« 「旅・9」思い出の旅 山形県から新潟県へ ② | トップページ | 仙石原のススキ »

2008年10月 3日 (金)

「旅・9」思い出の旅 山形県から新潟県へ ③

【湯野浜温泉と瀬波温泉編】

1月4日(金)

大石田駅から山形新幹線で新庄へ。
新庄からは陸羽西線の普通電車で余目へ向います。
陸羽西線からは最上川が見え、船下りの船も見えます。余目に近づくにつれ積雪量は減り、余目の平野には雪のかけらもありません。
でも、山は厚い雲に覆われています。きっと雪が降っているのでしょう。

07_011

07_010

上の写真2枚は「鳥海山」で2007年1月に電車の中から撮った写真です。でも、今回はすっぽりと雲に覆われ見えませんでした。

余目駅で乗り換えです。普通電車で鶴岡へ向いました。

※下の 続きを読む をクリックお願いします。

鶴岡も雪がまったくありませんでした。鶴岡駅で食事の出来るところを探しましたが、店がまだ休みだったりしていて、昼食にありつけませんでした。お腹空きました~。

2008_080 2008_081
鶴岡駅前                    「雪の降る町を」歌碑

湯野浜温泉行きのバスも本数が少なく仕方がないので、タクシーで湯野浜温泉へ向いました。鶴岡駅から結構距離があるんです。

湯野浜温泉での宿は「一久」さんです。こちらも2度目の宿泊です。この宿をもう一度選んだ理由は、お料理が美味しかったからです。

2008_076 07_013
宿のロビー                   部屋の展望風呂

ロビーからも部屋からも日本海がよく見えます。前回と同じ部屋をお願いしました。展望風呂付で温泉が引かれています。お風呂は少し狭いですが、日本海を独り占めした気分で温泉に・・・・・最高の気分です!!

今頃になって気づくのも変なのですが、よ~く思い返してみたらまだ「お雑煮」を食べていません。1月1日の朝はホテルで朝食、和食だったのにお雑煮ついてなかったし・・・・・。
日本人として?お雑煮をお正月に食べないなんて、、、、、これは大変。
そこで、宿の方に「お雑煮」をまだ食べていないこと、だらか、お雑煮を食べたいと無理をお願いしました。
調理場に聞いてみます。と言ってくれました。

そして夕食の時、めでたく山形風?お雑煮が運ばれてきました。紅白のおもちにかまぼこなどが入ったおすまししたてのお雑煮でした。とても、美味しかったです。ありがとうございました。
よく、聞く話ですが「お雑煮」西はお味噌で、東はおすましと言いますがどこが境目なのでしょう?「お雑煮」に入れるお餅も丸餅だったり、切り餅だったり地方によって異なるので、面白いです。
ちなみに京都は白味噌仕立てで、丸餅ですが、我が家は、あわせ味噌で丸餅を使っています。大根や海老芋などはいれずに、シンプルなお雑煮が我が家風です。

そんな至福の夕食時、美味しいお料理に美しい夕日・・・。幸せです・・・。

2008_067_2 2008_073
                   部屋から見た夕日

1月5日(金)

今日は、「特急いなほ」で新潟県村上の瀬波温泉に向います。
途中、笹川流れの海岸線も見え、車窓からの景色を楽しみました。私達の乗った車両は夫とふたりだけ・・・。貸しきり状態!こんなこともあるんですねぇ~。

瀬波温泉の宿は「大観荘」です。海岸線に面して建つ宿です。
部屋からも海が見えます。今日は、波が穏やかです。
今回の旅行最後の夜です。大いに食べて、飲みましょう!
村上の特産品「鮭の酒びたし」を別注文しました。お酒のおつまみにちょうどいい塩加減で好きなんです。我が家のお土産にも「鮭の酒びたし」を買いました。

1月6日(土)

2008_085_2 瀬波温泉

朝、食事に行く時にエレベーターの前で幼稚園ぐらいの男の子と出会いました。
その男の子は私たちを見つけると腰に手をあてて、「気持ちのいい朝ですなぁー」とひと言。 君は叔父さんかぁー と思わずツッコミを入れたくなりました。でも、夫と顔を見合わせて笑ってしまいました。(君いくつ???)
なんと返事すればいいのか咄嗟に思いつかず「そうですね」と答えました。(随分間の抜けた返事です、、、)

その後も朝食会場でその男の子を見かけましたが、目があった人すべてに「気持ちのいい朝ですなぁー」を繰り返していました。(君は将来大物になるよ☆)

こうして、我が家のお正月旅行も無事、楽しく過せました。

                                               おわり

« 「旅・9」思い出の旅 山形県から新潟県へ ② | トップページ | 仙石原のススキ »

」カテゴリの記事

東北」カテゴリの記事

甲信越」カテゴリの記事

コメント

大石田から新庄へ。10年位前の1月半ば、雪の新庄へ行ったんです。東京から日帰りのお葬式で・・・・・。
新庄では雪像祭りをしていましたね。
鳥海山はTombeeの登ってみたい夢の山、多分行けないでしょうが・・・・。
気持ちのいいお正月の旅だったですなー
Tombeeは毎年カミサンと二人、山初めをしています。
http://blogs.yahoo.co.jp/stobi_yanaze/10846515.html

こんばんは。

お部屋に展望風呂の温泉付き!
私も、いつかこんな贅沢してみたいですhappy02
夕日も見事で、最高の年明けですね!

冬の秋田は年中ぐずついた天気なのですが、今の時期、鳥海山がきれいに見えると翌日天気が崩れるという、言い伝え(?)があります。
けっこう当たるんですよ。

Tombee様
おはようございます。お返事遅くなりすみません。
いつも、ありがとうございます☆
新庄で雪像祭りするんですね。知りませんでした。
貼り付けて頂いたブログから写真拝見しました。
素晴らしい雪景色&樹氷です~。
奥様と山初めに毎年行かれているんですね♪
ロマンチックな景色の中、お二人で山歩き・・素敵です☆

たかきび様
おはようございます。いつもありがとうございます ^^
湯野浜温泉では2年連続、素晴らしい夕日に出会えラッキーです。
鳥海山が綺麗に見えると翌日天気が崩れる・・・
そんな言い伝えがあるんですか・・・知りませんでした。
でも、鳥海山って本当に美しい山ですよね。
いつか「おけさおばこライン」(国道7号線)を制覇したいね!と
夫と話しております。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/24172092

この記事へのトラックバック一覧です: 「旅・9」思い出の旅 山形県から新潟県へ ③:

« 「旅・9」思い出の旅 山形県から新潟県へ ② | トップページ | 仙石原のススキ »

フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ