« 「宿泊記・7」 つたや季の宿・風里 | トップページ | 行ってまいりま~す☆ »

2008年10月24日 (金)

醒ヶ井宿 (滋賀県)

中山道・醒ヶ井宿は、米原市、国道21号線から少し入ったところにあります。国道21号線は滋賀県と岐阜県を結ぶ国道で大型トラックの多い道ですがそのすぐ側に、古い町並みが残っています。

その醒ヶ井宿を散策したのは、多分、2~3年前の秋頃だったと思います。

005
地蔵川

※下の 続きを読む をクリックお願いいたします。

私達が訪れた日は、平日だった事もあり醒ヶ井宿は、とても静かでした。醒ヶ井宿に観光客が一番多く訪れるのは「梅花藻(バイカモ)」の咲く7月~8月頃でしょうか?この頃には宿場近くの空き地が臨時駐車場になります。

008
梅花藻

上の写真の小さな白い物が梅花藻の花です。本来、夏場に咲く花ですがこの写真を撮ったのは秋頃の事でした。今年は、「季節はずれに花が咲いたんです」と地元の方が言っておられました。

梅花藻はキンボウゲ科の水生多年草で、清流でしか育たないんだそうです。確かに地蔵川の水は綺麗でした。その地蔵川に「ハリヨ」という小さな川魚が生息しています。
ハリヨは梅花藻に寄生する昆虫を好み、駆除してくれるそうでハリヨは梅花藻に産卵します。共存共栄、持ちつ持たれつという関係なんでしょうね。

012_2 010
居醒の清水(いざめのしみず)

居醒の清水(いざめのしみず)は「古事記」や「日本書紀」にものっているようです。今は、すぐ上に名神高速道路の防音壁が見え、ちょっと異質な感じがします。

001 007
旧醒井郵便局

004_2 002

醒ヶ井宿に了徳寺というお寺があります。そのお寺に「御葉附銀杏」の巨木があり国の天然記念物にしていされています。黄色に染まった銀杏の巨木はとても綺麗でした。写真を撮ったのですが、見当たりません。載せられなくて残念です・・・。

                                         散策した日:不明

« 「宿泊記・7」 つたや季の宿・風里 | トップページ | 行ってまいりま~す☆ »

滋賀県散策」カテゴリの記事

風情ある町並み」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
滋賀県も行ったことありません。
近江八幡とか、良いところがいっぱいあるようですね。
こちらの、醒ヶ井宿も素敵です。
ニャンさんのおかげで、いつも旅行気分ですhappy01

たかきび様
こんにちは。何時もありがとうございます。
休日、遠出しない時は滋賀県が一番手ごろなのでよく行きます。
滋賀県、結構見るところが多いのに、意外と旅行者は少ないんですよ。
京都とか大阪、神戸から日帰りで遊びに来る人は多いんですけどね。
観光資源が一杯あるのに、もっとピーアルすればいいのにと何時も思いますsun

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/24710394

この記事へのトラックバック一覧です: 醒ヶ井宿 (滋賀県):

« 「宿泊記・7」 つたや季の宿・風里 | トップページ | 行ってまいりま~す☆ »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ