明を受けましたが、とてもじゃありませんが私の頭では覚えきれませんので、お献立表に書かれているそのままを載せる事にします ^^;

08102_149 食前酒 (Chardonay)

お酒の飲めない夫はノンアルコールのスパークリング。私はシャルドネのスパークリングでした。

08102_150_2
先付: 実りの秋、木の子の酒蒸  ちり酢と共に
お酒: 白ワイン(Riesling) / お茶: Foll In Love

あわび茸の風味と食感がいいです。ちり酢の酸味加減がよく、美味しいちり酢です。

08102_151
お椀: もみじ鯛の潮汁 小鍋仕立 酢立をお好みで
お酒: 白ワイン(Chardonay・・・)

08102_152
造り: 三重産伊勢海老と天然すずきに炙り 香味サラダ 梅肉ポン酢
お酒: 山田錦 純米

素材にひと手間掛ける事により、より一層素材の旨みが引き出されていました。梅肉ポン酢ととても良く合っています。

08102_154
焼き物: 赤城黒毛和牛と熊本産赤茄子のステーキ 海老芋のマッシュポテト
お酒:  赤ワイン(Pinot Noir) / お茶: Real Honey

焼き物を運んで来られたのは、諧暢楼の料理長。
熊本産赤茄子はご自身が食され惚れ込んだお茄子だそうです。
見た目は京都の加茂茄子に似ています。食感は加茂茄子より柔らかい気がします。
お肉と良く合っています。
海老芋のマッシュポテトは適度なネットリ感と甘みが美味しいです。

08102_156
八寸: 巨峰、車海老、マスタード風味胡麻酢がけ  フォアグラのパテと淋子のサンド
     このこ  茎芋  長芋のかぼす釜
お酒: 白ワイン(Chardonay)

08102_157
温物: 銀杏豆腐、気仙沼産フカヒレの揚げだし 柚子胡椒風味
お酒: 山田錦 別吟大吟醸 / お茶: Queen of Blue

08102_160
食事: 渋川産秋の新蕎麦 京都産鴨南蛮汁に付けて
料理長よりのサービス: カニ寿司

カニ寿司、おかわりしたいほど美味しかったです。

08102_161
水菓子: 季節の果実、モンブラン仕立

ここで終わりかと思うでしょ・・・?違うんです。係りの方がこられて部屋のライトを少し暗めに落とし、テーブルの中央に優しいライトをあて、ちょっとしたバーの雰囲気・・・。

そして、食後酒が運ばれてきました。夫はフルーツビネガー、私はSemillonです。

普段の食事の時からお酒を飲むのは私だけ、これって意外と味気ないというか寂しいものなのです。ヘタをすれば、お酒を飲んでいる私の横で夫はお饅頭を食べているなんて事もあります。変な光景でしょ??
でも、今日は違います。お茶もワイングラスで頂くので、二人でお酒を飲みながら食事を楽しんでいるって感じでちょっと嬉しかったです^^ 

お茶も甘みのあるものやちょっと濃い目のお茶だったり、料理にちゃんと合わせてあったそうです。

お料理が運ばれてくるタイミングもドンピシャでよかったです。食事の途中、「少し暑いねぇ~」って言っていたら、次に料理を運んできた時に部屋の空調をさりげなく調節・・・・・。
気が利きますねぇ~。もしかしたら聞えてました?暑いねって言ったの?

美味しく楽しく食事をいただきました。ご馳走様でした☆

朝  食

08104_006
朝の献立表  「朝のひととき」

朝食は窓際の席(個室・禁煙)で頂きました。
今日も良いお天気、山の紅葉が青い空の下、綺麗です。

08102_168_3 08102_170_3
おめざ: 原木南高梅とおぼろ昆布

南高梅で目が覚めました~。よし!しっかり朝食もいただきましょう!!

08102_171
ドリンク: すりおろしりんごジュース   榛名高原牛乳(冷or温)
バーニャカウダー: 人参のスープ仕立 イベリコサラミの香り 秋の野菜をディップして

野菜が苦手な夫が美味しい、美味しいと残さずに完食。あらまぁ~珍しいこと・・・。

08102_172
お膳: もみじ鯛と有機納豆の合え物  辛み大根と秋田産滑子の卸し合え
     法蓮草と岩茸の合え物 うずらの玉子のせ
     大根と厚切りベーコンの炊き合わせ
     さわら味噌柚庵焼き 葉生姜の酢漬け

食事: 秋田小町の新米を雲井窯炊きで  秋茗荷と千両茄子の田舎味噌汁  香菜

水菓子: 巨峰  コミス  淋子のコンポート  シャンパンがけ

食後の飲み物:  コーヒー or  紅茶 or  ハーブティー 

朝も料理長があいさつにこられました。若い料理長で感じもいいです。
料理を作ることが本当に好きで楽しいんだという事が伝わってくるようなお料理で、いただくこちらまで嬉しくなるような美味しいお料理でした。ご馳走様でした。

                                    2008年10月26・27日               

                           

« 「宿泊記・8」奥伊香保 旅邸「諧暢楼」 | トップページ | 『北の国から』がきっかけでした・・・。 »

グルメ・旅館&ホテル」カテゴリの記事

北関東」カテゴリの記事

宿泊記」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

は~~~~~~ぁ! 贅極まれりって感じでため息が出ちゃいましたよぉ。Tombeeまで満腹になっちゃいました。御馳走様でした^^

Tombee様
お腹いっぱいになりました?
お酒好きの私は、食・飲 共に満足いたしました~☆
Tombee様もお酒お好きですよね??☆
「もう、いっぱい、飲まれますか?」・・・な~んちゃって・・・^^;

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/25499041

この記事へのトラックバック一覧です: 「宿泊記・8」奥伊香保 旅邸「諧暢楼」(食事編):

« 「宿泊記・8」奥伊香保 旅邸「諧暢楼」 | トップページ | 『北の国から』がきっかけでした・・・。 »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ