« 大和路散策 | トップページ | 「旅・9」思い出の旅 山形県から新潟県へ ② »

2008年10月 1日 (水)

「旅・9」思い出の旅 山形県から新潟県へ ①

8月の中旬頃、JTBさんへ行った時、来年のお正月旅行の話になった。その時点でもう、お正月の受付を開始していると言う。
年末から私の実家に帰ることに決めていたので、お正月旅行の出発は1月2日からを予定していました。
夫は1月6日からの仕事なので長くても3泊4日の旅の予定。開田高原2泊の飛騨高山1泊でその場で宿の予約をしてもらいましたが、1月2日の開田高原が満室でキャンセル待ちをしているのが今の現状・・・。どうなることやら・・・。
それにしても早い、みなさんお正月旅行は何時頃から予約を入れているのでしょうか?

と言うわけで、今回の思い出の旅は、今年のお正月の事を書くことにしました。

2007年12月31日(月)

当初の予定では、1月1日からの旅行を予定していましたが、急に12月31日から旅行に行こうという事になり、旅行開始1週間前に空いている旅館を探しました。さすがに旅館に空きはなく、山形県米沢市内のホテルを予約。新幹線も午後2時以降しか指定席が取れず、米沢に19時頃に付ける新幹線でやっと予約が取れました。

東海道新幹線は空席がありましたが、山形新幹線は満席状態。出入り口付近で立ってる方もいらっしゃるほど混雑していました。

19時過ぎに米沢駅につきました。凄く雪が降っています。ホテルまでタクシーで移動。運転手さんの話によると昨日から雪が降り出したと言うことでした。
夕食はホテルでワインで乾杯!しながら米沢牛をいただきました。とても美味しかったです。何でも米沢牛、明日1月1日から値上がりするらしく、値上がり前に食べることが出来てちょっと得した気分です。

私達の部屋は、最上階の少し広い部屋。部屋の窓からは、雪に覆われた米沢の町が静かに今年を終えようとしています。
部屋に戻り、テレビを付けましたが年越しカウンドダウンをするまもなく二人とも眠ってしまいました。

※下の 続きを読む をクリックしてください。

2008年1月1日(火) 雪

昨夜、早く眠ったので早朝に目が覚めました。外は雪が降り続いています。
初日の出はとても拝めそうにありません。

2008_001
新年を迎えた米沢市内

今日は、天童温泉に向いますが、新幹線が12時過ぎなのでチェックアウトきちきちまで、ホテルで過すことにしました。
でも、せっかくなので初詣に上杉神社に行くことにしました。

2008_004 上杉神社のお堀

2008_005 2008_006 

新幹線に乗車1時間前に米沢駅につきました。駅には大勢の人がいました。みんな大きな荷物なので旅行者なのでしょう。
新幹線に乗る前に昼食用の駅弁を買いました。もちろん駅弁は「牛肉どまんなか」です。
天童温泉に付き、宿で荷物を預かってもらい傘をお借りして天童温泉街を散策に出かけました。天童温泉は大きな旅館が多いです。雪は止むことなく降り続いています。
広重美術館を見た後、美術館の1Fにある喫茶店でしばし休憩。

2008_014 2008_020
1階・部屋のテラス                1階の和室

今夜のお宿は「湯の香・松の湯」さんです。お庭の綺麗な落ち着いた旅館です。
私達の部屋は、メゾネットタイプで1Fが和室(テラス付き)2Fがベットルームです。庭に面した綺麗な部屋でした。
大浴場は2種類の天然温泉で源泉掛け流です。「松の湯大浴場+露天風呂」は天童温泉共同源泉。「檜造りの八角堂」の大浴場は宿の自家源泉。男女入れ替え制になっています。両方の大浴場とも庭が見えます。八角堂の大浴場は、なんとなく湯治場的な大浴場でいい感じです。
お食事は部屋の1Fでライトアップされた庭を眺めながらの夕食です。

2008_015 2008_021
ライトアップされた庭

2008_026 2008_027

朝、起きたら2階の屋根からつららが下がっていました。
朝食も部屋で頂きました。
雪の山寺を見に行きたいので、交通手段を訪ねると宿のご主人が山寺まで案内してくださる事になり、山寺が一番よく眺められる場所へ宿の車で連れて行って下さいました。
山寺に向う途中、さくらんぼ畑を幾つも見ました。(全て雪の中ですが・・・。)

2008_028
山寺を望む

雪の山寺は墨絵のように綺麗でした。宿のご主人いわく、5月、新緑の頃の山寺がお薦めだと言うことでした。
宿のご主人が「急がれますか?」と聞かれるので新幹線に乗るまで時間がたっぷりあることを伝えると天童市内を見渡せる「舞鶴公園」へつれていって下さいました。
人間将棋や天童にまつわる話などを聞きながら、楽しい観光となりました。
昼食は宿の方に教えていただいた「手打ち水車そば」でお蕎麦をいただきました。香りのいい美味しいお蕎麦でした。
食事の後、宿の車で天童駅まで送っていただきました。
「湯の香・松の湯」さん本当によくして頂き有難うございました。

今日はこの後、銀山温泉に向います。      つづく

« 大和路散策 | トップページ | 「旅・9」思い出の旅 山形県から新潟県へ ② »

宿泊記」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

東北」カテゴリの記事

コメント

ニャン様、こんにちわ!!!
私はお正月に旅行したことがありません。主人が長男でずっと親と同居してきたし、親を置いて自分たちだけ出かけられないし、ここから出た兄弟たちが新年の挨拶に来るので留守にできません。それから都会暮らしの次男もたまの帰省をするしで・・・・・。

お正月に旅先で温泉に浸かり、何にもしないでボ~と雪景色を見ているのが長年の夢です。

すっぽりと雪に包まれた 山寺 見事と言うしか表現出来ません。
雪深い時季に行く情熱が無ければ絶対にみられない景色。
地元の人の案内だからこそこのポイントから見られたのでしょうね。新緑より此方に軍配。
驚くばかりです。

ごくらくとんぼ様
こんにちは。そしてお帰りなさ~い!!
東京に住んでいた時は、夫がレストランを経営しており1月2日から店を開けるので、お正月とは縁遠い生活をしていました。
京都に戻りやっとお正月を楽しめるようになりました。
お正月に息子さんも帰ってこられるんですね。楽しみですね☆
私の実家の両親も私達が帰るのを楽しみにしていてくれるので
一年おきには帰れるように心がけています。
でも、お正月に田舎に帰ると「お年玉」が高く付きますです~ ^^;
親はありがたいものだと近頃感じています。

よし坊様
こんにちは。
そうなんです!!地元の方ならではのポイントに連れて行ってもらいラッキーでした。もし、私たちだけで山寺に行っていたらあの景色は見られなかったと思います。きっと山寺の真下で山を見上げ、山寺が見えない~と嘆いていたと思います、、、、、、、
雪にすっぽりと包まれた山寺は、それはそれは見事に美しかったです!
寒さも忘れて見入ってしまいました☆

写真を撮るのが上手ですねcamera
雪の山形もいいですねsnow

ゆうとみ様
こんにちは(=゚ω゚)ノ o(_ _)oペコッ
いえ!いえ!
「下手な鉄砲も数打ちゃあたる・・・」という写真です~^^;
雪の山形よかったです。
何度も転びそうになりましたが・・・・・。

ニャン様
 いつもよい旅をされますね~。
 私は,年末年始はいつも家のこたつの中です。
 ライトアップされた庭のお写真は素晴らしく幻想的ですね。
 山寺の雪景色も,まさに水墨画の世界ですね。
 感動ものです。素晴らしいです。
 天童の駅の近くに「出羽桜」を出している造り酒屋さんがあり
 ます。私は,古くからの出羽桜ファンです。
 何年か前に行ったときに「ここのお酒は世界一」とゴマを擦って
 きました。
 「出羽桜をやりながら米沢牛のすき焼き」
 私にとって,これより贅沢なことは,思い浮かびません。
 

旅空の雲様
 こんばんは。
 今夜も少し肌寒い夜です。
 こんな夜は「出羽桜で米沢牛のすき焼き」・・・・いいですね~☆
 何を隠そう、私はお酒が大好きなんです。
 特に日本酒とワインが好きで、日本酒は地酒にこだわっています。
 旅空の雲さんもかなりの日本酒好きですね?☆
 いえ!出羽桜好きですね!!!
 冬はこたつの中で、日本酒を・・・・・
 これぞ、日本の冬ですよね☆それで、雪景色があれば最高です~☆

いつも豪華ないい旅してますね~~~。貧乏人のTombeeはこんなところには泊まれませんね^^。
雪の雪国・・・。いいですね。

Tombee様
いつも、コメントありがとうございます。
大きな声じゃ言えませんが、旅行費を捻出するのに
日頃どれほど、節約に励んでいることか・・・^^;
夫婦揃って雪国が大好きなんです。
友人にはよく、この寒い時期に何も寒いところへ行かなくても・・・と
言われているニャンです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/24009844

この記事へのトラックバック一覧です: 「旅・9」思い出の旅 山形県から新潟県へ ①:

« 大和路散策 | トップページ | 「旅・9」思い出の旅 山形県から新潟県へ ② »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ