« シェヘラザード | トップページ | 「旅・5」石見銀山・大森の町並み »

2008年9月 4日 (木)

「旅・4」 心に残る旅

青森県 『竜飛岬』へ

青森県竜飛岬へ旅したのは、もう8年も前になります。
でも、何故か印象深く、心に残っています。
その当時、日記に書いたものをそのまま書きました。
フィルムで撮った写真をデジカメで取り直しましたが、画像が悪く見にくいと思いますが、お許しください。

青森駅近くで予約していたレンタカーに乗り国道280号線をひたすら竜飛岬へと向う。
右手に陸奥湾と下北半島を眺めながらの快適なドライブである。

001
竜飛岬へ向う途中

義経伝説の残る三厩を過ぎると目的地の竜飛岬はもう目の前である。津軽海峡を挟み北海道の山並みが見えてくる。

※下の続きを読むを押してください                          

002 004
階段国道の標識                  階段国道

「本州の袋小路・・・」太宰治の「津軽」の一節・・・・。やがて小さな漁村に着く。観光バスが何台か停まっており、観光客らしい人々の車も港の空き地に停まっている。
そして、その場所を通り過ぎると大きな駐車場があり行き止まりとなる。
いわいるその場所が「津軽」に書かれている「本州の袋小路・・・。」、そこには太宰治の文学碑が建てられている。

010011
                           「津軽海峡冬景色」の歌碑

階段を上りきると国道339号線にでる。右へ行くと竜飛の灯台へと続いている。私達は展望台のある左へと進んだ。
その展望台には、石川さゆりの「津軽海峡冬景色」の歌碑が建てられており、歌碑の前の大きなボタンを押すと ♪ジャジャジャジャ~ン♪ とイントロが流れ ♪ごらんあれが竜飛岬 北のはずれと 見知らぬ人が指を指す♪♪ と大音量で歌が流れ出した。
景色を眺めていた観光客は何事が起きたのかと振り返った。ボタンを押してしまった事を後悔したが、歌はお構いなしに最後まで流れきった。

006 012

それにしても、こんなにも北海道が近いとは思いもよらなかった。
ガイドブックによると津軽海峡を挟みわずか18kmで、北海道の白神岬があるとか・・。
私達は、景色の良さとと海風の気持ち良さに長い時間、その場所にいた。
いくら見ていても飽きない景色が目の前に広がっていた。

                                    旅した日/2000年8月

« シェヘラザード | トップページ | 「旅・5」石見銀山・大森の町並み »

東北」カテゴリの記事

コメント

ニャン様、こんにちは。
いつもコメントありがとうございます。

青森には何度か出かけましたが、津軽半島・下北半島までは足を伸ばせませんでした・・・。
夫は「大間のマグロを食べてみたい。」とよく言っていました。
どこまでも食いしん坊な家族です・・・

たかきび様
こんにちは。こちらこそ、コメントを頂き、ありがとうございます。
たかきびさんのブログいつも更新されるのを
楽しみにしています☆
下北半島も一度、出かけましたが
事前のリサーチ不足で「大間のマグロ」は
食べる事が出来ず、今でも心残りです・・・(笑)・・・・

今日は。
チョット油断していたら二つ更新していて焦っちゃいました。
噂の階段国道ですね。僕はまだ行っていません。
なんと言っても最果てだからその気で覚悟して計画しないと、、、

よし坊様
こんにちは。いつもありがとうございます。
ハイ!二つ更新してしまいました~。
油断しないでください。何をしでかすか、
わからない私ですので、、、(笑)
まだ、東京にいた頃なのでいけましたが
京都からだととても遠いです。
でも、もう一度行きたいです☆

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「旅・4」 心に残る旅:

« シェヘラザード | トップページ | 「旅・5」石見銀山・大森の町並み »

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ